ヒステリックな女でもやればできるイライラを抑える方法

ヒステリックな女でもやればできるイライラを抑える方法
イライラを抑える方法があるなら教えてほしい! そう思っているアラサー女性もたくさんいることでしょう。

「職場での上司の理不尽な命令にもう耐えられそうにない」というように、様々なハラスメントで溢れている現代社会で、イライラせずにストレスフリーな状況で生活していくのは不可能に近いですよね。

そんな中、いつも機嫌が良く笑顔で過ごしている女性たちもいます。「くだらないことでいちいちイライラするのは人生のムダよ」とのこと。彼女たちはどうやらイライラをコントロールする術を身に付けているみたいです。

イライラしない方法があるのなら実践してみたい!

そんなあなたのために、日々のイライラを抑える方法をお伝えします。この方法を職場で使えば、すぐに出世できるかも・・・笑顔がステキな女性になって幸せをつかみましょう。

ヒステリックな女でもやればできるイライラを抑える方法

 

紙にイライラを書いて破り捨てる


紙にイライラを書いて破り捨てる
イライラした感情を、自分の中だけで消化しようとしている女性は多いと思います。確かに、それができれば何の問題もないんですが・・実際にそれができる女性というのはものすごく少ないものです。

イライラした感情は、迷わずにアウトプットしましょう。

イライラをその場で怒りに任せて口にすると、相手と口論になりますし、様々なトラブルのもとです。ですから、紙に書く方法が一番効果的。

人は、自分の気持ちを文字にすることで、整理することができる生き物です。紙に書きだしているうちに、冷静にイライラについて考えることができ、自分自身の反省点も見えてくるかもしれません。

また、書いても書いてもイライラが止まらない場合は、その紙を破り捨てたり、燃やしたりすることで消すという方法もあります。目の前からイライラの対象がなくなったように感じるため、視覚に訴えてイライラを抑えることができるのです。

 

相手の立場になってみる


相手の立場になってみる
誰かとトラブルになろうかとしているとき、自分のイライラを抑える方法はとても必要性があります。

例えば、職場の上司や先輩と口論になりそうなときは、イライラした気持ちのままでは上司の気持ちを汲み取ることができません。相手が怒っている場合、それにはきちんと理由があります。その理由を理解することで、相手の怒りの感情を汲み取り共感し、自分のイライラを抑える方法です。

この方法でイライラを抑えようとする場合、まず「自分にも少なからず落ち度はあった」ということを自覚しなくてはいけません。そうすることで改善への努力ができるようになり、相手からのより深い信頼を得ることにつながるのです。

仕事の面で成長意欲に長けている女性には特におすすめの方法なんですよ。

 

まずは10秒我慢する


まずは10秒我慢する
怒りの爆発的な感情というのは、一時的なものだという研究結果が出ています。
ということは、怒鳴りたくなってもその一時的な感情を逃れさえすればおだやかになれるということ。

イライラを感じてから10秒は、深呼吸してイライラを抑えましょう。

10秒間我慢が出来たら、怒鳴り散らすことはなくなります。この方法は例えば、出来の悪い新人を教育している際などに使ってみてください。自分がパワハラの加害者になってしまわないためにも、とても効果的な方法ですよ!

深呼吸にはデトックス効果もあり、老廃物(代表的なものでいうと二酸化炭素)と一緒にイライラした感情を体外に排出してくれる素敵な作用があります。イライラした時に関わらず、深呼吸はマメにしてみるといいかもしれませんね。

 

 

「ありがとう」を口にする


「ありがとう」を口にする
上司に怒られたときは「指摘してくださってありがとうございます」という言葉を口にしましょう。口には出さずに思うだけでも多少は効果があります。口に出して当の本人に伝えると、より効果は倍増。

人は、何かに感謝をしながら怒れる生き物ではありません。

イライラという怒りを消し去るには、感謝という怒りとは真逆の感情を覚えればいいのです。普段からありがとうと口に出すことはとても重要なことで、成功している女性のほとんどが実践している方法。しかも、誰にでも簡単にできるというのが一番のメリットです。

まずは、相手に感謝することから始めてみましょう。

 

主観や思い込みを捨てる


主観や思い込みを捨てる
イライラというのは、「自分が思っていたとおりにならなかった」という不満からも溢れてくるもの。

きちんと教えたのに新人が成長しない、精いっぱいやっているのに上司に怒られる・・など、そのイライラの原因は様々です。しかしその根本は、「自分はこうなると思っていた」という前提条件があるのですね。

これだけ教えたらできると思った、上司は私の頑張りを認めてくれると思った・・など。ですがこれらはすべて、自分の勝手な思い込みです。
主観や思い込みを捨て、執着を手放すととても楽になれるものですよ。

相手の怒りや、物事の結果を素直に受け止めることができ、対処法も冷静に検討することができます。成長したい女性にとっては、何もかもメリットなんですね。

 

今日のまとめ

ヒステリックな女でもやればできるイライラを抑える方法

いかがでしたか。イライラを抑える方法は、誰にでもできることが前提条件です。職場での上司との人間関係を良好に保つためにも、部下としていつも機嫌の良い女性でいたいもの。

難しく考えることも、自分には無理だと諦めることもありません。まずは小さな心がけからおこなっていくことで、きっと現状は改善されていくはず。

イライラの少ない生活を送っていると気付くことがあります。それは、イライラを感じない生活はとても楽だということ。

ストレスの根本の原因であるイライラを抑える方法をマスターすれば、もう出世もすぐそこかもしれませんよ!イライラしないことが幸せへの最短距離ということですね。

・ 紙にイライラを書いて破り捨てる
・ 相手の立場になってみる
・ まずは10秒我慢する
・ 「ありがとう」を口にする
・ 主観や思い込みを捨てる

 

あなたはツイてる(^_-)-☆