腸内環境が乱れると肌がボロボロに!?腸内細菌のあれこれ

腸内環境が乱れると肌がボロボロに!?腸内細菌のあれこれ
いい化粧水や保湿クリームを使っているのに全然肌がキレイにならない…そんな風に悩んだことはありませんか?

それって実は、化粧品の問題だけではないかもしれませんよ。

肌荒れの原因は腸内環境にあるかもしれません。

善玉菌と悪玉菌について知識を取得し、腸内環境を整えてみましょう。

腸内環境が乱れると肌がボロボロに!?腸内細菌のあれこれ

 

大腸のはたらきと善玉菌・悪玉菌


食事の際、口から摂取した食べ物は食道を通り胃へ運ばれます。

そこで胃酸によって溶かされ、小腸で栄養を吸収され、大腸で便となり体外へ排出されます。これは人間が生きていく上で必要なサイクルであり、どこか身体を悪くしてこのサイクルが乱れると、他の部分にガタが来たり、免疫力が低下したりしてしまします。

その消化器官の1つである腸には、大きく分けて小腸と大腸があります。小腸は免疫を活性化させる働きを持ち、大腸は便を作り溜めておく性質があります。このような消化器官の中でも、大腸を病む人が多いと言われています。小腸よりもはるかに短く面積も狭い大腸を病む最大の原因とはなんでしょうか?

腸内環境

大腸には1兆個も細菌が存在すると言われています。それは重さにして1.5kg。これだけの細菌が活発に活動する姿は、私たちには想像もつきません。そしてこの細菌は、大きく3つに分類されます。1つは善玉菌、1つは悪玉菌、もう1つは日和見菌です。

善玉菌と悪玉菌はその名前からも想像できるように、全く反対の作用を起こします。そして日和見菌とは、善玉菌と悪玉菌の2勢力のうち、どちらか優勢な方に従うというまさに日和見な菌なのです。この三種類の菌の割合は、健康な人で「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」と言われています。

このように日和見菌が大多数を占めるため、実質、善玉菌と悪玉菌は多い方の菌が腸内の勢力を獲得できるということになります。

善玉菌は特定の栄養素の消化を促進したり、身体に良い物質を作り出したりと身体にとってプラスになるはたらきがあります。逆に悪玉菌は、便秘を引き起こしたり有毒なガスを発しておならを臭くしたりと、身体にとって迷惑なことばかりをしてくるのです。

悪玉菌はタンパク質を発生源としているため、食文化が欧米化してきた日本人は悪玉菌が増えてきています。つまりこの黄金比を保てない人が増えてきているのです。そうして悪玉菌が増えた結果、引き起こされるのが便秘などの症状です。

 

便秘、そして肌荒れ


悪玉菌によって便秘が引き起こされたらどうなるでしょうか。

便秘とは大腸内に便をとどめてしまっている状態のこと。便は食べたものから栄養が吸収された後の残りカスなので、当然身体の中に置いておいて良いものではありません。

悪玉菌

大腸にとどまったままの便からは、悪玉菌が発生して有毒ガスや有毒物質が作られます。

その有毒物質が腸壁から吸収されて血液内に送り込まれ、それが肌荒れなどのトラブルを引き起こします。しかも便秘は、便を腸内に溜めておけば溜めておくほど固くなってしまい、外へ排出するのに苦労するようになります。

その結果なかなか便が体外へ出ず、便秘が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。このように、大腸内で悪玉菌が増えることにより、便秘となり最終的には肌のトラブルを引き起こしてしまうのです!

 

 

善玉菌の黄金比率を保つためには…?


前述したように日本人は食文化の変化とともに悪玉菌が増えやすい状態になってしまっています。

「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」の比率を守るためには、意識して善玉菌を増やすことが必要です。

善玉菌を増やすには、善玉菌のエサとなるオリゴ糖食物繊維などをたくさん含む食品を食べるか、善玉菌の含まれている食品を摂る方法があります。

前者の方法を取る場合は、海藻・キノコや野菜をたくさん摂取しましょう。これらの食品にはオリゴ糖や食物繊維が多量に含まれています。後者の方法の場合はヨーグルトなどの発酵食品を摂取しましょう。

ヨーグルト

発酵食品には善玉菌がたくさん含まれますが、善玉菌は口から摂取した場合、胃で胃酸を浴びて溶けてしまう可能性があります。
その際、他の食べ物と一緒であれば胃酸を免れる可能性があります。

発酵食品を毎食の食事に組み込むことで効果的に善玉菌を増やすことができるでしょう。

また、善玉菌を増やすだけではなく悪玉菌を増やさせないことも大切です。
悪玉菌はタンパク質や脂質を発生源としますが、それ以外にもストレスによっても増加してしまいます。

ストレス社会と言われている現代日本ですが、そのストレスをなるべく溜めこまないようにすることで腸内環境整備・健康維持ができるのです。

 

今日のまとめ

腸内環境が乱れると肌がボロボロに!?腸内細菌のあれこれ

いかがでしたか。腸内環境についてなんて考えたことがなかった…という人もいるかもしれませんが、結局のところ「美」は「健康」に直結します。

表面だけ化粧で繕っても、結局身体の内側がキレイにならなければずっとトラブルに悩まされることになります。美への一歩は健康から!健康な身体づくりのために、しっかりと腸内環境は整えるようにしましょう。(文:juje)

・ 大腸のはたらきと善玉菌・悪玉菌
・ 便秘、そして肌荒れ
・ 善玉菌の黄金比率を保つためには…?