人生の転機をつかむために30代女性がやってみて効果のあった5つのこと

人生の転機をつかむために30代女性がやってみて効果のあった5つのこと
2016年春から女性活躍推進法が施行され、キャリア女性を取り巻く環境が大きく変わってきています。ますます女性のキャリアプランの変化が大きくなっている今、人生の転機が来たら、自分はこのままでいいの?と、日々不安を感じている30代女性も少なくないはず。

でも安心してください。『自分の幸せは自分で見つける』ことができるんです。そんな人生の転機に備えてやっておきたい5つのことをご紹介します。

人生の転機をつかむために30代女性がやってみて効果のあった5つのこと

 

『東京タラレバ娘』でも。33歳は女性の人生の転機になりやすい


『東京タラレバ娘』でも。33歳は女性の人生の転機になりやすい
ドラマ『東京タラレバ娘』では、33歳の誕生日を境に仕事も恋愛もうまくいかなくなる女性が登場します。33歳は、大学卒業後、就職してからちょうど10年目、キャリアの上でもちょうど節目になる年齢です。

もう20代のようなノリでは通用しないけれど、かといって誰からも一目置かれるほど優秀でもない・・・。出世なんて諦めて結婚しようにもまだそんなに貯金もたまってないし、転職活動もまだ本腰入れて考えていない・・・。

同期で入社した同僚も、結婚や転職で何人かいなくなって、私も自分の人生を本気で考えないといけないけれど、自分がこれから何をしたいかも実はまだハッキリしてないのよね・・・。

確かに20代は終わっちゃったけれど、まだまだ30代前半のこの時期、将来の自分の人生設計をどうしようかと悩む女性は、本当に多いんです。ドラマを見ながら「そうそう、わかる、わかるぅ~!」って激しく共感してませんでしたか?

そんな悩める30代女性が人生の転機に備えてやっておきたいことは・・・

 

タイムリミットのある「妊活」は年齢を考えた早めの対策を


タイムリミットのある「妊活」は年齢を考えた早めの対策を
女性にとって外せないライフイベントの妊娠・出産。結婚は年齢によるはっきりとしたリミットはないので、まずは年齢による制約のある出産を取り上げます。

「赤ちゃんはその気になればいつでもできる」わけではないのは、よく知られています。そして、自然妊娠の確率は、女性の年齢が35歳を過ぎるころから急激に低下していきます。

これは、女性の卵子が年齢とともに老化して妊娠しにくくなる上に、妊娠・出産をコントロールする女性ホルモンの分泌もこの頃から大きく低下し始めるからです。妊活を考えるのなら、35歳になる前から万が一の不妊治療の可能性も考えて、ライフプランに1年以上の妊活期間を入れた人生設計を考えておくのが安心です。

彼との結婚が延び延びになっているあなたは、「妊活」が人生の転機になるかもしれませんね。

 

せっかく結婚しても離婚する人が多い今日この頃。結婚を幸せな人生の転機にする心得は?


せっかく結婚しても離婚する人が多い今日この頃。結婚を幸せな人生の転機にする心得は?
「幸せな結婚」憧れますよね?

ちなみに、リクルートブライダル総研が実施した「恋愛・婚活・結婚調査2015年」によると、結婚相手に求める条件が、

・男性 1位「性格の良さ」2位「結婚相手の年齢」3位「共通の趣味」
・女性 1位「共通の趣味」2位「家事の能力」3位「仕事への理解」

で、男女で結婚相手に求める条件に大きな違いがありました。

この調査には結婚前と結婚後の意識調査もあり、
・「結婚の良いところ、幸せなところ」(既婚者の複数回答)は、
子どもと一緒にいること 23.5ポイント
家族で食事をしているとき 21.7ポイント

・「結婚の悪いところ、不幸なところ」(既婚者の複数回答)は、
金銭的負担が増えたこと 12.1ポイント
自分一人の意思で物事を決められなくなったこと 11.1ポイント

でした。
全体的に既婚者は、独身時代に思っていたよりも結婚の良いところの方が悪いところよりも多いと感じる傾向が高くなっています。

それでは、夫婦円満の秘訣は何かというと、夫婦がお互いに「家族の時間」と「自分の時間」をうまく両立させることがポイントのようです。結婚すると家庭内で「夫」や「妻」「父親」や「母親」などの役割が生まれます。そんな役割をうまくこなしていくためにも、小さなスペースでもいいので、家の中に夫婦それぞれが「自分の時間」を充実して過ごせるスペースを作っておくのがいいみたい。

「自分時間の上手な過ごし方」は、独身時代の今から見つけておくものです。もともと他人同士だった夫婦が適度な距離感で仲良くやっていくためには、「一人の時間」の充実は欠かせません。結婚をいい「人生の転機」にするためにも、「自分時間の上手な過ごし方」を心がけておきましょう。

 

 

出世はいいから結婚したい~!でも子どもが大きくなるとやってくる人生の転機


出世はいいから結婚したい~!でも子どもが大きくなるとやってくる人生の転機
仕事に生きがいを感じていなくても、働き続ける女性が増えています。まだまだ結婚を理由に仕事を辞める女性は約4割います。たとえ結婚して仕事を辞めなくても、妊娠や第一子の出産をきっかけに仕事を辞め、それが人生の転機になる女性は少なくありません。

出産後、子供が小さなうちには「働かない」ライフプランを選択する女性は半数以上いますが、子どもが中学生以上になると9割以上の女性が働くことを希望しています(※)。
女性のライフプランニング支援に関する調査結果 内閣府2006年発表

結婚・出産は人生の転機になる大きな出来事ではあるものの、その後また、多くの女性が再就職などでキャリアの変化や人生の転機を経験することになるのです。

なので、結婚・出産でそれまでのキャリアが中断しても、その後の職場復帰や再就職はこれまで以上に現実味を帯びてきます。結婚・出産は、あくまでも「人生の転機の一つ」として捉えておくほうがいいようです。

 

人には相談しにくいお金の悩み、不安を解消しておこう


人には相談しにくいお金の悩み、不安を解消しておこう
まだ30代でも、老後のお金の心配をしないといけないご時世です。「貯金できない」「給料が少ない」「老後のためにいくら貯めればいいのかわからない」・・・こんなお金に関する悩みを抱える女性は8割近くに上ります。

「自分の結婚・出産に備えて貯金しないといけないのに、人のご祝儀に出ていくお金ばかり!」

なんてこともありますよね。老後などの遠い将来に対する不安は、モデルケースになっている人のライフスタイルによって必要なお金は全く違います。なので、いたずらに不安にならずに、まずは今の自分の月々のお金の動きを把握しておきましょう。

自分に向いた貯金や資産運用を見つけるのは、それからです。マネーセミナーなどで信頼できるファイナンシャルプランナーの話を聞いたり、個別に相談して、必要な知識を勉強するのもおススメです。そこで怪しい投資話や詐欺から身を守る知恵も得られるし、漠然と抱いている将来に対する不安をきちんと数字で解説してもらえるので、お金との付き合い方が整理できますよ。

 

「働き方革命」の進行する昨今、どんなキャリアプランを描けばいいの?


「働き方革命」の進行する昨今、どんなキャリアプランを描けばいいの?
ブラック企業や長時間労働が問題視され、企業では残業をできるだけ無くしていく方向に向かっています。これまでのように「仕事をした量」ではなく「仕事そのものの質」や「仕事時間当たりの生産性」が強く求められるようになっているのです。

そんな時代には今までのような、「自分のキャリアは自分自身でコツコツ積み上げて形成するもの」というやり方は通用しなくなっています。

変化の激しい時代には、あらかじめキャリアを綿密に計画したり、計画したキャリアに固執するとかえって逆効果になることもあります。新しいキャリア形成の考え方では、「キャリアの8割は予期せぬ出来事や偶然の出会いによって決まる」とされ、「人生で起きる予期せぬ出来事を人生の転機のチャンスに変えていく」という捉え方をします。

つまり、「自分のやりたい仕事」や「なりたい自分像」はしっかりと心に定めつつ、人との「縁」や「出会い」にはいつもオープンでいることです。

そうすれば、たとえ一度はうまくいかなくても、行動し続けている限り、新しい仕事やチャンス、人との出会いが待っています。そしてこれが、転職や結婚などを、ツキのあるいい人生を送るための人生の転機に変えることのできた人に共通する考え方なのです。

 

ドラマ『東京タラレバ娘』を見ながら「そうそう、わかる、わかるぅ~!」って共感できたあなたにはこちらの記事もおすすめです。
たらればの使い方がおかしい強がりな女友達の自慢話し5選

 

今日のまとめ

人生の転機をつかむために30代女性がやってみて効果のあった5つのこと

人生の転機は誰の人生にもやってきますが、30代女性にも、決断しないといけないたくさんの人生の転機が訪れます。

選択肢の増えた女性の人生だから迷いも悩みもたくさんありますが、「キャリアかプライベートか」のどちらかに人生すべてを賭ける時代は終わりました。

人生のフェーズごとに、あなたの幸せな人生のために、どちらも必要に応じて選んでいいのです。

どんな人生の転機もあなたのプラスに変えて、「あなただけの素敵な人生」を作っていきましょう。

・ 『東京タラレバ娘』でも。33歳は女性の人生の転機になりやすい
・ タイムリミットのある「妊活」は年齢を考えた早めの対策を
・ せっかく結婚しても離婚する人が多い今日この頃。結婚を幸せな人生の転機にする心得は?
・ 出世はいいから結婚したい~!でも子どもが大きくなるとやってくる人生の転機
・ 人には相談しにくいお金の悩み、不安を解消しておこう
・ 「働き方革命」の進行する昨今、どんなキャリアプランを描けばいいの?

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆