気をつけたいテーブルマナー!行儀が悪い女は結婚できない?

気をつけたいテーブルマナー!行儀が悪い女は結婚できない?
女友達とパーティーで楽しく飲んで食事をしているとき、あまりにも女友達のテーブルマナーが悪すぎて、「この女性はきっと結婚できない」と感じたことはありませんか。

たかがテーブルマナーと思うかもしれませんが、その行儀の中に育ってきた環境や人柄が現れます。

今回は、気付かずにいると婚期を逃すかもしれない、食事中のNGなテーブルマナーをまとめてみました。

気をつけたいテーブルマナー!行儀が悪い女は結婚できない?

 

立食パーティーのとき、席をバッグなどで確保する


立食パーティー
テーブルマナーって本当に難しいですよね。でも、きちんと教えられてきたかどうか、男性は結構見ているものです。

男性というのは、恥をかきたくない生き物。お付き合いしている男性、または食事に誘われた男性が、年上であれば、当然気をつけなければならないですが、年下であっても、「女性はマナーを知っていて当たり前」と思っている男の子もいますので、大人の女性としての振る舞いをしなくてはなりません。

まずは、立食パーティーでのテーブルマナー。立食パーティーは会社でのイベントとかで経験したことがある方も多いかもしれませんが、気軽なパーティーという雰囲気があるので、ついついテーブルマナーについてはおろそかになってしまいがちですね。

そこで一番気になるのが、席取りです。着飾って、ハイヒールを履いて行ったり、慣れない靴に足が疲れてしまって「座りたいな~」と思うことはありますよね。

しかし、立食パーティーでの席取りは基本的にNGです。椅子が会場の端の方に用意されていますが、これは体調が悪い人や年配の方への配慮ということなので、間違ってもバッグなどを置いて席を取るようなことはしてはいけません。

 

意外と知られていない、ナプキンのマナー


ナプキンの使い方
ナプキンに関するテーブルマナーは色々とあります。全て知っている人は少ないかもしれませんが、主要なものだけでも押さえておくようにしましょう。

・ナプキンを広げるタイミング

席に着いたらすぐにナプキンを膝にかけてしまう人がいますが、これはちょっと早すぎますね。本来は、乾杯後に主賓がナプキンを広げてからこちらも広げるというのがテーブルマナーとしては常識のようです。
結婚式などに呼ばれた際は、気をつけましょう。
また、目上の人とお食事に行くときも、その方がナプキンを広げてからの方がいいかもしれません。

・ナプキンでグラスについた口紅を拭く

グラスについてしまった口紅は、見ていてちょっと見苦しいですね。しかし、それをナプキンで拭くのはテーブルマナー違反なのです。

ナプキンはあくまでも口元を拭くもの。
口紅が付いた部分は手で拭い、その手をナプキンで拭く方がスマートです。食べる前には口紅を前もって拭っておくのもテーブルマナーの一つですね。

・ナプキンで食べこぼしを拭く

こちらもNGのテーブルマナーですね。パーティーの席ではなくても、食事の際におしぼりで食べこぼしを拭いたり、グラスの周りについた水滴を拭いたりする人がいますが、それもよくありません。
おしぼりは手を拭くものです。台ふきではありませんね。
例えばワインの入ったワイングラスを倒してしまったなど、どうしようもないときはウエイターさんを呼んで対処してもらいましょう。
それ以外の食べこぼしは、気にしないか、ウエイターさんにお願いして綺麗にしてもらうようにしてください。

・ナプキンを首元にかける

よく焼肉屋さんに行くとやるように、ナプキンを首にかけてしまう人はいませんか?
大切なお洋服が汚れてしまうのが嫌、という気持ちはわかりますが、
これもテーブルマナーとしてはNGです。
ナプキンは、膝にかけるようにしましょう。

・ナプキンを綺麗にたたんで帰る

食事が終わった際、ナプキンを綺麗に折りたたんで帰る人がいますが、これもテーブルマナーとしてはいいことではありません。
というのも、「綺麗に折りたたんで帰る=美味しくなかったから二度と来ない、何か不満がある」
という意味なんだそうです。
日本人は几帳面な人が多いので、きちんとたたまないと失礼かな?と思う人もいるかもしれませんが、逆にそれの方が失礼なんですね。

 

食べ終わったあとのナイフとフォークの置き方は?


ナイフとフォーク
食べ終わったあとのナイフとフォークはどう置いたらいいか知っていますか?もう、アラサー女子ともなれば知らない人の方が少ないかもしれませんが、今一度おさらいしておきましょう。

食べている途中はナイフとフォークをハの字に置いていると思いますが、食べ終わったあとにもその状態にしている人をたまに見かけます。

先日、同僚の女の子と「ボーナスをもらったからたまには美味しいものを食べに行こう」とフランス料理のディナーを食べに行った際、そういう風に置いていたので、「食べ終わったあとは、ナイフの刃の部分を自分の方に向けて水平に並べて置くといいよ」と教えてあげました。

彼女は何気なくやっていたことでしたが、ハの字に置いてある場合は、「まだ食事中です」という合図なので、ウエイターさんも下げることができません。ぜひ、これは覚えておいてくださいね。

ちなみに、イギリス式だとナイフとフォークは縦に並べて置くのが正しいそうですよ。

 

 

ウエイターさんを呼ぶとき、気をつけたいこと


ウェイター
メニューが決まってウエイターさんを呼ぶとき、「すいませ~ん!オーダーお願いしま~す!」なんて大きな声を出していませんか?

大事なデートで、気を利かせたつもりかもしれませんがこの行為はテーブルマナー違反です。
ウエイターさんを呼ぶ際は、声は出さず、目で合図をします。
ちゃんとした料理店のウエイターさんであれば、オーダーを取る前のお客様はきちんと把握していて、チラチラと目配せをしてくれていますので、目が合いやすいのです。

普段のお店で店員さんを呼ぶことに慣れてしまっていると、つい声を出して呼んでしまいたくなりますがそこは我慢しましょう。

落ち着いてお料理を楽しめるお店は、だいたい静かなことが多いので、声を出す雰囲気ではありませんし、中にはウエイターさんが絶妙なタイミングで来てくれるお店もあります。
そういうお店でお食事できたら気持ちがいいですね。

もう一つ、ウエイターさんを呼ぶときのテーブルマナーですが、フォークやナイフなどのテーブルの上のものを落としてしまったときは、自分で拾わずにウエイターさんを呼びましょう。

普段行っているようなお店で店員さんをそんなことで呼んだら怒られてしまうかもしれませんが、フランス料理店などではきちんとウエイターさんを呼ぶことがマナーです。

自分で焦って拾う必要はありません。もちろん、そのときもウエイターさんを大声で呼ばずに、目で合図してくださいね。

 

知っているとちょっと自慢できそうなテーブルマナー


あまり知られていないけれど、知っているとちょっと自慢できそうなテーブルマナーってありますよね。その中でも知らなきゃ損する三つのマナーをお伝えします。

・お漬物はご飯と一緒に

ごはんとお漬物
日本料理店などで、最後にお漬物とご飯、お味噌汁やお吸い物が出てくると思いますが、
お料理がまだ残っている場合は、先にお漬物を食べるのはNGなんだそうです。お料理を食べ終わってから、ご飯とお漬物を食べるようにしましょう。

・お茶は最後に飲むもの

お茶
ペットボトルの水やお茶を飲みながらご飯を食べる。日常では当たり前のことですが、実はマナー違反なんだとか。

「お茶で飲み下さなければいけないものはお出ししていませんよ」と相手方は思うようです。よく考えてみれば、フランス料理でもコーヒーや紅茶は最後に出ますし、日本料理でもお茶は最後に出されますね。

・コーヒーや紅茶に片手を添えて飲まない

コーヒー
食後のコーヒーや紅茶を飲むとき、湯呑を持つときのように手を下に添えていませんか?これは、マナー違反なんですね。お店に対して「ぬるい」という合図にもなってしまうので、コーヒーや紅茶を飲む際は注意しましょう。

 

今日のまとめ

気をつけたいテーブルマナー!行儀が悪い女は結婚できない?

いかがでしたか。あなたが知っているテーブルマナーはありましたか?もしかしたら、知っているものばかりだったかもしれません。

しかし、毎日のように高級料理店へ食べに行っているという人は少ないですよね。たまに行く、そのときにきちんと思い出して正しいマナーを実践できるようにしておきたいものです。

正しくテーブルマナーを使いこなすことができるようになったら、一流の大人の女性と言えるのではないでしょうか。

・ 立食パーティーのとき、席をバッグなどで確保するのはマナー違反です。
・ ナプキンの広げるタイミングや使い方などは事前に抑えておきましょう。
・ 食べ終わったあとのナイフとフォークはナイフの刃の部分を自分の方に向けて水平に並べて置くと良い。
・ ウエイターさんを呼ぶ際は、声は出さず、目で合図をしましょう。
・ 知っているとちょっと自慢できそうなテーブルマナー
→ お漬物はご飯と一緒に
→ お茶は最後に飲むもの
→ コーヒーや紅茶に片手を添えて飲まない

 

あなたはツイてる(^_-)-☆