会社をずる休みした!嘘をついた罪悪感を手放す方法

会社をずる休みした!嘘をついた罪悪感を手放す方法
体調不良で休みます!ホントは仕事する気になれない、なんとなく気分が乗らないから・・・・そんな理由で会社を休みたい時ってありますよね? いわゆるずる休みです。

有給休暇を利用して何が悪い?というのは正論だけど、なんとなく自己嫌悪になる。会社へ連絡して、上司に休む理由を伝えなきゃ・・・どうやって言い訳しようかな?

「会社をずる休み」してしまったときの罪悪感はいったいどのようにして解消していけばいいの?

会社をずる休みした!嘘をついた罪悪感を手放す方法

 

誰かに話してしまいましょう。「会社をずる休みした…。」ことを


誰かに話してしまいましょう。「会社をずる休みした...。」ことを
一番のスッキリ方法は、恋人や友達に話してしまう事です。

「会社をずる休みすること決定。今日は休もう!」と、会社に連絡してから2度寝してはみたものの…。目が覚めたら、罪悪感が。という状態。ただゴロゴロしていても、罪悪感が募るばかり。

そんな時は、思い切って恋人や友達に連絡してみましょう。

人は、誰かに話す事で気持ちを共有することができます。特に女性に至っては、人に話す事がストレス発散になると言われています。

罪悪感も同じです。罪悪感は人間の感じる感情の中でも特にネガティブな感情だと言われています。ネガティブな感情は、自分が思った以上に心にストレスを与えています。

それなら、いっその事、恋人や友達に話して罪の意識を拭い去りましょう。日々忙しく働いているご褒美として「会社をずる休み」したんです。たまには誰にも邪魔されずに充実した休日を過ごしたっていいじゃないですか。気にしない気にしない。

 

嘘から出た実!?


嘘から出た実!?
「会社をずる休み」をする時、会社に連絡を入れますが大抵の人は、体調の悪さを理由にするのではないでしょうか?

なんとなく体調が悪いなという状態でも、会社には「起き上がれないほど体調が悪い」くらい大げさに報告しますよね。しかし、そんな嘘をついてしまった事で、とても強い罪悪感を抱いてしまう事でしょう。

そんな時は、本当に病院に行ってみるのはいかがでしょうか?

普段、忙しく働いている女性は、なかなか身体をいたわる余裕がありません。せっかくのチャンスだと思い健康診断のつもりで病院を受診するのも有りだと思いませんか?

毎日、忙しく働いているのですから、何かしらの診断はしてもらえるでしょうし、薬や栄養剤などを処方してもらう事もできます。

病院に行って診断してお薬までもらったら、あなたは病人。もう「ずる休み」ではなくなりますよね?

せっかく会社をずる休みしたんです。病院に行って身体をリフレッシュさせて、リセットしましょうよ。

 

日記などに書き記す。


日記などに書き記す。
「王様の耳はロバの耳!」と言いたいけど言えない…。そんな童話がありましたね。自分だけの秘密にしておく事は、案外心苦しいものですね。

だからと言って、童話のように穴を掘って叫ぶわけにはいきません。ですから、そんな時は日記などに気持ちを書き記してみるのはどうでしょうか?

何かしらの動作をする事は、とても良い事です。自分の気持ちを書く事で罪悪感を払拭することができます。

「会社をずる休み」した時、なんとなく外出しづらいものですよね?

だからと言って、家でじっとしているのもストレスになります。ですから、あなたの気持ちを自由に書いてみましょう。そうする事で、罪悪感から解放されるはずです。

 

 

達成感で罪悪感を吹き飛ばす。


達成感で罪悪感を吹き飛ばす。
毎日忙しい女性にとって、細かい片付けや買い物など、普段はなかなかできないという事がたくさんあるのではないでしょうか?ゴロゴロしているだけでは、罪悪感は募るばかりです。例えば、タンスやクローゼットの整理。エアコンや換気扇の掃除など。

やらなければいけない事だけど、時間がなくてそこまで手が回らないという事をやってみるのも良いのではないでしょうか?

家の中を掃除してキレイになったら、きっと達成感を感じることでしょう。

また、作業をしている時は夢中になっていて、罪悪感はどこかに行ってしまっているのではないでしょうか?達成感を得るということは、ストレス発散にもなります。

このように「会社をずる休み」したことを有意義に使ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

ありのままを受け入れる。


ありのままを受け入れる。
究極は、これしかないでしょう。いわゆる“開き直り”。「体がダルくて、仕事に行けなかった」「人間関係が煩わしく感じた」「とにかく眠くて、起きられなかった」など、ずる休みの理由は様々でしょう。

しかしそれはそれで、「自分的には、正当な理由だった」という事です。自己嫌悪に陥るかもしれませんが、それを深く悩んでしまうと心が疲れてしまいますよね。「今日の自分の判断は正しかった」と言い聞かせてみましょう。

“脳”というのは、意外に単純ですので、それをインプットしてくれます。

要は、無断欠勤やずる休みが続くような事を避ければいいのです。人間誰しも万能ではありません。時には仕事に行きたくない事もあるでしょう。

そういう風に開き直ってしまうと、罪悪感から解放されるはずです。

翌日出社した時に、「昨日は、すみませんでした」と上司や同僚に声をかけておきましょう。あなたが思うほど、周りは何とも思ってないはずです。

 

■まとめ■

会社をずる休みした!嘘をついた罪悪感を手放す方法

いかがでしたか。「会社をずる休み」してしまうという事は、自分でも気づかないところで心身が疲れているのかもしれませんね。

罪悪感を全く持たないというのもどうかとは思いますが、罪悪感を引きずってしまうと、必ずストレスになります。

そうすると、ふさぎ込んでしまったり、余計会社に行きたくないという気持ちになったりします。もちろん「会社をずる休み」しないことに越したことはありませんが・・・そのことで罪悪感を引きずらない為にも、以上の事を参考にしてみるのもよいのではないでしょうか。

・ 誰かに話してしまいましょう。「会社をずる休みした…。」ことを
・ 嘘から出た実!?
・ 日記などに書き記す。
・ 達成感で罪悪感を吹き飛ばす。
・ ありのままを受け入れる。

 

あなたはツイてる(^_-)-☆