吃音を克服したい!職場で「どもり」を改善する5つの方法

吃音を克服したい!職場で「どもり」を改善する5つの方法
吃音があると声を出すのが怖くて、他人とのコミュニケーションも取りづらくなってしまいます。心を閉ざしがちになってしまう人も少なくないです。しかし、吃音の悩みを抱えながらも、吃音を克服しようと日々仕事に励んでいる女性もたくさんいます。

女性は特に、「円滑なコミュニケーション」をスキルとして求められる場合が多く、無口や暗いなどの印象がついてしまうと、なかなか上司に評価されなくなってしまうことも・・・理解のある上司であればいいですが、吃音の悩みというのは、実際に持っている人以外はそこまで深刻には考えていません。だからこそ、心無い言葉に傷つく女性も多いのです。

では、いったいどのようにして吃音を克服すればよいのでしょうか?

吃音を克服したい!職場で「どもり」を改善する5つの方法

 

ゆっくりと話す習慣をつける


ゆっくりと話す習慣をつける
吃音の人に、吃音じゃない人が1番にするアドバイスはこれです。
「ゆっくり話せばいいんじゃない?」と言われたことがある人も少なくないのではないでしょうか?
しかし、吃音に悩んでいる女性は、「そんなに簡単なことじゃない」と思ってしまいますよね。

確かに、ゆっくり話すことで吃音がすぐに治るわけではありません。そこまで単純なメカニズムではないのです。しかし、吃音の人は早口傾向にあることもまた事実で、言葉が出てこない上に早口で話されると、聞きとる側も聞きとりづらく、コミュニケーションが難しくなってしまう・・という場合も。

ゆっくり話すというのは、決して無駄なことではありません。吃音が出ている時ほど、ゆっくり話すように心がけましょう。また、吃音が出やすい(苦手な)言葉ほど、避けたりする人が多いですが、言い換えたりほかの言葉を探したりするよりも、ゆっくりでも苦手な言葉を発していく方が、吃音の克服には効果的!

「聞き返されるのが怖い」と思っている人は、とにかくゆっくり話すことを意識してください。自分が話しているのを録音してみるのもいいですよ!

自分ではゆっくり過ぎると思っていても、客観的に聞いてみるとそうでもないことも多いんです。

 

変なクセを治す


変なクセを治す
吃音を隠すためや、言葉が出てこない時に決まった動作をする人がいます。腕を動かしたり、脚をたたいたり・・・その動作は人によって様々ですが、こういったクセや意味のないジェスチャーは、吃音を悪化させる原因になってしまうことも・・・

顔の筋肉がこわばってしまう人もいて、そのクセを分析するのは難しいですが、クセ自体を直していくことが吃音の克服につながります。

鏡を見ながら話をしてみて、いつもと違う筋肉が動いていないかを分析し、自分のクセを直すようにしましょう。仲のいい友達などに指摘してもらうのもありですね。

 

会話の流れを意識しましょう


会話の流れを意識しましょう
吃音に悩んでいる人の会話には特徴があります。それは、単調な会話をしている人が多いということ。流暢に抑揚を付けて話しているのに、ひどい吃音に悩んでいる・・という人は少ないんですね。つまり、単調な会話ではなく、抑揚をつけてリズムを大事にしながら話すことが重要ということです。

会話の流れを意識して、流れるように話すことができれば、自然と言葉が出てきやすくなる場合も多いですね。

また、会話をすることに不安を感じていると、精神的ストレスから吃音が悪化してしまう場合もありますので、会話を楽しむ意識も必要。話し相手とはきちんとアイコンタクトをとって、「会話をしている」という意識を持ちましょう。

うつむいたり、目を泳がせながら話すと、相手にこちらの誠意が伝わらない場合もあるんです。

 

 

腹式呼吸を意識する


腹式呼吸を意識する
吃音に悩んでいる人の中には、お腹に力が入らないことが原因になっている人も少なくありません。

ゆっくり話してもどもる人は、お腹に力が入っていないことが原因と考えられます。息を吸ってお腹に力を入れるという、普通は無意識でやる動作ができていないと、言葉は出てこないんです。

「口で話すのではなく、腹で話す」という教えもあるほど、お腹に力を入れるという動作は重要なんですね。普段から腹式呼吸を意識して、息を吐く時に自然とお腹に力が入るように気を付けてみましょう。少しずつ無意識で腹式呼吸ができるようになっていきます。

 

根気よく長期にわたって改善の努力をしましょう


根気よく長期にわたって改善の努力をしましょう
吃音というのは、今日明日で克服できるような簡単なことではありません。日々の積み重ねが重要なんです。たくさん会話をして、その中で練習を重ねることが重要なので、会話を避ける生活もおすすめできません。

会社の人や友達など、周囲の人にはなるべくオープンにし、吃音だということを隠さないようにしましょう。理解してくれる人に協力を得ることもできるかもしれません。

何度も何度も練習を重ねることで、吃音の症状は確実に軽くなっていきます。

今の吃音の程度はどのくらいなのか、コミュニケーションを円滑にはかるにはどうすればいいのかを考え、吃音に向き合うことが重要ですね。

 

今日のまとめ

吃音を克服したい!職場で「どもり」を改善する5つの方法

いかがでしたか?吃音とうまく付き合うことができず、悩んでいる女性にとってはものすごく深刻な悩みですよね。

周囲にわかってもらえないことが、より悩みを深刻化させる場合も・・・これらの方法を実践し、必要であれば専門家を頼ることで、吃音の症状を軽くすることは可能です。

諦めずに訓練すれば、会話も楽しくなるはずですよ!

・ ゆっくりと話す習慣をつける
・ 変なクセを治す
・ 会話の流れを意識しましょう
・ 腹式呼吸を意識する
・ 根気よく長期にわたって改善の努力をしましょう

 

あなたはツイてる(^_-)-☆