人工知能と人間の違いは?AI時代が来ても絶対必要な人になる方法

人工知能と人間の違いは?AI時代が来ても絶対必要な人になる方法

めまぐるしい進化を遂げるIT分野の中で、「人工知能(AI)」の技術に注目が集まっています。

スマートスピーカーや全自動自動車、loT家電などにもその技術は応用されており、私たちの生活もずいぶん変わりました。

そんな中、「このままだとAIに自分の仕事を奪われるのでは・・・」と危機感を感じている人も多いよう。

『AI時代になくなる職業』という週刊誌の特集には、単純労働以外にも「税理士」などの専門職やホワイトカラーの職種もランクイン。

こういった話を聞くと、心穏やかではいられませんよね・・・。

そこで今回は、AI時代を乗り切る方法を徹底解説!

「激動の時代を生き抜くためにはどうしたらいいのか?」
「必要とされる人材になるには何をすべきか?」

手遅れになる前に、今のうちから意識して手を打っておきましょう!

「機械に仕事を取られる・・・」というネガティブな感情や漠然とした不安が少しでも消え、今後の働き方を考えるきっかけになれば幸いです。

人工知能と人間の違いは?AI時代が来ても絶対必要な人になる方法

スポンサーリンク

人工知能って何?わかりやすく教えてっ!

人工知能って何?わかりやすく教えてっ!

人工知能(AI)とは、人間の「脳」が行うような知的作業をコンピューターでも出来るように模倣して作られたソフトウェアのこと。

そもそも、人工知能はこれまでも「第一次ブーム」「第二次ブーム」があって今は「第三次ブーム」の真っ只中!

ブームを後押ししているのは、Googleなどの大手IT企業が人工知能の開発のために莫大な費用を投じていること。

ビッグデータと呼ばれる膨大な顧客データがSNSやネットショッピング、Googleの各種サービスなどの普及で集まりやすくなってきたこと。

ディープラーニングという技術の発展で、人工知能の可能性が飛躍したことなどが影響しています!

 

スポンサーリンク

 

人工知能と人間の共通点と大きな違い

人工知能と人間の共通点と大きな違い

共通点は学習機能を備えていること!

人工知能と人間の共通点は「学習機能」を備えていることです。

これには、先ほど少しお話ししたディープラーニング(深層学習)と呼ばれる技術が関係しています。

ディープラーニングとは、人間の「脳」のニュートラルネットワークを模倣して作られたプログラミング手法のこと。

これまでは機械を動かすには人間の力が必要でしたが、人工知能に大量のデータ(ビッグデータ)を渡すことでそれを即座に分析。自ら判断できるようになったことが、すごいと言われている理由です。

そういったことを繰り返しているうちに「学習」が進み、賢くなっていくのが人間との共通点です。

相違点はたくさん、人間には「心」がある!

人工知能に意志なんて無い

人工知能には意志がありません。こちらが指示したこと、学習させたことを「出力」しているに過ぎません。

つまり、人間のように臨機応変な対応は不可能です!

人工知能には理性や魂というものが宿っていない

大量のデータをもとに様々な事象に対処できる人工知能の最大の弱点は、心がないこと!

「理性」や「魂」もないので、本当の意味で人の気持ちに寄り添ったり、適切なタイミングで必要な手助けをしてはくれません。

学習過程の失敗から学び取るものが違う

人間も人工知能も学びながら進化していくという点は同じです。

ただ、失敗をした場合にそこから学び取れることの「質」は全く異なります。

まずはAIの場合。失敗したらデータとして淡々と処理。
同じ失敗を繰り返さないようにデータを蓄積する。それだけです。

一方、人間の場合はそこに感情が伴います。「つまずき」「挫折」「忍耐」「他人への感謝」など、失敗を通して様々なことを学びます。

その経験を別の面で応用したり、また同じことで失敗しないように感情とセットで記憶するのは「人間にしかないスキル」と言えるでしょう。

人間には祖先から受け継ぐ遺伝子がある

人間には祖先から受け継ぐ遺伝子があります。

これには膨大かつ多様な情報が含まれているとされ、AIの機械学習による意思決定とは違った視点から物事を判断する上で役立ちます。

例をあげるとパートナー選びや適職診断がこれに当たるでしょう。「条件に合う人」「あなたに合う職種」を見つけるのは大量のデータを持つ機械が得意とするところ。

ただ、条件抜きにしてもなぜか惹かれ合う異性は「遺伝子的に相性が良い相手」ということも。

それから、仕事に関しても「やってみたいと思う仕事」「やれそうと感じる仕事」はもしかしたら、あなたの祖先や両親がやっていた仕事や得意なことと関連性があることも!

データではなく、こういった遺伝子の声に耳を傾けるのも“幸せへの近道”なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

人工知能(AI)が人間を超える日が来るのか?

人工知能(AI)が人間を超える日が来るのか?

人工知能は膨大なデータから情報を処理したり、素早く正確な計算をしたり。
得意分野においては、すでに人間の持つ能力を超えています。

ただ、総合的な判断ではまだ人間の方が上で、人工知能を「活用」「制御できる」状態です。

ただ、こういった状態が続くかどうかは正直いって誰も分からないので、共存できるように仕組みを理解しておく必要があるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

AI時代が来ても周りから必要とされる人になる、自分の価値の高め方

AI時代が来ても周りから必要とされる人になる、自分の価値の高め方

インターネットを上手く使って自分の価値を高める

特定の組織に属さないフリーランス、数社に属する複業など働き方が多様化。「個」の時代へと緩やかにシフトしていく中で、組織の一員としてではなく発信力を高めておくことが大事です。

インターネットを活用して発信力をつけたり、人工知能を使いこなすプログラミングのスキルを磨くのはおすすめ!

人から信頼を得る(ファンを作る)

今後はこれまで以上に雇用が流動的になり、「正社員だから安心」という従来の価値観は失われていきます。

同じ職業でも、仕事を取れる人とそうでない人の差は広がる一方。

そういった時代に備えて、今のうちから会社のネームバリューがなくても仕事を受注できるように信頼貯金を貯めておくと◎

あなたの人柄や仕事ぶりにファンがいれば、AIに仕事を奪われることはありません。

相手が期待していること以上のことをする

AI時代に真っ先になくなるのは、誰でもできる単純作業です。

逆に考えれば、機械には真似できないプロフェッショナルな人材は生き残れるというわけですね!

「これくらいやっておけば大丈夫!」と手抜きや妥協はNG!
相手の期待値を上回る仕事をしていきましょう。

なりたい自分になる

これからはAIも含め、他者との違いがあなたの価値になる時代です。

そうなった時に強いのは複数のスキルを持った人材です。

例えば、英語ができる人は山ほどいますよね。
でも「英語」×「プログラミング」×「営業」のように、複数のスキルを組み合わせれば、マネできない仕事が可能に!

あなたがこれまで興味を持ってきたこと、今取り組んでいることをまずは書き出してみて。その上で、これから必要なことに挑戦していきましょう。そうすれば、今からでもできることがどんどん増えていきますよ。

相手の価値観より自分の価値観を優先する

これまでの価値観が大きく変わっていくAI時代は、これまでマイノリティと呼ばれていた人たちも生きやすい時代に。

「こうすべき」という従来の平均的な価値観は薄れていくので、仕事もプライベートも自分軸で幸せかどうかを優先していきましょう。

 

今日のまとめ

人工知能と人間の違いは?AI時代が来ても絶対必要な人になる方法

AI時代が来ても絶対必要な人になる方法

「自分の仕事がなくなるかも・・・」と不安な気持ちはわかりますが、なくなったらなくなったで新しい仕事が生まれるはず!

それに面倒なことや人間の不得意なことを機械が代わりにやってくれるなら、今よりもっとやりがいのある仕事に就ける人が増えるかも!?

今までとはまた違った素晴らしい未来が待っている可能性大です!

今のうちから人間力とスキルを高めて、未来に備えておいてくださいね。

◉ 人工知能って何?わかりやすく教えてっ!
・人間の「脳」が行うような知的作業をコンピューターでも出来るように模倣して作られたソフトウェアのこと。

◉ 人工知能と人間の共通点と大きな違い
・共通点は学習機能を備えていること!
・相違点はたくさん、人間には「心」がある!
・人工知能に意志なんて無い
・人工知能には理性や魂というものが宿っていない
・学習過程の失敗から学び取るものが違う
・人間には祖先から受け継ぐ遺伝子がある

◉ 人工知能(AI)が人間を超える日が来るのか?
・正直いって誰も分からないので、共存できるように仕組みを理解しておく必要がある

◉ AI時代が来ても周りから必要とされる人になる、自分の価値の高め方
・インターネットを上手く使って自分の価値を高める
・人から信頼を得る(ファンを作る)
・相手が期待していること以上のことをする
・なりたい自分になる
・相手の価値観より自分の価値観を優先する

 

あなたにオススメの記事

当サイトへのご訪問ありがとうございます。記事のご愛読に感謝します。

スポンサーリンク