口にすると仕事の悩みや不安が減って前向きになれる「言葉」

口にすると仕事の悩みや不安が減って前向きになれる「言葉」
あなたは自分の話し方に自信がありますか?上司や後輩に言いたいことがうまく伝わっていなくてイライラしてしまったり、何気なく発した言葉をネガティブに受け止められてしまって悩んだリ、そんなつもりはないのに愚痴っぽくなってしまったり…そんな経験ありませんか?

そこで今回は、上司や後輩に的確に言いたいことを伝えることができ、なおかつ、周囲からの印象もぐっと良くする言葉のポイントをお伝えします。周囲とのコミュニケーションを円滑に行うことができれば事もうまくいき、前向きな気持ちになれますよ。

口にすると仕事の悩みや不安が減って前向きになれる「言葉」

 

まずは相手の話をしっかり聞く


まずは相手の話をしっかり聞く
話を聞くということはとても重要なことです。適当なあいづちだけで、うわの空で聞いていたり、相手の話の腰を折っていたりしませんか?

うわの空で聞いていることは、実は自分では気が付きにくく、ちゃんと聞いているつもりになってしまうことも多いです。ですが相手は、あなたが聞いていないことは見抜いています。

心の中で評価を下げられたり、根に持たれたり、信頼をなくすことだってあるのです。

ですから、話を聞く際には、相手を良く見て相槌を打ち、「あなたの話を聞いていますよ」と、相手に対してアピールすることが必要です。

相手に気持ち良く話をさせ、その言葉をしっかり受け止めることを心がけましょう。

そうすることで、相手には、話を聞いてもらった満足感とあなたへの信頼感が生まれます。

また、相手をよく見ることで、相手の反応や、目線、表情の変化などに注意を払うことができ、相手の理解度や反応を素早く読み取れるようになります。

上手に聞く自身が無い人は、まずは相手をよく見て、相手の言葉を遮らないということを心がけるとよいでしょう。

 

語尾に気を付ける


語尾に気を付ける
文章の終わりを「だと思うのですが…」「ではないかと…」と、濁す言い方をしていませんか?

自分の意見に自信がなく不安な時や、断定を避けたい時などに、こうした表現をする人が多いですが、述語を省略すると、結局何が言いたいのかわからなくなってしまいます。

癖になっている人も多いでしょうが、意識して「…です」「…ます」「…だと思います」と断定の表現を使うように心がけていきましょう。

そうすることで、話の要点が明確になり相手に的確に伝わるようになるだけでなく、相手にもハキハキとした好印象を与えることができます。

断定してしまうことでキツイ言い方になってしまうのでは?と不安な人は、ゆっくり穏やかな口調で話す、重要なところだけ断定形にするといった工夫をすると良いでしょう。

また、「○○がぁー」「△△でぇー」「××じゃないですかぁー」と語尾を伸ばす話し方は、子供っぽい甘えた印象を与えますので、ビジネスの場では使わないように気を付けましょう。

 

肯定の言葉を使う


肯定の言葉を使う
話始めに「でも」「だって」「ですが」「しかし」などの否定的なの言葉を使っていませんか?
誰だって自分の意見を否定されるのは嫌なものです。

否定の言葉で話し始めると、相手が不快感を持ったり、ロクに聞いてくれない可能性もあります。

こうした否定の言葉が口癖になると、その内容に関わらず、常に口答えをするような言い方になってしまい、人間関係も悪化します。自分自身のことも「だって…」「でも…」とネガティブにしか考えられなく、悩みのループになってしまいます。

相手の意見に反対の場合でも、「そうですね」「なるほど」といった肯定の言葉で話を始め、その後に自分の意見を述べることで、同じ趣旨のことを話しても好感度はぐっと上がります。

また、意識的に肯定の言葉を使うように心がけていると、相手への印象が良くなるだけでなく、あなた自身も色々なことを前向きにとらえられるようになりますよ。

 

 

依頼は疑問形で


依頼は疑問形で
誰かに頼みごとをしなくてはならない時、「○○してください」と命令形で言ってしまうと、相手の状況を考慮しない、高圧的な印象を与えることがあります。

「○○していただけませんか?」と、疑問形に変えることで、相手の都合に合わせる柔らかい言い方になります。

上司や先輩相手ならば、「恐れ入りますが」「お忙しいところ申し訳ございません」と言葉を頭に着けるだけで、より丁寧な言い方になります。

後輩や同僚にも「忙しいところ悪いんだけど」という言葉を付けると、高圧的にならず、相手も気持ちよく引き受けてくれるでしょう。

 

「忙しい」と言わない


「忙しい」と言わない
「忙しい」を連呼していると、周囲の人はあなたに話しかけるのをためらってしまい、本当に必要なことまでも伝わらなくなったり、孤立してしまう可能性もあります。

たとえ本当に忙しくても、「忙しい」を連発しないようにしたいものです。「忙しい」と発するたびに、周囲の人はあなたから離れ、会話する機会が失われます。

周囲とのコミュニケーションは重要です。特に後輩や部下がいる立場ならば、そうしたコミュニケーションは自分から取っていかなくてはいけません。

時間がなくても、すれ違いざまの立ち話でも会話はできます。わずかな時間でも、ほんの少しでも会話をすることが、職場の人間関係を良好に保つ鍵です。

 

今日のまとめ

口にすると仕事の悩みや不安が減って前向きになれる「言葉」

いかがでしたか。自分では気づきにくい話し方のくせ、自分の話し方を振り返って、直すべき癖が無いか考えてみましょう。今回ご紹介したポイントを、明日からの仕事に役立ててくださいね。

−前向きになれる「話し方」−
1.まずは相手の話をしっかり聞く
2.語尾に気を付ける
3.肯定の言葉を使う
4.依頼は疑問形で
5.「忙しい」と言わない