差がつく残暑見舞いの書き方、見本!上司宛てに使える文例

差がつく残暑見舞いの書き方、見本!上司宛てに使える文例

職場で毎日顔を合わせている上司や、以前お世話になっていた元上司などに「残暑見舞いって出した方がいいのかな・・・」と悩んだことはありませんか?

悩んだら出す!デキるビジネスウーマンの鉄則です。

考えてみてください。「お礼を伝えたい」「近況報告をしたい」という時に手紙やハガキを書く人って、今はとっても少ないんですよね。電話・メール・LINEなどで、手軽に済ましてしまうという人がほとんどです。

そんな時代だからこそ“直筆のハガキ”を上司に送るのが、差をつけるポイントなのです。

そこで今回は、残暑見舞いの書き方・文例についてお伝えします。「暑中見舞い」ではなく“残暑見舞い”である点もミソ!言葉の選び方なども参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

差がつく残暑見舞いの書き方、見本!上司宛てに使える文例

なぜ残暑見舞いを上司に宛てるのか


なぜ残暑見舞いを上司に宛てるのか
夏の暑さを気遣う季節の手紙で“近況報告・安否確認”などの意味合いがあるものといえば「残暑見舞い」よりも「暑中見舞い」の方が有名です。

ではなぜ残暑見舞いを送るといいのでしょうか?

その理由は2つあります。

① 暑中見舞いを送る人が多い

職場には「暑中見舞い」が届く場合が多く、日頃のお礼の挨拶・夏季休業を知らせるための連絡を兼ねているものがほとんどです。だからこそ、あまり目に留まらないので、あえて プライベート感のある「残暑見舞い」を送るのが目立つ秘訣です。

② 夏の疲れが出やすい時期だから

相手の体調を気遣う目的で送るなら「夏本番」よりも「残暑」に焦点を当てるべき。ご自身の場合で考えてみても、レジャー・暴飲暴食・クーラー生活などで、本格的に夏バテや体調不良を感じるのは“夏の後半”という人が多いのでは?

このように、最適なタイミングで上司の体を気遣うことができる「残暑見舞い」を活用して、関係性を深めていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

残暑見舞いの時期


残暑見舞いの時期

・いつ出したらいい?

暑中見舞いは「梅雨明け〜立秋前(8月7日頃)」まで。それ以降を過ぎたら「残暑見舞い」に切り替えて。 8月末までに出すのがマナーです。
※立秋の時期はその年によって異なります。

・かもめ〜るって?

暑中・残暑見舞いには日本郵政の『かもめ〜る』というくじ付きのハガキがおすすめ。夏の便りにぴったりな絵柄・季節限定のデザインのハガキなので、喜ばれます。5月下旬頃から店頭に並び、8月の最終週くらいまで手に入るので確認してみて。
季節限定のデザインのハガキ

 

スポンサーリンク

 

残暑見舞いの例文


残暑見舞いの例文

・基本のパターン

残暑見舞いを書こうとした時「えっと、何を書いたらいいのだろう・・・」と途端に書く言葉が見つからなくなってしまう人が多いようですが、基本の型を知っておけばもう大丈夫!

① 残暑お見舞い申し上げます。
② 季節の挨拶&相手を気遣う言葉をかける
③ こちらの簡単な近況報告(マイナスなことは書かない)
④ 相手を気遣う言葉をかける
⑤ 平成〇〇年 晩夏(立秋/葉月など)

・書き方のポイント・注意点

① 派手すぎる絵柄は避ける
上司に宛てる残暑見舞いなので、派手すぎる絵柄は不適切。無難で控えめのもの、色使いなどがシンプルなものを選ぶといいでしょう。「縦書き・横書きはどちらでも良い」とされていますが、 フォーマルな印象を与えたいビジネスシーンでは「縦書き」の方がおすすめです。

スポンサーリンク

② 重ね言葉を使わない
「(不幸を)繰り返す」という意味がある重ね言葉。相手が喪中である場合、失礼に当たります。「くれぐれも」や「近々」「色々」など注意して。

③ 自分や相手が喪中でも送って良い
年賀状とは異なり、暑中見舞い・残暑見舞いは 喪中でも送って良い
とされています。別れ・繰り返すなどを連想させる「忌み言葉」は使わないようにしましょう。

・相手の体調を気遣う文例・言葉

残暑お見舞い申し上げます。

☆厳しい暑さが続いておりますが、お変わりありませんか?

こちらは、避暑を兼ねて〇〇に行くなど何とか無事に過ごしております。

★暑さが当分続きそうですが、くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。

平成〇〇年 晩夏

 

 

転勤などの異動で会えなくなった上司に宛てる場合の例文


転勤などの異動で会えなくなった上司に宛てる場合の例文

残暑お見舞い申し上げます。

☆立秋とはいえ厳しい暑さが続いておりますが、〇〇さんは新しい職場でいかがお過ごしでしょうか?

この時期になると〇〇さんと△△していたことを懐かしく思い出します。△△の時には〜してくださり、本当にありがとうございました。

またゆっくりお会いして、お話できるのを楽しみにしています。

★しばらくは暑さも続くようなので、お体にはお気をつけください。

平成〇〇年 晩夏

 

ポイント

・異動後の上司の状況を気遣う

「新しい環境」に身を置いている上司を気遣いましょう。もしかしたら、なじめていないということもかもしれません。そんな時に、自分のことを慕ってくれていた“あなた”からの連絡は嬉しいに決まっています。

・お世話になっていたことへの感謝や尊敬の念を伝える

今のあなたがあるのは「上司の支え」があったからこそ。当時のエピソードとともに、感謝や尊敬の念を伝えることで上司も喜んでくれるはず。

・「また会いたい気持ち」を届ける

上司にとって、私たちの存在は思っている以上に大きい可能性も。同じ職場にいなくなってからも、当時の部下から声をかけてもらえるのは「本当に嬉しいし、ありがたい」と言っていました。だから、会いたい気持ちはストレートに伝えるのがおすすめです。

私も、今回のテーマとなっている「残暑見舞い」の手紙を書いたことをきっかけに元上司たちと会うきっかけができました。

それ以降、楽しくお酒を飲み交わす機会を年2回ほど設けていますが、毎回ほぼ全員が揃っているので“1通の手紙”が 人と人との縁を、また結んでくれるんだな」「と身を持って実感しました。

 

今日のまとめ

差がつく残暑見舞いの書き方、見本!上司宛てに使える文例

上司宛てに使える文例
年賀状や暑中見舞い・残暑見舞い、お中元・お歳暮など、日本には古くから“相手を気遣い・思いやる文化”が根付いています。

しかし、最近はそういったことを「面倒くさい・・・」という人も増えているので、ハガキ・手紙をしたためる機会は随分と少なくなっています。

だからこそ、正しいマナーで「残暑見舞い」を送るだけでも相手の印象に残り、良いイメージを与えることができるのです。

残暑見舞いをきっかけに、上司・元上司などと積極的に親睦を深めてみてください。「部下からハガキをもらったら嬉しい」という上司が大半で、媚びているとか悪い印象を持つ人はいません。

こういったところをマメにできる人が、上司に引き立てられて出世していったりするということも頭の片隅に入れておくといいでしょう。

キャリアアップを望むあなたにも“ハガキ1枚”が、有利に働く場合があるのでそういった小さな努力を怠らないようにしましょう。

1. なぜ残暑見舞いを上司に宛てるのか
2. 残暑見舞いの時期
3. 残暑見舞いの例文
4. 転勤などの異動で会えなくなった上司に宛てる場合の例文

 

関連記事(一部広告含む)


当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。