頭にきてもアホとは戦うな!要約 職場で実際にやってみた感想

頭にきてもアホとは戦うな!要約 職場で実際にやってみた感想

職場の人間関係に疲れきっていた時に、書店で偶然1冊の本が目に留まりました。

田村耕太郎さんが自身の経験をもとに書いた『頭にきてもアホとは戦うな!』です。

頭に来てもアホとは戦うな!

この本は、2014年の発売ですが、ベストセラーで書店では常にトップの売り上げなんだとか。

テレビでも林先生が取り上げるなど、話題になっていました。

アホな上司やアホな同僚・・・。
言葉はちょっと悪いですが、あなたの身の回りでも思い浮かぶ人がいるはずです。

本当は顔を見るのも嫌だし、ムカつくことをされて、
はらわたが煮えくり返りそう。

そういった思いはあるけれど、仕事を円滑に進めるため、チームのため、出世のためなど・・・。

我慢して彼らと関わってきたことでしょう。

次第に自分自身が消耗してしまい、このままでは心まで折れてしまいそう・・・。

そんなあなたに、この本がオススメです。

私もこの本から学んだことを実際に職場で実践してみたところ、これまでの苦労が嘘のように彼らとの関わり方が上手くなりました。

戦わずに上手く立ち回り、彼らを活用する方法を参考にしてみてください!

“頭にきてもアホとは戦うな!要約 職場で実際にやってみた感想” の続きを読む

差がつく残暑見舞いの書き方、見本!上司宛てに使える文例

差がつく残暑見舞いの書き方、見本!上司宛てに使える文例

職場で毎日顔を合わせている上司や、以前お世話になっていた元上司などに「残暑見舞いって出した方がいいのかな・・・」と悩んだことはありませんか?

悩んだら出す!デキるビジネスウーマンの鉄則です。

考えてみてください。「お礼を伝えたい」「近況報告をしたい」という時に手紙やハガキを書く人って、今はとっても少ないんですよね。電話・メール・LINEなどで、手軽に済ましてしまうという人がほとんどです。

そんな時代だからこそ“直筆のハガキ”を上司に送るのが、差をつけるポイントなのです。

そこで今回は、残暑見舞いの書き方・文例についてお伝えします。「暑中見舞い」ではなく“残暑見舞い”である点もミソ!言葉の選び方なども参考にしてみてくださいね。

“差がつく残暑見舞いの書き方、見本!上司宛てに使える文例” の続きを読む

新年の挨拶に使えるメール文例5つ!仕事始めのビジネスマナー

新年の挨拶に使えるメール文例5つ!仕事始めのビジネスマナー

お正月になると年賀状を送ることも多いですが、できることなら新年の挨拶は直接会ってから伝えたいものですよね。

でも、会いに行けない場合は電話やメールで新年の挨拶をすることもあるでしょう。電話であれば声の調子や雰囲気なども伝わりますが、文字だけのやりとりになるメールで自分の気持ちを表現するのは難しい!

一歩間違えると、常識外れだと思われてしまい「印象がガタ落ち」なんてことも。だから新年の挨拶では、普段以上に言葉使いを意識しておく必要があります。

でも、どんな風に挨拶メールを書いたらいいのかなと思ってしまいますよね。そこで今回は、年明けに慌て無くてもいいように、相手との関係別に新年の挨拶にすぐ使えるメール文例(テンプレート)を5つご紹介します。

それから、仕事始めのビジネスマナーについても合わせてお伝えします。ぜひ参考にしてくださいね。

“新年の挨拶に使えるメール文例5つ!仕事始めのビジネスマナー” の続きを読む

プレゼンやスピーチで周りから一目置かれるキャリア女性になる方法

プレゼンやスピーチで周りから一目置かれるキャリア女性になる方法

キャリア女性としてこれからもバリバリ働いていきたいけど、プレゼンやスピーチが苦手…という女性は多いはず。人前で話すことに苦手意識を感じてしまうのは仕方のないことです。

しかしこれからも仕事を続けていくためには、プレゼンや準備のための資料作成を上手くこなし、職場の上司に一目置かれる存在になることは避けて通れません。プレゼンが認められるようになれば、キャリア女性としての地位もどんどんアップしますよ。

今回は、一目置かれる存在になる説得力のあるプレゼンやスピーチの7つのポイントを教えちゃいます。

“プレゼンやスピーチで周りから一目置かれるキャリア女性になる方法” の続きを読む

暴言やパワハラなど、クラッシャー上司の指示を上手にかわす方法

暴言やパワハラなど、クラッシャー上司の指示を上手にかわす方法

あなたの周りにも1人や2人存在するでしょう、クラッシャー上司。誰にでも満遍なく暴言を吐く人から、一部の人に対して集中攻撃のように暴言を吐く人まで様々です。暴言を吐かれる原因があなたにあるならまだしも、単に不条理な仕打ちを受けているなら、直ちにその状況を覆すための手を打ちたいですね。

今日はそんなクラッシャー上司に振り回されないための、自分で出来る上手な指示のかわし方をパターン別に5つご紹介します。

全てのパターンでポイントになるのは「嫌われないこと」「火に油を注がないこと」。性格が歪んで暴言で威圧するしか方法を知らない堅物上司には、あなたの豊かな人間性と心の深さで勝負しましょう!

“暴言やパワハラなど、クラッシャー上司の指示を上手にかわす方法” の続きを読む