逆効果になるスキンケア!お肌のお手入れ間違っていませんか?

逆効果になるスキンケア!お肌のお手入れ間違っていませんか?
そのスキンケア、なんだかうさん臭いよね。そんな方法で本当に綺麗になれるの?と不思議に思ってしまう女性もいることでしょう。

巷には「えっ、ほんとに?」と思ってしまうようなうさん臭いスキンケアや美容法が数多く出回っていますよね。きちんと見極めてスキンケアをしていかないと全く効果は得られず、良かれと思って施したスキンケアが逆効果になってしまいます。

そこで今回は、間違ったスキンケアや効果の得られない美容法についてまとめてみましたので、あなたのスキンケアが大丈夫かどうか今一度チェックしてみましょう。

逆効果になるスキンケア!お肌のお手入れ間違っていませんか?

 

長すぎるパックはたるみのもと


長すぎるパックはたるみのもと
スキンケアの一環として、パックをしている女性は多いと思います。週に何度かのスペシャルケアとして、取り入れやすいスキンケアですよね。

しかし、どんなパックでも間違った使い方をしてしまってはいけません。

市販のシートパックは長くても15~20分程度の時間顔に乗せて放置します。これを自己判断で30分にするなど、長くしてしまってはNG!シートに含まれている保湿成分が乾燥してしまい、はがす時に皮脂も一緒にはがれてしまうことも・・・怖すぎますよね。シートパックだけでは決して美しくはなれません。

長時間肌に乗せておきたいなら、パックよりも少し高価な美容液を使ってみるのもいいですね!使用時間の目安をきちんと守れないなら、美容液の方が効果的です。自分の肌の状態や、使い方なども考慮してから化粧品を選びましょう。

 

マッサージ、やりすぎてない?


マッサージ、やりすぎてない?
リフトアップや血行促進のために、マッサージをしている女性も多いはず。血流を良くするだけでなく、ツボを刺激したり、たるみを改善したりするのに効果的なマッサージですが、こちらもやりすぎは厳禁。

正しい回数は10回のところを、自己判断で20回に増やしたり・・・優しくなでるだけでいいところを、強く押してみたり・・・どんなマッサージもやりすぎはNGです。

顔のマッサージでいうと、強くしすぎや回数の増やしすぎによって肌への負担が増えて、刺激が強すぎます。肌をキレイにするどころか、肌荒れの原因になったり、ニキビが増えたりすることもあるんですよ。

摩擦も立派な肌ストレスの一つです。お肌のケアはなるべく優しく、肌に負担がかからないように注意しましょう。

また、マッサージの一種として、美容ローラーなども売っています。リファカラットなどの人気商品は、持っている女性も多いですよね。美容ローラーなんてうさん臭いと思った女性も多いかもしれませんが、一概にそうとも言えません。

肌への負担を最小限に抑えるために、下から上へ、内から外へ使うというルールをきちんと守って使用すれば、狙い通りの効果が得られるはずですよ。

 

皮膚科で治療したほうが良い場合も・・・


皮膚科で治療したほうが良い場合も・・・
肌荒れやニキビなどの肌トラブルって、「自分で何とかできる」と思っている女性がほとんどだと思います。

肌荒れに効くビタミン薬とか、ニキビにはこの化粧品を!とか・・正直うさん臭いって思いながら使っていませんか?

それってとっても危険なことなんです。実際に肌につける化粧品や、口から摂取するものなのに、「うさん臭い」と思いながら使うのって不安ですよね。

ニキビや肌荒れがひどくなる度に薬を使って良くなるものの、少しするとまた同じことの繰り返し・・・そんな状態が続いている女性もたくさんいるはず。それは、「うさん臭い」という直感通り、その使っている薬が根本的な原因を取り除くものではないからです。

原因の特定ができていない状況なのに、対処療法で薬を使うのはおすすめできません。そんな何度も繰り返す肌荒れやニキビは、皮膚科できちんと診てもらうのがいいですね。

また、ニキビ跡のぼこぼこした肌を治そうとして、ピーリングをする女性も増えていますが、「自宅で簡単にできる!」なんて謳い文句の商品はまさにうさん臭いので、病院できちんと治療しましょう。

 

 

小鼻の角栓、ムリヤリとっちゃダメ!


小鼻の角栓、ムリヤリとっちゃダメ!
鼻の周りの角栓のケアをしている女性は多いと思いますが、鼻に貼って角栓を抜きとるあのシート・・・実にうさん臭いですよね。その直感、大正解です。

確かに角栓はたくさん取れるかもしれませんが、毛穴が広がってしまうので、美肌には逆効果・・スキンケアとしては全く良い方法とは言えません。

また、爪やピンセットなどでムリヤリ角栓を取り除くのもNGです。毛穴の周りの皮膚が傷ついて炎症を起こしてしまうこともあります。

肌はとにかく強い刺激に弱いものです。優しく丁寧にセルフケアしなくてはいけませんね。

それから、必ず保湿はきちんと行いましょう。保湿を怠ると、乾燥が進んで肌が硬くなり、角栓が取れにくくなってしまいます。保湿ケアは一番重要なセルフケアですから、うさん臭い美容法に踊らされてしまうことのないように、きちんとしたスキンケアをしていきましょう。

 

ダイエット方法は自分に合った方法を選んで!


ダイエット方法は自分に合った方法を選んで!
ダイエット方法こそ、巷ではいろんな方法が蔓延していて、何が本当で何が嘘なのかわからない・・という女性も多いはずです。新しいダイエット方法が話題になる度に、「え、うさん臭い・・」と思った女性もいることでしょう。

でも、ダイエット方法を選ぶにはまず、その原因究明からしなくてはいけません。

むくみのひどい脚への対処法に、「血流が悪くなっているから」と思い込んで運動しても意味がない場合もありますよ。

疲れが原因でむくんでいる場合は、さらなる疲れを呼ぶのみで、運動はまったく効果がありません。

筋肉太りを何とかしたいのに筋トレしたり、急な食事制限で女性ホルモンが減少して肌荒れを導いたり・・・巷にはうさん臭いダイエット方法がたくさんあるんです。

その中から、原因を見極めて、自分にあったダイエット方法を選択する目を養っていきましょう。自分に合った方法を見つけられるようになるためにも、普段から自己分析は重要なことだといえます。

 

今日のまとめ

逆効果になるスキンケア!お肌のお手入れ間違っていませんか?

いかがでしたか。巷で耳にするうさん臭いスキンケアや美容法ですが、そのすべてがウソではありません。正確に言うと、そのうさん臭いスキンケアや美容法が劇的に効く人もいれば、全く効果の得られない人もいるということなんです。

だからこそ、自分に合った方法なのかどうかの見極めが重要なんですね。

うさん臭いからと言って、試そうともしないのは損かもしれませんよ!実はあなたに合ったスキンケアが、そのうさん臭い美容情報の中に紛れているかもしれません。

百聞は一見に如かずというように、一度実践してみるのもいいですね。

・ 長すぎるパックはたるみのもと
・ マッサージ、やりすぎてない?
・ 皮膚科で治療したほうが良い場合も・・・
・ 小鼻の角栓、ムリヤリとっちゃダメ!
・ ダイエット方法は自分に合った方法を選んで!

 

あなたはツイてる(^_-)-☆