アラサー独女をイラつかせる職場の男たちに対処する7つの方法

アラサー独女をイラつかせる職場の男たちに対処する7つの方法
いつの時代にも、「彼女にするなら、やっぱ料理上手だよね」と宣う意味不明な男尊女卑な男がいますよね。

デートでは自分はダッサダサの格好なのに、女性には「化粧してお洒落してこいよ」とか、禁煙を要求してきたり・・・アラサー独女の私にとって、この手の男性達にはもう辟易してるんです。

でも、現実にはプチ男尊女卑な男しか職場にはいないし、、。あ〜あ、どうやって付き合っていったらいいの?

アラサー独女をイラつかせる職場の男たちに対処する7つの方法

 

「そんなんだから彼氏できないんだよ」と言う上から男


「そんなんだから彼氏できないんだよ」と言う上から男
アラサー独女の皆さんなら、一度や二度男性から言われた言葉で傷ついたり、嫌な思いをしたことがあるのではないでしょうか?

私も、心無い言葉によって何度も傷つけられてきました。
しかし、対処法を知ってからは、無駄に傷つくことなく毎日楽しく暮らすことができるようになったのです。
慣れただけというかもしれませんが、そうではありません。
人に、嫌なことを言われるのに慣れる人なんていませんよね。要は、言われた言葉の取り方なんです。
今日は、アラサー独女の皆さんへ、イライラする男への対処法をご紹介しちゃいます。

まずはじめに

「そんなんだから彼氏できないんだよ」

と言ってくる男。あなたの周りにもいませんか?自分は彼女もいないで合コン三昧なのに、人のことばかり指摘してくる人、最近多いですよね。

私の職場の上司に、ことあるごとにこういうことを言ってくる人がいます。
私が彼氏いないとも言ったことないのに、勝手に彼氏がいないと判断して失礼なことを言ってきます。
こういう人には、無視することが一番ですね。
彼氏がいないと思われるのが嫌で「彼氏はいるんですよ!」なんて反論しても、こういう男性には無駄です。
彼氏がいると宣言した瞬間から、今度は「だから結婚できないんだよ」と変えてくるだけです。なにかにつけて、女性を馬鹿にすることしか考えていません。だから無視が一番なのです。

しかし、こういう意地悪な男性には反発したり、不機嫌な顔をしてしまっては余計エサを与えることにいなってしまいますので、笑顔で無視します。

笑顔を返すだけで、言葉を返さないのです。
顔は笑顔なので、相手に不快な思いを与えることはありません。ただ、言葉を発さないだけで結構効果があるんですよ。

 

アラサー独女に「料理が下手」とレッテルを貼る


アラサー独女に「料理が下手」とレッテルを貼る
アラサー独女だから料理が下手ということはないのですが、お昼ご飯をコンビニで買っているだけで

「料理もできないからモテないんだよ」

なんて言ってくる人がいます。

別にお弁当作ってもいいんだけど、面倒だからコンビニで買っているだけで「料理ができない」と勝手に思われていい迷惑です。

そんな人に料理ができないと思われたっていいけれど、自分の意中の人にそう思われるのは心外ですよね。
職場で、どうでもいいような人が言ってくるのは気にしないでOKですが、その人が自分の意中の人に言いふらさないとも限りません。

「料理もできないからモテないんだよ」と言われたら、ちょっと経ってからお弁当を作って持っていくなど、手作りもできることをさりげなくアピールしてみましょう。

言われてすぐに持っていくと意識したと思われて突っ込まれてしまうので、少したってからというのがポイントです。
バレンタインデーに手作りのお菓子をプレゼントして、ちょっとアピールをするのもいいかもしれませんね。

 

綺麗にしている方がいいと言いながら、厚化粧はNGと言う謎


綺麗にしている方がいいと言いながら、厚化粧はNGと言う謎
アラサー独女が合コンに行くと、いろいろと条件を付けてくる男性っていませんか?

アラサー独女だと気付いたころから、なんだかズケズケと言ってくる人っているんですよね。
それは、きっとアラサー独女を下に見ているのかもしれないのですが、気分が悪いですね。

先日、合コンで出会った男性は、アラサー独女の私に、

「女性は、いくつになっても綺麗にしていた方がイイよね」

と言いながら、

「でも、厚化粧は一気に老けて見えるからやめたほうがいいよ」

と言ってきました。

綺麗にしておいた方がいいのに、厚化粧はNG・・・化粧はした方がいいけれど、厚すぎるのはダメ。
なんとなくわかりますが、かなりの技術を要するのではないでしょうか。
ナチュラルメイクなら、ほとんどすっぴんでだらしないとか言われるし、安室ちゃん目指してちょっと化粧しようものなら「いい年して頑張りすぎ」なんて言われるし、どうしたらいいのやら。

答えは、自分らしいメイクを楽しむこと。

年齢相応の美しさと言うものはあります。そういう年齢相応の美しさにひかれる男性も中にはいます。
アラサー独女だと思っただけで、注文を付けてくるような男性は放っておいて、自分らしい素敵なメイクを楽しみたいですね。

 

 

自分を磨かず、人に磨くことを要求する


自分を磨かず、人に磨くことを要求する
メイクのこともそうなのですが、自分のことを棚に上げて「自分磨きをしたら?」と言ってくる男性も結構います。

自分はビール腹の中年太りのくせに、人には「もうちょっとダイエットしたら?」と言ってくる人。
ハッキリ言って関係ないですよね。セクハラまがいもいいところです。

しかし、「そうですね~ちょっと痩せたほうがいいかな~」なんてサラリとかわしています。
今までは、「あぁ、私太って見えるのかな」なんて落ち込んだりもしたけれど、もう今はそんなこと言われても全く気にしません。

だって、そんな人に言われたって関係ないじゃないですか。
あなたに迷惑かけていませんよね?って言ってあげたらいいんですけど、そこまではできないのでせめて聞き流すことが最善の策かな・・・と感じています。

 

女性はこうあるべき!という理想を持ちすぎる


女性はこうあるべき!という理想を持ちすぎる
アラサー独女になってから、お付き合いした人でやたら理想が高い人がいました。
その人は、女性はこうあるべき!という理想を持ちすぎていたんです。
ちなみに45歳の独身男性で、結婚したことはなかったのですが、私は心の中で「だから結婚できないんだよ」と思いながらお付き合いしていました。

付き合う前はとてもマメで、優しくて、アラサー独女でも優しく接してくれました。ところが付き合った途端に結婚を意識しているのか、私に色々と条件を付けてきたのです。

料理、裁縫は完璧にできないといけない。
すぐに子作りをはじめたい。
おしとやかで上品なファッションをしてほしい。
自分の実家へは一ヶ月に一回は必ず顔を出す。

などなど、紙に書いて渡されたときは驚きました。
大人なので、一ヶ月くらいはお付き合いをしましたが、だんだんと仕事が忙しいということを理由にフェードアウトしていき、別れを告げました。

去り際に、「いい年なんだから、俺を逃したらほかにいないぞ」とすごまれましたが、涼しい顔をして去っていきました。

私も、見る目がなかったと言われれば、そうなのかもしれませんが、やっぱりはじめから優しい人って裏があるのかもしれませんね。
だって、本当に優しかったら45歳まで一人でいるわけないですし。

そういう人からは、離れていくしかないですね。

 

若い女性にしか価値がないと思っている


若い女性にしか価値がないと思っている
アラサー独女になった途端、風当たりを強くする男の人がいます。今までだってずっと同じ職場で仕事をしてきたのに、新しく若い女子社員が入ってきただけであからさまに差別してきたり・・・。

私も、ずっと仲良く仕事をしてきた人だったので、そういう態度になったときにはちょっとガッカリしました。悲しくもなったし、気にしました。
でも、年を取るということは若いというだけでチヤホヤされる時期を経て、こういう体験もすることなんだということを知り、勉強になったなと思うことにしたのです。
男性が仲良くしてくれるのは、下心があるからで、次にそういうターゲットができたときには去っていくものなんだとわかりました。

それでも、自分磨きを徹底して、疲れた顔で出社しないようにして、大人の色気を売りにするようなファッションを心がけて、いつも清潔にしていたらその男性がまた私のところにすり寄ってくるようになったのです。

しかし、私はもううんざりしていたので、一切受け入れることはせず、仕事でも冷たい態度で接し続けています。
男性って、本当に逃げるものを追いたくなる生き物なのでしょうか、しつこくされていますが、絶対に心を許すことはもうないですね。

自分を強く持つことも、対処法の一つですよ。

 

自分を磨き、相手にしないこと


自分を磨き、相手にしないこと
アラサー独女を馬鹿にしてくるたくさんの男たち。

そういう男たちの言う言葉にいちいち傷ついていたら身が持ちません。
20代の頃はただ存在するだけでも美しく、敵は女性だけだったかもしれませんが、30代になってくると男性も敵に加わるようになってきます。
アラサー独女と言うだけで、叩きのめそうとしてくる男性は思った以上に多いです。
そんな新たな敵と戦うためには、まず自分をとことん磨くこと。

とことん磨いて、美しくなれば叩く人なんていません。

私のイメージは、吉田羊さん。あの人は本当に美しいですよね。独身だって誰も叩いたりしません。あんなふうになりたいなって思っているんです。

私は、自分をきちんと持って磨くことを怠らず、何を言われても相手にしないことでイライラすることなく毎日をハッピーに暮らしています。

 

仕事も恋愛も楽しみたいのなら、この記事もおすすめですよ。
ゾーン状態に入ったアラサー独女が仕事と恋愛を両立した方法

 

今日のまとめ

アラサー独女をイラつかせる職場の男たちに対処する7つの方法

いかがでしたか。あなたの周りにもいる、アラサー独女を馬鹿にする男の人たち。

そういう人たちともうまく付き合っていくことで、どんどん女の株が上がるんです。周りを気にせず、自分と向き合って自分を磨いていくと、男性のみならず、周りの女性からも一目置かれるようになります。

ぜひ、あなたも今日から自分を磨いて、誰からも文句言われないような素敵な女性になってくださいね。

・ 「そんなんだから彼氏できないんだよ」と言う上から男
・ アラサー独女に「料理が下手」とレッテルを貼る
・ 綺麗にしている方がいいと言いながら、厚化粧はNGと言う謎
・ 自分を磨かず、人に磨くことを要求する
・ 女性はこうあるべき!という理想を持ちすぎる
・ 若い女性にしか価値がないと思っている
・ 自分を磨き、相手にしないこと

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆