デキる女は流している?!使えない上司が質問で使う言葉

デキる女は流している?!使えない上司が質問で使う言葉
使えない上司の質問は、一見相手のことを理解しているようで全く的を得ていない・・・会話のキャッチボールができないと悩んでいるアラサーも多いのではないでしょうか?

それって、全く仕事になりませんよね・・・でも、デキる女は違いますよ。使えない上司の馬鹿げた質問もうまく返しているんです。

今回は使えない上司が使う質問をまとめてみましたので、職場でじっくりと観察してみてくださいね。上司のことを冷静に分析できれば、きっと仕事が楽しくなるはずです。

デキる女は流している?!使えない上司が質問で使う言葉

 

「君は何がしたいんだ?」


「君は何がしたいんだ?」
これ、使えない上司が部下に投げかける代表的な質問のようです。

「何がしたいって・・指示に従って動いているんですけど。」と思う女性も多いですよね。本当にその通りで、基本的に企業で働いていたら、上司の指示にしたがって動いている社員がほとんどです。にもかかわらず、こんな疑問を投げかけてくるデキない上司が多いんだとか。

自分と違う思考を理解しようとしない上司に多く、年配の男性上司に多いかもしれませんね。

 

「○○が得意なのかい?」


「○○が得意なのかい?」
使えない上司が部下を褒めようとして使う言葉です。
褒めようとしてくれるその姿勢はうれしいけれど・・その○○が、的を得ていないんですよね。

例えばパソコンの操作をちょっと教えただけで「君はパソコンが得意なのかい?」と言われても・・・内心、「これくらい誰でもできますよ・・」って思ってしまうかも。

パソコン世代の上司でない場合は、言われることも多いかもしれませんね。少し謙遜して「そんなことないですよ~」とニコニコしておくと、上司も悪い気はしません。

 

「なんですぐに答えられないんだ」


「なんですぐに答えられないんだ」
こちらがいつ質問しても、基本的に後回しにするくせに、こちらが上司の質問に答えられないと、上記の言葉。これ、使えない上司の典型です。

うまい女性は「すみません」と謝っておくか、上司のしそうな質問をあらかじめ確認しておくのが上手ですね。

長い期間上司との付き合いがあると、なんとなくわかるようになってきますので、普段の上司を観察することが重要です。


モヤモヤ職場 「ウザい上司」と「シケた部下」をスッキリさせるために

 

「何か質問はある?」


「何か質問はある?」
これ、一見とても優しくて部下思いの上司だと思いませんか?確かに、質問はある?と聞いてくれると、部下からも質問しやすいです。

また、「いつでも質問してきていいからね」という上司も、良い上司に見えがちですね。しかし、それは間違っているかもしれません。

良い上司なら、そんなことわざわざ言わなくても質問しやすい空気を作ってくれているもの。

上司なりに「良い上司になろうとする努力」なのかもしれませんが・・・要注意です。そういわれたことを鵜呑みにして質問をすると、「今は忙しい」とはねられることも・・・様子を見ながら空気を読むのが正解です。

 

 

「先方の○○さんに確認してくれる?」


「何か質問はある?」
取引先と上司との間に部下をはさむ上司は、後々トラブルになった時に責任を押し付けられる可能性大です。

たとえば、それが部下を育てようとしている質問ならいいですが・・無意識に責任転嫁するための逃げ道に部下を使っている上司もいるようですね。

また、取引先の返答を上司に伝えたら、ダメ出しばっかり返してくるような上司もデキない上司の可能性大・・・間に挟まれた上に、文句ばかり言われるのでは、部下としてもやってられません。

確認の意図まできっちり理解したうえで、先方に連絡することが重要です。こればっかりは経験を積む以外に方法がないので、何度もトライしてみるのもいいですね。

 

「彼氏はいるの?」など、仕事に関係のない質問


「彼氏はいるの?」など、仕事に関係のない質問
特にこれらを仕事中にしてくる上司は、確実にデキない上司です。まだ慣れない新人のうちはまだしも、そうではないアラサー女性の場合、プライベートを重んじてくれる上司が、本当にデキる上司。

プライベートにズカズカ入り込んでくるような上司は、上司としてだけでなく男性としてあり得ません。

どちらかというと、若い年齢の男性に多く、30~40代の独身男性上司がこういった質問を使う場合は要注意です。

恋愛対象にしようとでも思っているのかもしれません。社内恋愛も増えていますから、会社で出会いを探しているのは、上司も同じなのかもしれませんね。

 

「君も会社を辞めたくはないだろう?」


「君も会社を辞めたくはないだろう?」
こんな質問をする上司は最悪です。仕事ができないどころか、パワハラで話題になっているはず。今でもそんな質問してる上司がいるの?と思ってしまいますが、50~60代の年配男性には多いようです。

まだまだ男尊女卑な考え方があるため、平等に評価してもらえないとか、雑用ばかり押し付けられるとか、女性の使い方があまりにひどい場合も。

会社によってはそういった年配上司が幅を利かせている場合がありますので、女性は働きにくいかもしれませんね。

本当に仕事のデキる女性は、そんなパワハラも受け流して、女の武器を使ってアピールしている場合も。
とはいえ、愛人になるわけではありません。

女性にしかできない繊細な仕事や、女性にしか気付かないような意見を積極的に出すということです。

女だからって諦めないのも、デキる女性の特徴ですね。

<他人力>を使えない上司はいらない! (PHP新書)

 

今日のまとめ

デキる女は流している?!使えない上司が質問で使う言葉

いかがでしたか。使えない上司って、部下からすると本当に迷惑なんですよね。仕事はできないのに、上司だから気を遣わないといけない・・・仕事の効率も下がります。

でも、デキる女性はそれらを観察して、自分を成長させるきっかけに利用している場合も・・!逆境こそチャンスと考える女性の方が、大きく出世したりするものですよ。

ぜひこれらを意識して自分の上司を分析してみてくださいね。

・ 「君は何がしたいんだ?」
・ 「○○が得意なのかい?」
・ 「なんですぐに答えられないんだ」
・ 「何か質問はある?」
・ 「先方の○○さんに確認してくれる?」
・ 「彼氏はいるの?」など、仕事に関係のない質問
・ 「君も会社を辞めたくはないだろう?」

 

あなたはツイてる(^_-)-☆