掃除機はコードレスキャニスター型の時代!お勧め機種ベスト5

掃除機はコードレスキャニスター型の時代!お勧め機種ベスト5
「掃除をする上で欠かせない道具」といえば掃除機ですよね。

忙しい毎日の中で「なるべく掃除は手軽に済ませたい」という人が多いかと思いますが、掃除機の重さにうんざりしてはいませんか?

掃除機が重いと余分なところに力が入って、肩・腕・腰などに負担が掛かりますよね。それに、コードの絡まりや移動させるのが面倒。

「掃除を終えた頃にぐったりしている」「掃除機を出すのが面倒でコロコロローラーやクイックルワイパーに頼っている」というなら、掃除機を買い換えるのも手です。

掃除に対する抵抗感や疲労感がグンと減り、掃除機に手が伸びる回数も増えるはず。

でも、掃除機ってそう頻繁に買い換えるものではありませんから「どんな掃除機に買い替えようかな・・・」「今流行っている掃除機って何なのかな?」と選ぶのがちょっと面倒って思いませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、コードレスキャニスター型の掃除機です。

でもイマドキの掃除機って、ダイソンなどの「コードレススティックタイプなんじゃない?」と思った人もいるかもしれませんね。

実は、掃除機のトレンドはじわじわとコードレスキャニスター型へと移行中。だから今買っておけば“時代の最先端”というわけです。

そこで今回は、掃除機の新たなトレンドとも言えるコードレスキャニスター型の掃除機の「お勧め機種ベスト5」をご紹介します。

掃除機はコードレスキャニスター型の時代!お勧め機種ベスト5

 

コードレスキャニスター型の掃除機って?流行の理由とは?


コードレスキャニスター型の掃除機って?流行の理由とは?
コードレスキャニスター型の掃除機というのは、コードレススティック掃除機が流行する前に、一般家庭で広く使われていた掃除機のこと。本体に車輪とホースが付いている昔ながらの掃除機です。

キャニスター型の掃除機の魅力は軽さです。ただし「コンセントが付いているから、抜き差しするのが面倒臭い」というデメリットもありました。

ところが、最近コードレスキャニスター型の掃除機が各メーカーから続々登場。コードの抜き差しや絡まりの心配もないので、家中の掃除に大活躍。「機能性が高く、軽くて使いやすい」と人気になっているのです。

これまで、コードレススティックタイプの掃除機を使っていたという人の買い替えも増えているそうで、理由としては「思っていたよりも重かったから」という声が多いそう。やはり軽いことは、掃除をする上で大事なポイントだと私も思います。

008掃除で社内恋愛運が上がる!?胸キュンな出会いは職場から

コードレスキャニスター型の掃除機の「お勧め機種ベスト5」

第1位

東芝 コードレスクリーナーVC-NXS1



東芝 コードレスサイクロン式クリーナー(自走パワーブラシ) グランブロンズ【掃除機】TOSHIBA VC-NX コードレス VC-NXS1-N

「より強く、より速く」をテーマとした、東芝のコードレスクリーナーVC-NXシリーズ。毎分約12万回転のハイスピードモーターを搭載しており、コード式に劣らない「細かいゴミまで吸い取る吸引力」が話題に。

VC-NXS1の本体に付属している「ダストステーション」が目玉の機能で、ダストカップのゴミを自動吸引してくれるという機能もあり、本体を清潔に保てます。

 

第2位

東芝 コードレスクリーナーVC-NX1



東芝 コードレスサイクロン式クリーナー(自走パワーブラシ) サテンゴールド【掃除機】TOSHIBA VC-NX コードレス VC-NX1-N

東芝よりVC-NXS1よりも先に登場したこちらの掃除機。

グリップを手に持った時にかかる重さは約520gと軽く、方向転換がスムーズになる「ダブルフェイススタイル」のヘッドで部屋の隅々まで掃除が可能。

充電5時間で最長1時間の連続運転ができる、稼働時間の長さにも大注目。「コードレスって便利。従来の掃除機とは全然違うんだ!」と実感できるはずです。

基本的な性能はVC-NXS1もVC-NX1も変わらないので「ダストステーションの機能がなくてもいい」という人はこちらをおすすめします。

 

第3位

シャープ RACTIVE Air EC-AS500(サイクロン式)/ EC-AP500(紙パック式)



シャープ コードレスキャニスターサイクロン掃除機 RACTIVE Air ピンク EC-AS500P

シャープのコードレスキャニスター掃除機『RACTIVE Air』シリーズ。

本体重量1.8kg、手元は1.1kgと「標準的な掃除機の約半分の重さ」と軽くて扱いやすいのが特長。女性・お子さん・ご高齢の方も楽々移動ができますよ。「高いところの掃除もしやすい」と話題になっています。

小柄なボディながらも、吸引性能が抜群なのは「大風量ターボモーター」にあり。小さなゴミ、じゅうたんの奥に入り込んだゴミもキャッチしてくれます。

約80分で急速充電可能な着脱式のバッテリーがとても便利で、2つあるバッテリーを交互に充電しておけば、長時間・効率よく掃除が可能で充電切れのイライラも感じません。


シャープ コードレスキャニスター紙パック掃除機 RACTIVE Air ピンク EC-AP500P

サイクロン・紙パック式のどちらもスペックは同じなので、お好みの方を選んでみて。

 

 

第4位

シャープ RACTIVE Air EC-AS700(サイクロン)/ EC-AP700(紙パック)



シャープ コードレスキャニスターサイクロン掃除機 RACTIVE Air プレミアムモデル ゴールド EC-AS700N

3位でご紹介した『RACTIVE Air』EC-AS500(サイクロン)/ EC-AP500(紙パック)の上位モデルがこちら。

同梱している「ふとん掃除パワーヘッド」は、高速振動でふとんのダニ・ハウスダスト・花粉をたたき出せるので便利。予算に余裕があれば、こちらもおすすめです。

 

第5位

Panasonic 電気掃除機 MC-HS700G



パナソニック サイクロン 掃除機 ハイブリッド コードレス式 メタリックシルバー MC-HS700G-S

シャープのRACTIVE Airと、東芝のVC-NXが話題になっていますが「業界初のコードレスキャニスター型の掃除機」といえば、Panasonicの電気掃除機です。

発売開始から何年も経っているので、価格も落ち着いてきており「コードレス」でも「コードあり」でも使えるのが便利!

スタイリッシュなルックスと、LEDナビライトやハウスダスト発見レーザーなどの機能面も◎

コードレス式にすると、やや吸い込む力が低下するので高い吸引力を求めるシーンでは「コードあり」で使うのを推奨します。

008お掃除にも使えるアロマオイルの殺菌・防カビ・消臭効果など

今日のまとめ

掃除機はコードレスキャニスター型の時代!お勧め機種ベスト5

コードレスキャニスター型の時代
2017年に東芝とシャープから登場したコードレスキャニスター型の掃除機が大ヒット!ここ数年続いていた、コードレススティックタイプの掃除機に迫る勢いで人気急上昇中です。

本体そのものが超軽量なので「左手で本体を持って右手で掃除をする」というスタイルでもOK。

性能が魅力的な東芝『VC-NXシリーズ』と、女性からの支持が高い『RACTIVE Air』。こちら2つが人気商品なので、お好みに合わせて選んでみてくださいね。

これからますます盛り上がってくることが予想される、コードレスキャニスター型掃除機の市場。今のうちから目をつけておけば、話題性も抜群です。

従来の充電式の掃除機は「充電時間が長いわりに稼働時間が短い」などと言われていましたが、今回ご紹介した掃除機なら大丈夫。

「週末に時間をかけてゆっくり掃除をしよう」というニーズにも適しています。

軽くて吸引力も高いコードレスキャニスター掃除機に、あなたもぜひ買い替えてみてはいかがでしょうか?

008一人暮らしにおすすめの掃除機5つ!ロボットVSコードレス

・ コードレスキャニスター型の掃除機って?流行の理由とは?
・ コードレスキャニスター型の掃除機の「お勧め機種ベスト5」
1. 東芝 コードレスクリーナーVC-NXS1
2. 東芝 コードレスクリーナーVC-NX1
3. シャープ RACTIVE Air EC-AS500(サイクロン式)/ EC-AP500(紙パック式)
4. シャープ RACTIVE Air EC-AS700(サイクロン)/ EC-AP700(紙パック)
5. Panasonic 電気掃除機 MC-HS700G

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆

 

 

008