スマホ依存症かな?スマホを手放せない女性のヤバい5つの兆候

スマホ依存症かな?スマホを手放せない女性のヤバい5つの兆候
通勤中、仕事中はもちろん、家でも寝る直前までネットやスマホに夢中なアラサー女子は少なくないはず。しかし、スマホを気にしてばかりいるようでは、それこそ人生を楽しめなくなってしまいますよね。

スマホ依存症がひどい女性は早めに対策を打っておきましょう。

そこで、今回はスマホに依存しすぎている女性のヤバい兆候についてまとめてみました。もしあなたが下記の項目のいくつかに当てはまるようならばキケンですよ!生活の中における優先順位を見直すべきでは?

スマホ依存症かな?スマホを手放せない女性のヤバい5つの兆候

 

スマホを忘れてしまったり、スマホの充電がなくなると不安になる。


スマホを忘れてしまったり、スマホの充電がなくなると不安になる。
お財布はあるけど、スマホがない。そのほうが不安だという人は要注意。確かにスマホは便利で、いまやお財布機能もあります。けれども、スマホというものが一日ないだけで不安で仕方ないのは、スマホ依存症の可能性大。

そして、スマホの充電が切れるのが怖い人もいますね。大容量の充電バッテリーを持っている人もいますね。なくなったときに、どこかのお店で充電できるか?やWi-Fi環境があるかなどもいちいち気になるのもスマホ依存症気味。
注意しましょう。

 

TPOをわきまえずにスマホを触ってしまう。


TPOをわきまえずにスマホを触ってしまう。
大切な会議や、勉強会にいっているのに、どうしてもスマホを触ってしまう。たしかにたくさんの情報がつまっているとはいえ、目の前にある大切な環境の話のほうがその時には重要なことです。

そして、周りの人があなたを見る目も変わってきてしまいます。コミュニケーションをする場でもスマホを気にしてしまう人はスマホ依存症の可能性あり。

 

スマホを持ったまま眠っている。


スマホを持ったまま眠っている。
これは、眠る直前までスマホをいじっていたことになります。女子のお肌にとって睡眠は重要なものです。それを妨げるのもスマホ依存症だったりします。スマホからでるブルーライトで交感神経が刺激します。

せっかくお風呂などに入ってリラックスした結果副交感神経が優勢になっている状態でスマホを見てしまうと寝つきが悪くなります。

お肌や美容のためにもスマホ依存症は注意しましょう。

 

 

人といるときでもスマホをいじってしまう。


人といるときでもスマホをいじってしまう。
コミュニケーションの場でのスマホをいじる行為はとても失礼です。目の前の大切な人、や事を逃している可能性があります。スマホは、今いる相手より大切じゃないでしょうか?

スマホのなかのSNSの友達の動向よりも今、目の前にいる人とのコミュニケーションをとるようにしましょう。

 

フェイスブックなどのSNSに書き込むために、ネタをつくるような行動をしている。


フェイスブックなどのSNSに書き込むために、ネタをつくるような行動をしている。
リア充という言葉があるように、ネタのための行動をとっている人をフェイスブックなどでよく見ます。それも、十分なスマホ依存症だと思います。

確かにおもしろいことを配信して、注目を集めたいと思うものですが。本当に充実しているからこそ、人はうらやましく、そして注目を集めるものだと思っています。

無理に笑っていたり、無理におもしろいことをしていても、リアルに人に会ったときにおもしろくないのは自分ですよ。

そういうのはいつか分かるものです。ネットだけのつながりだけでなく、リアルコミュニケーションをしましょう。おのずと、面白いことにつながったりします。スマホだけの環境で物事みてはいけません。

 

今日のまとめ

スマホ依存症かな?スマホを手放せない女性のヤバい5つの兆候

5つの兆候についてみてみました。あなたはいくつ当てはまりますか?
2個以上当てはまるならあぶないかもしれません。

スマホ依存症によってどんな影響があるかについては、疲れ目になるなどの自分だけの影響だけでなく、歩きスマホが引き起こす事故や、車の運転中も気になってスマホに触ってしまうことも。大きな事故にならないとも限りません。

スマホ依存症も、また、ほかの中毒のものと一緒で、ストレスなどによるものも原因なのかもしれません。
何かのプレッシャーを感じてスマホに逃げてしまっている場合もあります。スマホ依存症を改善するには、まず、ストレスを解消することが不可欠です。

スマホに「ストレスを解決する方法」などと入力する前に、自分のことを見直してみてください。週末一日スマホの電源を切ることもオススメします。正直、そんな大事な連絡も来なかったりします。毎日そういった生活をしているのにも関わらず、スマホを見てしまう。

着信音がなってないのに見てしまったりと、気になっているひといませんか?電源を切って、その代わりに、自分の好きな本とかを読んで週末や、寝る前を過ごすだけでも。スマホからの情報ではない素敵な知識を吸収できるでしょう。

誰かの「いいね」や、誰かのつぶやきに左右されてしまったりして精神的に病む人も大勢います。そんなときは、スマホから離れることが一番です。

スマホ依存症はいいことは一切ないことがわかりました。できるだけ、調べ物をするにしても、ネットだけに頼らずに人とのコミュニケーションや、書籍からのもののほうが正しい場合が多いです。スマホから離れていい女になりませんか?

1. スマホを忘れてしまったり、スマホの充電がなくなると不安になる。
2. TPOをわきまえずにスマホを触ってしまう。
3. スマホを持ったまま眠っている。
4. 人といるときでもスマホをいじってしまう。
5. フェイスブックなどのSNSに書き込むために、ネタをつくるような行動をしている。

 

あなたはツイてる(^_-)-☆