心配性を克服したい!上機嫌で人生を楽しむ幸運体質になる方法

心配性を克服したい!上機嫌で人生を楽しむ幸運体質になる方法
いきなり事態が悪化して、よきもしない不運に見舞われることってありますよね?

突然の人事異動や彼氏との別れ、病気やケガ、そして金銭トラブルなど、あげだしたらキリはありませんが、この一見するとトラブルと思える出来事こそが・・・実は神さまがくれたギフトなんだそうです。

心配症のあなたにはもしかすると理解できないのかもしれませんが、急に起きたトラブルのお陰で、色々なことに気付き、成長することが出来るんです。よくピンチはチャンスって言うでしょ。だからこそ、不安とか心配なことって考えても意味がないんですよね。

まずは、心配することを止める!ことから始めてみませんか?

今回は心配性を克服して幸せになる方法をお伝えします。

誰でも簡単に出来る方法ですから、お気軽にチャレンジしてみましょう。

心配性を克服したい!上機嫌で人生を楽しむ幸運体質になる方法

 

心配性は克服できる


心配性は克服できる
私もかつてはかなりの心配性でした。心配性というのは、性格の問題もありますが、多分親の影響が大きいのではないか?と思ったりもします。

例えばお父さんやお母さんが心配性で、いつも心配されていたり、ありもしない不安なことばかりいつも浴びせられていたら・・・そういう子供になっていってしまうんですね。

「そんな危ないことをしたら、骨折するかもしれないよ」
「こんなことをして、死んじゃった人がいるんだからね」

そんな風に毎日言われていたら、どんどん恐怖心ばかりが募ってしまいますよね。もちろん、危ないことを子供に教えることは大事なことです。でも極論ばかり言っていたら子供も怖くなってしまうでしょう。

私は、親がとても心配性だったので、自分自身もすごく怖がりです。電車に乗っていても、「電車がここで止まってしまったらどうしよう」とか恐怖心に苛まれることがありました。

でも、心配や不安な気持ちから楽しいことは生まれてきません。どうしても私は心配性を克服したかったのです。

 

「考えない」が一番大事


「考えない」が一番大事
心配性を克服するための第一歩は「考えないこと」です。

心配性の人は、何かひとつのことに対してマイナスなイメージを持っていることが多いです。そんなマイナスなイメージを持っている状態のときに、いきなりプラスのイメージを持ちましょうといってもなかなか難しいですね。

まず、マイナスなイメージを「ゼロ」にするということが大事なのです。つまり、何も考えないということですね。

不安な気持ち、心配な気持ちが頭をよぎったら「私は何も考えない」と言ってみましょう。

とにかく、不安なことも、いいことも意識せず、何も考えないのです。

この、「考えない」ということは結構難しいですよ。やってみるとわかりますが、人は常に考えているものなのです。仕事のこと、今日の夜ご飯のこと、恋愛のこと、帰りの電車のこと・・・常にいろんなことを考えていることに気がつきます。

まず、何も考えないこと、これをはじめてみてください。

 

「まあいっか」を口癖にしよう


「まあいっか」を口癖にしよう
何も考えないということをはじめると、ある程度経ってからマイナスなイメージを持ってしまった時、自己嫌悪に陥ることがあります。

そんなとき、心配性の人は自分を責めてしまいがち。自分を責めそうになったら「まあいっか」と言ってみましょう。

声に出して言ってみることがポイント。マイナスなイメージを抱いてしまっても「まあいっか」と言ってみると気が楽になります。

10個マイナスなことを考えていたのが8個に減ったってすごい進歩なんですから、自分を責めず、気持ちを楽にしてあげること、これも大事なことなんです。

 

 

こだわらない、のススメ


こだわらない、のススメ
考えない→考えてしまっても「まあいっか」と言ってみる、ときたら、最後は「こだわらないこと」です。

心配性の人は、私も含めて割ときちんといろんなことが決まっていないと嫌なタイプなのではないでしょうか?

朝の支度の時、歯を磨いて、顔を洗って、朝ごはんを食べて・・・なんて順番を決めてしまっていませんか?
そして、その順番が狂うだけで、「今日はいつもと違うから、嫌だな~」なんてまた不安になったり・・・。

そんな人はまず一日だけでも「何にもこだわらない日」というのを作ってみてください。

これが心配性と何の関係があるの?と思うかもしれませんが、自分を解放する、がんじがらめの不安や心配から自分を解き放つということへの第一歩になります。

順番なんて気にしない、こだわりなんて持たない、そんな日を設けてみるのも結構楽しいですよ。

 

起こってもいないことを心配しない


起こってもいないことを心配しない
心配性の人でこんな経験はありませんか?

大事なプレゼンの日、失敗するんじゃないだろうか・・・試験の日、もしかしたら何もわからないんじゃないだろうか・・・

そうしてその予感が的中してしまったということ。私は、悪い心配はよく当たる傾向にあると考えます。

悪い心配というのは、すごく強いマイナスのパワーを持っていて、そのパワーはそれを現実にする力があります。

逆に、いい考えもまた強いプラスのパワーを持っているのです。悪い心配をして、悪いことが起こることと、いい考えを持って、いいことが起こること。

どちらがいいかは、誰が見たってわかりますよね。いつも楽しい気持ちを持ち続け、その気持ちにプラスのパワーを注ぎ込み、心をワクワクさせていると、自然と楽しいことがどんどんあなたに引き寄せられてくるのです。

私も、ずっと心配性でした。でも、マイナスの考え方がマイナスな出来事を生むことを知り、もう怖くなって心配するのをやめてしまいました。

いいことを起こしたいなら、いいことを考えることだけに集中する。これが大事なポイントです。

 

今日のまとめ

心配性を克服したい!上機嫌で人生を楽しむ幸運体質になる方法

いかがでしたか。心配性は性格だから直らない、と思っている人も多いかもしれません。

でも実際に私は克服し、そして今とても幸せで楽しい毎日を送っています。

考えの力、言葉の力は絶大です。ぜひ、あなたも意識していい考え、プラスの言葉を口にするようにしてみてください。

考えない、まあいっか、こだわらない。この三点をいつも心に留めておくと、気持ちが楽になりますよ。

・ 心配性は克服できる
・ 「考えない」が一番大事
・ 「まあいっか」を口癖にしよう
・ こだわらない、のススメ
・ 起こってもいないことを心配しない

 

あなたはツイてる(^_-)-☆