TOEICで800点超!転職せずに英語力を仕事に活かす方法

TOEICで800点超!転職せずに英語力を仕事に活かす方法
巷では、転職条件に「TOEICで800点超」とか「英語の語学力」が必須だよね・・・とよく言われます。それってほんと?

まあ確かに、転職活動において語学力はアピールポイントになります。求人票に記載されていますからね。けれど、会社が求めている仕事スキルは今までの経験やノウハウなのです。それに英語という語学力がプラスされれば鬼に金棒というだけなんです。

TOEICで800点超の高得点を出していたほうが転職に有利になるかどうかは・・・

TOEICで800点超の実力をどうやって今の仕事に活かすべきなのか。それともやっぱり転職した方がいいのか?そんな悩みを抱えているあなたに語学力を活かす唯一の方法をお伝えします。

まずは普段の業務で英語を使うかどうか考えてみましょう。職種や部署によっては、日々英語が浸透してきている会社も多いです。

逆に、英語なんて全く使わない!という会社もありますよね。今の会社で使う機会がある方はどんどん語学力をアピールして使っていけばいいのですから。

TOEICで800点超!転職せずに英語力を仕事に活かす方法

 

一般企業でも英語力が必要な仕事が必ずある


一般企業でも英語力が必要な仕事が必ずある
現代はインターネット社会。メールや電話の一本で外国とつながることができます。さらには、外国から来日した来客の対応や、その外国人と会議する・・なんてこともありますよね。

事務作業をしている女性の中には、取引先と英語でメールのやり取りをしたり、電話の受け答えをしているという女性が多くいます。
男性はもちろんなのですが、今は女性の語学力が、とても重視される時代になってきました。事務を担当することが多い女性にとって、語学力が高いというのはとてもプラスのスキルなのです。

そのほか、製造業なんかだと、製品の取扱説明書や、機械のマニュアルが英語であることも決して少なくはありません。ふとした場所で英語に触れる機会は多いはず。

今の会社でも、いろんな業務に携わってみてください。少しずつ新しい道が開けるかもしれません。

 

TOEICで900点以上を狙って、さらにスキルアップ


TOEICで900点以上を狙って、さらにスキルアップ
TOEICで800点超というスキルは、それだけでも十分すばらしいのですが、向上心の高いあなたなら、さらにもっと上も目指せるはず。

TOEICで900点以上を狙ってまた試験に挑んだり、TOEICプラス何かを身につける、という方法もあります。

今は専門職でも語学力は大いに使えるスキルなので、英語+PCスキルや英語+中国語など、英語だけでなく、ほかの専門スキルも身につけると、よりアピールポイントが高くなります。

外資系の企業では、英語以外の外国語はとても重要です。

中国語やスペイン語などが話せるようになれば、そういった職場でも重宝されること間違いなし。そのほか、PCスキルや映像・音響など、専門的な知識を身に付けると現在の職場で活かすにしろ、転職するにしろ、語学力の発揮の仕方がはっきりイメージできて◎です。

 

 

副業に英語を活かす


副業に英語を活かす
自宅にパソコンはありますか?ほとんどの人が所持しているであろうパソコンですが、それがインターネットにさえつながれば、いつでも仕事ができる時代になりました。

検索すれば、語学力を必要とする企業がたくさんあります。そこで、クラウドソーシングサイトなどに登録してみてはいかがでしょう。時間に少し余裕がある人ならば、簡単な翻訳の仕事が見つかりやすいです。

結婚して家庭に入った女性なんかも、そういったサイトなどから副業として翻訳の仕事をしたりしています。さらに、副業といえど翻訳を仕事にすることによって、英語に触れる機会が自然と増え、スキルアップにもつながることでしょう。

それをTOEICで800点超の点数につなげることも無理ではありません。仕事をしながらスキルアップができるなんて、これほどまでに好条件なことはないと思いませんか?

インターネットで見つかるお仕事は、いろんな種類があるので、自分の翻訳力に合わせた仕事を選んでできるというのも魅力的です。

一度検索してみてはいかがでしょうか?

 

やっぱり転職する


やっぱり転職する
最後はやっぱり転職です。

今の職場にまったく英語と触れる機会がない、という方でどうしても語学力を活かした仕事がしたいなら、思い切って転職活動するしかありません。実際に語学力が求められる職場でも、秘書業務や外資系企業の事務など、女性が活躍している職場はたくさんあります。

旅行が好きな方なら、旅行会社やツアーコンダクター。人に教えることが好きなら、英会話講師などの仕事があります。本格的な通訳や翻訳の仕事はTOEICの点数で950点くらいは、必要になるので、今の段階ではなかなか難しいかもしれませんが、まずは英語力を活かす仕事をすることによって、さらなるスキルアップが望めるかもしれません。

少なくとも、まったく英語に触れる機会がない今の会社では、なかなかスキルアップも難しいでしょう。これから英語を活かしたいなら、勇気を出して、一歩踏み出してみませんか?

 

今日のまとめ

TOEICで800点超なら転職すべき?英語力を仕事に活かす方法

いかがでしたか。英語を活かす方法は、今置かれている状況にもよってさまざまです。自分の能力をどのように活かしたいか、英語を活かす以外にはどんな仕事に就きたいか、また、どのようにすれば能力を活かせるようになるか、をじっくり考えてみるのも一つの方法ですね。

なんにせよ、今ある能力も、スキルアップしたいという向上心も素晴らしいことだと思います。ぜひ、これを機会に、新しい一歩を踏み出してみませんか。

きっと今の生活は、もっと輝いたものになるはずです。

・ 一般企業でも英語力が必要な仕事が必ずある
・ TOEICで900点以上を狙って、さらにスキルアップ
・ 副業に英語を活かす
・ やっぱり転職する