OYO LIFE(オヨ ライフ)!日本初の試し住みできる賃貸サービスとは?

OYO LIFE(オヨ ライフ)!日本初の試し住みできる賃貸サービスとは?

「そろそろ引っ越しをしなくちゃ・・・」
とお考えのあなた。

今、巷で話題になっている不動産賃貸サービス“OYO LIFE(オヨ ライフ)” を、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

OYO LIFEはインド発の最大手ホテルベンチャー。
ヤフーと合弁会社を設立して、2019年3月に本格的に日本の不動産業界に参入してきました。

そんなOYO LIFEが
「不動産業界を激震させている!」のは・・・

スマホ1台で入居が可能だから!

しかも、驚くのはこれだけではありません。

なんと・・・

☑ 敷金・礼金、仲介手数料ゼロ
☑ 家具・家電付き
☑ 水道光熱費、Wi-fiの通信費も家賃にコミコミ

これだけの好条件なので、口コミが話題を呼び、入居者も続々と増えているんだとか!

今回は、そんなOYOの特徴やどんな部屋が借りられるのか、メリットや物件の探し方などを徹底解説します。

OYOをうまく活用すれば、引っ越しの煩わしさからも解放されること間違いなし!

次の勤務先が決まったら、ぜひ利用してみてくださいね。

OYO LIFE(オヨ ライフ)!日本初の試し住みできる賃貸サービスとは?

スポンサーリンク

OYO LIFE 部屋のタイプは?

OYO LIFE 部屋のタイプは?

「OYO LIFEで借りられるのはどんな部屋?」と気になりますよね!

部屋タイプは以下の3つのタイプから選べます。パートナーの有無や予算などを考慮しながら決めると◎

① シェアハウスタイプ 4〜6万円

最も安く部屋を借りられるのがシェアハウスタイプ。キッチンやシャワー、トイレなどを他の入居者と共有するのが特徴。

費用を格段に抑えられ、入居者との交流がビジネスやプライベートの充実につながるメリットも。共同生活が苦にならない性格で、最低限のルールを守れるフリーランスやおひとりさまにオススメ!

② マンションタイプ 10〜15万円

OYOの物件の大半を占めているのがこのタイプ。1R、1Kなど一人暮らしに適した間取りで、プライベートもしっかり確保。ただし、周辺の同条件の物件と比較すると価格はやや高め。初期費用がかからない分、毎月2〜3万円くらい多めに払うのをイメージしておくと◎

③ 戸建てタイプ 25〜45万円

2DKの部屋を中心とする戸建タイプはファミリーに最適。予算的にはある程度余裕があって、「暮らしを充実させたい」「マイホームに憧れている」という人にもオススメです。

 

スポンサーリンク

 

OYO LIFE 物件はどこにある?探し方は?

OYO LIFE 物件はどこにある?探し方は?

首都圏を中心に展開しているサービスなので、今のところOYOの物件は東京23区にあります。

恵比寿駅・新宿駅・渋谷駅・品川駅・目黒駅・池袋駅・中目黒駅・東京駅・中野駅・表参道駅・秋葉原駅など人気のエリアに物件がありますよ。

エリアは順次拡大していくそうなので、今後の動きにも期待大!

物件の探し方
・検索ボックスでエリアを絞り込む
・住みたい場所を検索ボックスに入れる

などの直感的な操作で家探しができます!

地図上に「価格」や「入居中」などの文字が表示されているので、それを見ながら詳細情報を確認。

気に入った物件があれば「入居手続き」に進んでください。

 

スポンサーリンク

OYO LIFE の良い所は?セキュリティは?

OYO LIFE の良い所は?セキュリティは?

① 入居から退去までスムーズ

物件探しから契約まで「スマホ1台で完結する気軽さ」がOYO最大のメリット!入居前の手続きは最短30分で終わり、部屋探しの煩わしさから解放されます。退去も立ち会いのみで楽チン。

スポンサーリンク

② 初期費用がかからない

OYOなら敷金礼金、仲介手数料もゼロ。家具も家電も備え付きで、Wi-fi環境も最初から整っています。引っ越しをした後に荷ほどきをしたり、重たい家電や家具の移動をしないで済むのは、女性にとって嬉しいポイントですよね!

③ セキュリティも万全

loTテクノロジーを活用。セキュリティが強化されているので、女性の一人暮らしに安心な環境が整っています。3日間お試しで住むこともできるので、地域の治安を自分の目でもしっかりと確認してみて。

 

OYO LIFE に向いてる人は?

OYO LIFE に向いてる人は?

一人暮らしをしてみたい人

今まで実家暮らしで、初めて一人暮らしをする場合。最初は何を備えるべきなのか、どういった手続きをするのか分からないことだらけですよね。

そういった人でも、スマホ1つで手続き完了。備え付けの家具があって、人気エリアに物件を持つOYOなら気軽に一人暮らしが始められます。大学生や新社会人にも支持されているそうです。

どこでも仕事をできるフリーランス

パソコンで仕事ができる在宅系フリーランス(おひとりさまorカップル)も、OYOとの相性抜群!イベントや取材、打ち合わせが多い時期などスケジュールに合わせて住む場所を選べて便利です。

出張が多い、勤務先が変化しやすいビジネスマン

出張が多い、勤務先が変化しやすいなど会社の意向で移動が多いビジネスマンにもOYOはオススメ。引っ越しに伴う金銭的・肉体的な負担がなく、文字通り “身ひとつ”で引っ越しができます。急に引っ越しが決まった時もOYOなら、すぐに入居可能です。

 

OYO LIFE 旅するように暮らすってどういうこと?

旅の気軽さや自由さを「住まいにも取り入れられないだろうか?」と目をつけたのがOYO LIFE。

「次、どこに行こう?」「何をしよう?」と、自分で自由に行き先や目的を決められる旅のように・・・“住まい”も自分のライフスタイルに合わせて、必要な期間だけ借りられるのが特徴です。

 

今日のまとめ

OYO LIFE(オヨ ライフ)!日本初の試し住みできる賃貸サービスとは?

日本初の試し住みできる賃貸サービスとは?

近年はフリーランスや在宅勤務の人口が急増中。
「好きな場所で仕事をすること」ができる時代になってきていますね。

そういった人は今すぐにでもこのサービスを使って、刺激を受けながら“好きな場所”で“好きなだけ”暮らす生活は楽しそうです。

それから、憧れの土地がある人にもOYOはオススメ!

とりあえずどんな感じか暮らしてみて、気に入ったらマンションを本格的に探す。

そうすれば、住んだ後のミスマッチも防げるのではないでしょうか。

それから人間関係が面倒くさそう・・・と尻込みする人も多いシェアハウスタイプの賃貸もメリットあり。

人がいる安心感やイベントなど、飛び込んでみたら「楽しい!」と、暮らしを満喫している人が多いようです。

もしかしたらよい出会いがあって、あなたの人生が大きく変わるかもしれません!

それってすごくワクワクしますよね。

人生を変えるには環境を変えることが大事。

引っ越しを定期的にして、気分を一新させるのもいいですね!

ぜひこういったサービスを積極的に活用して、自分にフィットする生き方を模索していただければと思います。

◉ OYO LIFE 部屋のタイプは?
① シェアハウスタイプ 4~6万円
② マンションタイプ 10~15万円
③ 戸建てタイプ 25~45万円

◉ OYO LIFE 物件はどこにある?探し方は?
・物件は東京23区にある
・検索ボックスでエリアを絞り込む
・住みたい場所を検索ボックスに入れる

◉ OYO LIFE の良い所は?セキュリティは?
① 入居から退去までスムーズ
② 初期費用がかからない
③ セキュリティも万全

◉ OYO LIFE に向いてる人は?
・一人暮らしをしてみたい人
・どこでも仕事をできるフリーランス
・出張が多い、勤務先が変化しやすいビジネスマン

◉ OYO LIFE 旅するように暮らすってどういうこと?
・旅のように自分で自由に行き先や目的を決められる暮らし方

 

あなたにオススメの記事

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。

スポンサーリンク