話題のスーパーフード!ブロッコリースプラウトの効果5つ

話題のスーパーフード!ブロッコリースプラウトの効果5つ
ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトは最近スーパーフードとして話題になっています。ブロッコリースプラウトに含まれる“スルフォラファン”という成分にはさまざまな作用があり、花粉症の症状緩和やデトックス効果なども確認されているのだとか。

今回は、そんなブロッコリースプラウトについて詳しくお伝えします。

話題のスーパーフード!ブロッコリースプラウトの効果5つ

 

解毒(デトックス)効果がスゴイ!


スルフォラファン
ブロッコリースプラウトは、今注目の食材として注目されていますね。健康オタクの人なら、一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ブロッコリースプラウトがスーパーフードと言われる訳は、含まれている成分にあります。特に有名なのが、「スルフォラファン」と言われる成分です。

この成分は、ファイトケミカルの一種でブロッコリーにも少量含まれています。食べたときに、ピリッとする辛みの元となる成分のことです。

ファイトケミカルとは、野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなど、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質のことです。

化学物質と聞くとちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが、抗酸化力や免疫力のアップなど、人々の健康維持、改善に役立つのではないかと期待されていて、今研究が進んでいるということです。

ブロッコリーを食べるときはゆでたり、蒸したりするのでその辛味を感じられないかもしれませんが、ブロッコリースプラウトを食べたことがある人なら辛味を感じたことがあるのではないでしょうか?

その辛味こそが、スルフォラファンの正体なのです。

スルフォラファンを摂取すると、各細胞において身体を防御する酵素の生成が促されるということです。その酵素には、体内の活性酸素の除去、有害物質を無毒化し、体外に排出するなどの働きをしてくれます。

そもそもスプラウトとは何なのか?というと、発芽直後の植物の新芽のことで、日本ではかいわれ大根が有名ですね。もやしも、スプラウトの一種なんだそうです。

ブロッコリースプラウトの歴史は浅く、1997年に米国のがん予防医学の権威が開発したということです。

そんなブロッコリースプラウトには、健康にとてもいい効果があります。

一つ目は、デトックス作用。
もともと身体には、有害物質を解毒する酵素が存在しています。しかし、喫煙を頻繁にする人や、大量に毎日お酒を飲む人などはその解毒作用が間に合わない場合があるんですね。

そんなときに、ブロッコリースプラウトを食べると、スルフォラファンのおかげで解毒酵素の働きが活性化され、デトックス効果が高まるのです。

 

ブロッコリースプラウトで、ダイエット成功者続出中!?


ダイエット
ブロッコリースプラウトでダイエットというのは有名な話です。先日、テレビでお笑いコンビ北陽の虻川さんが、ブロッコリースプラウトを使ったダイエットに成功しているのを見ました。

ブロッコリースプラウトが、なぜダイエットにいいか?というと、それは、スルフォラファンが糖分と脂肪を分解してくれるからです。

動物実験によって、高脂肪食を摂取したときの内臓脂肪蓄積が抑制されることが明らかになっています。

ちょっとカロリーの高いものを食べてしまったな~というときに、ブロッコリースプラウトを食べるとチャラになってしまうかも?ということなんですね。

ダイエットをしていても、ちょっと付き合いで食べなくちゃいけないときもありますよね。どうしてもスイーツが食べたい、飲んだあとのラーメンが食べたい…そんなときに、ブロッコリースプラウトを一緒に食べるようにしてみてください。

 

毎年ツライ…花粉症の症状を緩和してくれる


花粉症
この時期になると悩みの種になる「花粉症」。日本人の5~6人に1人は花粉症だと言われている昨今、花粉症に効く食材は色々と紹介されていますね。

ヨーグルトや玉ねぎ、トマト、にんにくなど…調べると次々と食材が出てきます。どれを食べたらいいのか?悩みますが、毎日食べられないような食材もありますよね。

ブロッコリースプラウトに含まれる、スルフォラファンには、スギ花粉による花粉症の症状を抑制する効果があるということなんです。
ほかの花粉に効果があるかどうかはわかりませんが、スギ花粉でお悩みの方には朗報ですね。
スギ花粉に悩まされている方は結構いるので、ぜひブロッコリースプラウトを普段の食事に取り入れてみてくださいね。

ブロッコリースプラウトには、炎症を引き起こす細胞や抗体の過剰生産を抑制してくれる作用があり、アレルギー反応を抑えるのです。つまり、花粉症だけでなく、アレルギー全般に効果があるかもしれないのです。

アレルギー症状でお悩みの方やあまり薬を飲みたくないという軽度のアレルギーの方にオススメです。

 

 

ちょっと気になる、ピロリ菌を除菌してくれる


ピロリ菌
ピロリ菌とは日本人の2人に1人は保菌していると言われていて、持っている人は、将来胃がんや胃炎を引き起こしやすいということなんです。

かわいらしい名前ですが、ちょっと怖い菌なんですね。自分が、ピロリ菌の保菌者かどうかは病院でチェックすることができます。病院でピロリ菌が見つかったら、ピロリ菌を除菌する薬が処方され、それを飲み続けることでピロリ菌がいなくなるようです。

しかし、薬を飲むのはちょっと不安という人もいますよね。実は、ブロッコリースプラウトを1日70グラム、8週間摂食したところ、ピロリ菌が8分の1に減少したという研究発表があるそうです。

薬を飲まないでピロリ菌を減らしたい…。

ピロリ菌があるかどうか調べていないけど、ちょっと怖いので除菌したいな~と考えている人にもオススメです。

 

ついつい飲み過ぎても大丈夫?悪酔い防止効果


二日酔い
毎日お酒を飲むのが楽しみ、というアラサー女子のあなた…。身体が気になりますよね。

そんなお酒好きの人にも、ブロッコリースプラウトは効果を発揮してくれます。お酒が好きで、とっても強くて、二日酔いなんかならないという人にはあまり意味がないかもしれませんが、最近悪酔いしてしまうという人は積極的にブロッコリースプラウトを食べましょう。

ブロッコリースプラウトは、アルコールの代謝物で悪酔いの原因になる物質、アセトアルデヒドの代謝を促進してくれるのです。

これは、スルフォラファンの肝臓の機能を向上させてくれることによるものです。肝臓は、解毒には欠かせない臓器ですね。しかし、肝臓は無言の臓器とも言われていて、本当に悪くなるまで症状が出ないことが多いのだとか。まだ若いから気にしないなんて言わないで、お酒を飲むならそれなりの対処が必要なんです。

肝臓にいい食材は色々ありますよね。ウコンなども、お酒を飲む前に摂取するといいなんて言われていますが、実は根拠はないようなのです。

根拠がないものを摂るよりも、やはり結果がきちんと出ている食材を摂ったほうがいいですよね。

お酒を飲みすぎてしまった日は、その夜、ちょっとブロッコリースプラウトを食べるようにしましょう。面倒かな?と思いますが、習慣にしてしまえば楽ですよ。

 

今日のまとめ

話題のスーパーフード!ブロッコリースプラウトの効果5つ

いかがでしたか。ブロッコリースプラウトが身体にいいということはわかっていただけましたか?では、どれくらい食べたら効果があるのか?というと、一週間に一パック以上です。

なんと、ブロッコリースプラウトの効果は3日間持続すると言われています。つまり、3日に一回食べればいいということです。とっても手軽ですよね。

食べ方は、できるだけ生食してください。なぜ、生食か?というと、ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンは熱に強いのですが、ミロシナーゼという酵素が熱にとても弱いからなのです。

ちょっと辛味はありますが、慣れてくると気にならなくなりますよ。お味噌汁を盛り付けた上に乗せたり、そのままドレッシングをかけて食べたり、カサがないのでたくさん食べることができるのでいいですよね。

3日に一回のペースで食べて、一週間に一パックなので楽だし、コスト的にも安く済みます。

ぜひ、あなたもダイエットに、花粉症対策に、ブロッコリースプラウトを取り入れてみてくださいね。

・ ブロッコリースプラウトを食べると、スルフォラファンのおかげで解毒酵素の働きが活性化され、デトックス効果が高まります。

・ ブロッコリースプラウトにはダイエット効果がスゴい!スルフォラファンが糖分と脂肪を分解してくれるからね。

・ 毎年ツライ…花粉症の症状を緩和してくれる!スルフォラファンには、スギ花粉による花粉症の症状を抑制する効果があります。

・ ブロッコリースプラウトを食べるとピロリ菌を除菌してくれる。

・ 飲み過ぎても大丈夫!?ブロッコリースプラウトは、悪酔いの原因になる物質、アセトアルデヒドの代謝を促進してくれるから。

 

あなたはツイてる(^_-)-☆