紫外線対策は大丈夫?シミができる仕組みと正しい予防法

紫外線対策は大丈夫?シミができる仕組みと正しい予防法
なぜシミができるのか知っていますか?若い頃に紫外線対策を怠ったせいだと言われたけど・・・正しいアンチエイジングで対処すれば、30代後半からでも、シミのないクリアな素肌を取り戻すことは不可能ではありません。

今回はシミができる仕組みと予防法についてみていきましょう。

紫外線対策は大丈夫?シミができる仕組みと正しい予防法

 

なぜ紫外線対策を怠るとシミができるの?


なぜ紫外線対策を怠るとシミができるの?
「シミ」という言葉を聞いて、思わず顔をしかめてしまったあなた。女性なら誰だって、シミという言葉は嫌いですよね。

私も同じです。とにかく鏡を毎朝チェックして、シミがないか確認してしまいます。薄くてもシミができたら、シミを消すクリームを塗りたくったり・・・女性ってシミ一つでもその日の気分が左右されてしまうもの。

そもそも、シミってどうしてできるんでしょうか?紫外線に当たるとシミになりやすいというのは聞いたことがあるけれど、具体的にどんな風にシミができるのか?

若い頃、海に行ったり、日焼けサロンに行ってお肌を真っ黒に焼いていたりしたアラサーのみなさんの中にはシミの恐怖を感じている人も少なくないかもしれません。

でも、若い頃にはどんなに日焼けしてもシミになんてならなかったのに、30代になって急にシミが増えてくるっていうのはいったいなんでなんだろう?って思いますよね。

それは、シミのできる仕組みとメカニズムを知ればその謎が解けてきます。

シミのできる仕組みとメカニズム

肌が紫外線に当たると、メラノサイトという細胞が動き始めます。そして黒い色素を作り出すのです。この働きにより、日焼けして小麦色の肌になるというわけですね。
そして、その黒い色素が、紫外線を肌の内部に入れることなくガードしてくれるのです。そのメラノサイトが働くことで、皮膚がんや肌のトラブルにならないようにしてくれています。

例えば、一日うっかり日焼けをしてしまっても、その後紫外線を避けて生活をすれば、一ヶ月もすれば肌は元の色に戻りますよね。
これは、肌のターンオーバーによるもので、正常な人は28日程度で肌が生まれ変わると言われています。

若い頃は、そのターンオーバーも正常なため、日焼けをしても元に戻りやすいのですが、年齢を重ねていったり、睡眠不足やストレスを感じている人、喫煙をする人などはターンオーバーが遅れてしまうため、肌の代謝も悪くなるのです。

本来ならば新陳代謝によって角質が入れ替わるのが、そういう悪条件が重なると、肌が正常に生まれ変わらなくなり、シミとして蓄積されていってしまうんですね。

ターンオーバー

うーん、ターンオーバーの周期を正常にキープし続けることが重要なんですね。

 

紫外線対策をしているのに・・・シミが多い人と少ない人の違いとは?


私の周りに、アラサーはたくさんいますが、よく見てみると、シミが多い人と少ない人がいることに気がつきます。

同じ年齢なのにシミがある人と全くない人、と様々なんです。女子会などで旅行に行くとみんなすっぴんになるので、まじまじとは見れなくてもなんとなく見てしまいます。そういうとき、歴然と違いがわかりますね。そして、シミがない人に大体みんな「どんな化粧品使っているの?」なんて聞いたりします。

私も、アラサーですが、今のところまだ目立つシミはありません。そばかすや細かいシミも見当たりません。私の友達でシミがほとんどない人、私も共通しているのが、昔から日焼け止めを欠かさないということです。

日焼け止め?

高校生の頃からきちんと日焼け止めクリームを塗ってケアしてきたつもりです。もちろん、夏だけではなく冬もきちんと日焼け止めクリームを塗っていました。

肌がもともと強かったというのもありますが、日焼け止めは塗っていてかぶれてしまう人もいるようなので成分なども大事ですね。汗で落ちてしまいがちな日焼け止めクリームですが、最近では、汗を味方にしてくれる日焼け止めクリームもあるようです。

紫外線の害の他に、ストレス、睡眠不足、暴飲暴食、喫煙など様々な理由があるようです。確かに、私自身あまりストレスを感じるタイプではないし、喫煙もしません。毎日11時までには必ず寝るし、最近は春から夏にかけての外出時も日傘や手袋などを着用しています。

細かいことかもしれませんが、紫外線から自分の肌を守ることでシミは防げるのかもしれませんね。

 

 

正しいシミの予防法①

日焼け止めの選び方


日焼け止めの選び方
それでは、憎きシミから肌を守る方法ですが、やはり日焼け止めをしっかり塗ることが大切だと言えます。

日焼け止めには「SPF」と「PA」という数字がありますね。なんとなく、SPF50が一番いいんじゃないかと思って買ってしまっている人いませんか?

紫外線には三種類あります。

・UVAと言われるA波(シミ、たるみの原因)

・UVBと言われるB波(シミ、そばかすの原因)

・UVCと言われるC波(皮膚病の原因)

A波とB波はなんとなく聞いたことがあるかもしれませんが、C波は聞き慣れないですよね。これは、今まではオゾン層に守られていたので、地上まで届かないと言われていましたが、近年、オゾン層が破壊され地上まで届くことが心配されているちょっと怖い紫外線です。

ちなみに、現在発売されている日焼け止めはA波、B波に対応したものです。

SPFというのは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、シミやソバカスの原因となる紫外線B波を防ぐ効果を表す数値の目安です。

これは、日焼けする効果を遅らせることができる度合いを示しています。つまり、日焼けするまでに15分かかるとしたら、それをSPF50のものは50倍遅らせることができるということですね。

日常で、そんなに紫外線を浴びることはないのが普通なので、普段の生活ではSPF50の日焼け止めは必要ないでしょう。

大体、SPF30程度でOKということです。

さらに、PAというものは、紫外線A波を防いでくれるものです。
「+」記号がついているのですが、その+が多いほどその効果が高いことを表しています。紫外線A波は、紫外線B波と違って、一年中安定して降り注いでいます。

シミ対策は春夏の間だけではなく、年間を通して、紫外線対策をしておくことが重要なのです。

日焼け止めを選ぶときは、日常に使う分にはSPF30、PA+++程度あればOKということになりますね。


資生堂 アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

 

正しいシミの予防法②

日焼け止めのつけ方


日焼け止めのつけ方
日焼け止めを選んだら、今度は正しい付け方についてです。あなたは、日焼け止めをつけるとき、どのくらいの量をつけていますか?

先日、テレビで皮膚科医の先生が言っていたのですが、正しい量は、なんと「パール2個分」なんだそうです。これって、手に取ってみるとわかりますが、結構な量です。

ほとんどの人が、その半分か、それ以下の量で使っているのではないでしょうか?

実は、この量でないと充分な効果を発揮しないんだそうです。日焼け止めを塗っているのにシミができでしまったという人は、実は使う量に問題があるのかもしれません。

しかし、どうしてもこの量を顔に塗るとベタベタしてしまうし、白浮きが半端ないという人は、パウダータイプの日焼け止めやジェルタイプのものを選ぶといいですよ。ジェルはスーッと肌になじむし、白浮きしないので使いやすいです。しかし、ジェルは汗に弱く流れやすい性質があるので、こまめに塗り直すほうがいいですね。


資生堂 アネッサ パーフェクトジェル サンスクリーン A+ 60g

外出先でどうしても塗り直しが難しい場合は、パウダータイプの日焼け止めがオススメです。メイクの上からもつけられるし、気になるときにさっとぬれるので一つポーチに入れておくと便利ですよ。


アネッサ パーフェクトUVパクト (レフィル) オークル30 12g

いろんな日焼け止め製品がありますので、あなたのライフスタイルに合ったものを選んでみてくださいね。

 

こんなこともシミになる!?意外な原因


こんなこともシミになる!?意外な原因
実は、目から入った紫外線がシミを作るなんて話が最近あるのを知っていましたか?

目が紫外線を浴びると、角膜に炎症を起こします。その炎症が刺激になり、脳下垂体に情報が伝えられ、防衛反応として、メラノサイトがメラニンを生成してしまうというのです。

つまり、肌にシミ対策として日焼け止めを塗っているから大丈夫!ではない現実があります・・・。怖いですね。

目から入る紫外線対策には、サングラスをかけること、そしてコンタクトレンズをしている人ならUVカット加工されているものを選ぶといいようです。

目から入る紫外線がシミを作っているなんて、ちょっと意外でしたよね。

 

今日のまとめ

紫外線対策は大丈夫?シミができる仕組みと正しい予防法

いかがでしたか。あなたのシミに対する知識、そして日焼け止めに関する知識は正しかったですか?

シミが出来てしまったら、消すのはなかなか難しいです。

それよりも、今から少しでも「シミを増やさない努力」をすることが大切ですね。紫外線の強い時期になったら、帽子や日傘を併用するなど気をつけて過ごしていきたいですね。

・ なぜ紫外線対策を怠るとシミができるの?
・ 紫外線対策をしているのに・・・シミが多い人と少ない人の違いとは?
・ 正しいシミの予防法① 日焼け止めの選び方
・ 正しいシミの予防法② 日焼け止めのつけ方
・ こんなこともシミになる!?意外な原因

 

あなたはツイてる(^_-)-☆