上司に好かれる部下にならなくても出世できたキャリア女性の特徴

上司に好かれる部下にならなくても出世できたキャリア女性の特徴
社会に出て3年も経てば、出世するためには上司に好かれることが第一条件なんだな、っていうことくらいはキャリア女性のあなたならもう気付いていますよね。 そう、いくらバリバリ仕事ができても上司に嫌われてしまったら昇進は絶望的です。

ただ、例外もあるんです。どう見ても上司に好かれているわけないよなぁ、と思える人なのに、超スピード出世していくキャリア女性が100人1人くらいの割合で存在しています。

そこで今回は、上司に好かれる部下にならなくても出世できたキャリア女性の特徴についてお伝えします。これらの特徴を真似ることができれば、もう上司のご機嫌を取る必要はなくなりますからね。

上司に好かれる部下にならなくても出世できたキャリア女性の特徴

 

とにかく頭がイイ


とにかく頭がイイ
アラサーにもなると、今までいろんな女性上司に出会ってきました。そんないわゆるキャリア女性と言われる人たちの中には、「別に上司に好かれているわけでもないのに…」と思うような人もたくさんいました。

実は私の方が上司に好かれているのにと思うような女性上司もいたんです。でも、彼女はとにかく頭がよかったですね。
頭がいいというのは、東大や京大を出ていて…というものではなくて、頭の回転が速いんです。
一つ聞けば十はわかってしまうような人でした。そういう人は、上司が何を言おうとしているのかが瞬時に理解でき、すぐに行動に起こすことができます。
仕事も当然のことながら、人より早くできますよね。

私は、上司からかわいがられ、好かれる愛されキャラだと自負しているのですが、仕事は早い方ではないし、どんくさいのでよく笑われています。

上司に好かれていなくても、やっぱり頭の回転が速い、頭のいい女性は出世するということなのでしょう。

 

ドライだが冷たくはない


ドライだが冷たくはない
キャリア女性と聞くと、クールなイメージがありますよね。ちょっと孤独で、男性からはあまり好かれていないような感じとでもいいますか。しかし、世間のキャリア女性のイメージは、テレビドラマによって作り上げられているのかもしれません。

私の女性上司は、ドライだが決してクールという感じではなく、その距離感がとても心地よいと感じられるのです。上司からもあまり気に入られているという感じではありませんが、とにかくいい意味でサバサバしています。

私生活のことをいろいろ聞いてきたり、詮索をしたり、おせっかいを焼いたりはしませんが、体調が悪いときに気付かってくれたり、早く帰るように促してくれたりします。

こういう細かい心遣いは、女性ならではという感じがします。できる女性だからこそ気が付くのかもしれません。
細かい部分も上司はちゃんとチェックしているんだなぁということがわかりますね。

 

オンとオフの切り替えをしっかりしている


オンとオフの切り替えをしっかりしている
女性というのは中には私情を職場に持ち込んでしまう人もいますよね。大体そういう人は出世できないのではないでしょうか?

私の会社の女性上司は、オンとオフの切り替えをしっかりしています。仕事のときはわりと厳しく、たまに怖いと感じられることさえあります。しかし、オフとなると友達のようにフレンドリーになってくれるのです。

飲み会に行くと、いつも悩み相談を聞いてくれます。しかし、仕事中はそういう雰囲気を一切出さず、一線を引いているという感じです。
このメリハリが、キャリア女性としてやっていくポイントなのかもしれませんね。

 

笑顔で接し、思いやりがある


笑顔で接し、思いやりがある
キャリア女性というと、それだけでちょっと近寄りがたいイメージがあるものです。そういうときに、ちょっと話しかけただけで笑顔を返してくれたり、思いやりを持って接してくれると安心しますよね。

私の友達の会社の女性上司は、とにかく美しく、聡明で、まさに憧れの人という感じなんだとか。例えるなら、天海祐希さんのようだと言っていました。
男性の上司の中には悪口も言う人もいるようですが、女性からの人気は絶大なんだそうです。
まず、なにかを話しかけたときは必ず笑顔を返してくれるということでした。人は、気分が悪いとき、体調が悪いとき笑顔を作るのが苦痛になりますよね。私自身、生理中とか、ちょっとしたことで不機嫌になってしまいます。
しかし、その女性上司はいつ、どんなときでも完璧な笑顔を返してくれるそうです。

その笑顔はまるで薬のように、心を癒してくれると言っていました。美人の笑顔って何にも勝りますよね。見るだけで癒されるし、ホッとします。それも、温かい笑顔だったらなおさら。

彼女自身、たぶん自分の中で、部下と接するときは笑顔で!というのを決めているのではないでしょうか。なかなか難しくても、それができてこそ出世できるのかもしれませんね。
相手を思いやり、いつも笑顔でいる…周りの上司にとやかく言われても、笑顔を絶やさないのは大切なことですね。

 

 

人当たりがよく、素直な性格


人当たりがよく、素直な性格
笑顔を絶やさないということとちょっと似ているのですが、私の上司に、人当たりがよくて素直な性格のキャリア女性がいました。

キャリア女性というと、強かったり冷たかったりという印象があったのですが、その方ははじめからとてもフレンドリーで、人当たりがよかったです。
私が新入社員のときの教育係をしていた上司だったのですが、とてもかわいらしい女性でした。上司から特別気にいられているという感じではありませんでしたが、新入社員の中では大人気でした。

まず、私たちの緊張をほぐすことを目的としていて、今思えばわざとそういう感じで接してくれていたのかな?という気がしますが、明るく朗らかで楽しい人でした。

さらに、素直な性格で、私たちの中で流行っているものなどを積極的に聞いてきて、とても楽しそうでした。

女性上司には、「若い子の流行は理解できない!」というような、頭から否定する人もいますが、その人は楽しそうに話を聞いてくれていました。
その素直な感じが好感を持てました。

年を取っても若い人に歩み寄る、そして素直な心を持つことが出世する一つのポイントなのかもしれませんね。

 

部下も上司も平等に接する


部下も上司も平等に接する
女性が出世するとなると、どうしても「何とかして上司に好かれなくちゃ」とか「媚を売ってお気に入りにならないと!」なんて思ってしまいますよね。

私も、25歳くらいの頃は出世のために色々と模索していました。
しかし、当時の私の女性上司は、特別上司に好かれたり、媚を売ったりするような人ではありませんでした。
もちろん、上司との付き合いも参加していましたが、部下とも仲が良く、平等な感じだったのです。
上から怒られて下のせいにしたり、下からの文句を上に伝えたりという上司もいる中、そういうことは一切しませんでした。

そういう上司を見てきたので、私は出世に「媚を売ること」は関係ないんだということがわかりました。そればかりか、見え見えのゴマすりは上司からも疎まれるし、部下からも嫌われていいことなしだということも知りました。

もし、その会社できちんと仕事をして出世したいと思ったら、やっぱり上司とも部下とも仲良く接し、平等にするのが一番ですね。

 

仕事に責任感を持つ


仕事に責任感を持つ
どんなに小賢しいことをしても、仕事をきちんとしていなかったら出世することはできません。まずは、きちんと仕事に責任感を持つことが大事ですね。どの女性上司も、きちんと仕事をしていたなぁという印象があります。

今の女性上司は、とにかく職場には誰よりも早く来て、仕事をはじめています。そして、帰るときはサッと帰る。上司が早く帰らなかったら、部下は帰りにくいですからね。仕事をきちんとしないで、無責任に早く帰る男性上司もいる中で、早く来て仕事をはじめ、きちんと仕事を終えて帰るというのはかっこいいですよね。

結局は、媚を売ったり、うまく取り入ったりするお調子者よりも、仕事をきちんとする人が出世するということのようです。

 

今日のまとめ

上司に好かれる部下にならなくても出世できたキャリア女性の特徴

いかがでしたか。アラサーになると、そろそろ出世したいと思うようになりますよね。

そんなときは、自分の周りの女性上司がどんな人なのか、どんなふうに部下や上司と接しているのかというのをきちんと観察してみましょう。

案外、上司に好かれていなくても出世している女性上司もいるものですよ。

・ とにかく頭がイイ
・ ドライだが冷たくはない
・ オンとオフの切り替えをしっかりしている
・ 笑顔で接し、思いやりがある
・ 人当たりがよく、素直な性格
・ 部下も上司も平等に接する
・ 仕事に責任感を持つ

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆