都会で一人暮らしを始めるキャリア女性に必要なものリスト

都会で一人暮らしを始めるキャリア女性に必要なものリスト
この春から転勤で親元を離れて都心で一人暮らしを始めることになったキャリア女性も多いことでしょう。でも、都会の一人暮らしにはいったい何が必要でどんな手続きをしたら良いのか、さっぱりわからない。

そんなあなたのために、一人暮らしに欠かせない必需品や行政手続きなど、必要最低限のものをまとめてみました。

この記事を参考に、一人暮らしを楽しんでいきましょう。

都会で一人暮らしを始めるキャリア女性に必要なものリスト

 

女性の一人暮らし、防犯対策は万全ですか?


女性の一人暮らし、防犯対策は万全ですか?
春から一人暮らしをするという女性は多いですよね。
私も一人暮らしをしている身ですから、はじめて一人暮らしを始めるときの不安やワクワク感は今でも忘れられません。

一番の不安は、やっぱり「女性一人だから怖い」ということですよね。
私も、実際に部屋を選ぶときには、不動産屋さんのスタッフを女性の担当の人にしてもらったり、防犯グッズを買ったりして気を付けるようにしました。

ここでは、女性の一人暮らしに気を付けたいお部屋選びのポイントについてご紹介します。

まず、防犯グッズをいくら買い揃えても、部屋自体、そしてあなた自身が狙われてしまうと意味がありません。
部屋は、最低でも2階以上にしましょう。
1階だと下着泥棒などの心配もありますし、女性の一人暮らしってすぐにばれてしまいます。
私の友達には、男性もののパンツをわざと干している人がいましたが、パンツだけで洋服などは干していないので、見る人が見ればすぐにバレるみたいですね。

そして、マンションの外階段付近の角部屋は避けたほうがいいでしょう。
階段からスッと侵入できそうな作りになっていたら、意味がありません。部屋を借りるときはそういうところもきちんとチェックしましょう。

それから、郵便受けもカギをしっかりつけるようにしてくださいね。
あなたが仕事に行っている間に郵便物をチェックされて、名前を見られたりすることがあります。カギの付いていないポストの場合は自分で取り付けるようにしましょう。

あなた自身にもちょっとした注意が必要です。
帰り道、音楽を聴きながら歩いていませんか?後から誰かがついてきているかどうかきちんと確認する必要があります。
強姦にあったりする人は、無防備な人が多いですね。
オートロックだとしても、あなたが入った隙にサッと入ってこられるということもありますし、犯罪者は、さもそのマンションの住人のように装い、「すみません、入ります」と人当たりのいい感じで言ってきたりする場合もあります。

誰かと一緒にエレベーターには乗らないようにするとか、スマホを手に持って常に110番通報できる状態にしながら歩くなどの警戒をしてもしすぎにはならないんですよ。

 

最低限の防犯は当たり前!一歩先を行こう


最低限の防犯は当たり前!一歩先を行こう
そして、家の中の防犯対策も万全にしましょう。
一人暮らしだとバレたら狙われてしまう可能性がありますので、戸締りはきちんとします。どんなによっぱらって帰ってきても、カギは必ず閉めましょう。暑くても、窓を開けて寝るなんて絶対ダメですよ。

地方から都会へ出てきた人は、そのあたりがゆるくなっていることがあるようです。都会は、とにかく危険がいっぱい。一人暮らしは狙われると思って間違いありません。

窓という窓には防犯フィルムを貼り、すべて防犯ブザーを設置します。私はベランダには砂利を敷き詰めて音が鳴るように工夫しています。「ジャリッ」となったら誰かが侵入してきた証拠です。

私の住んでいるマンションはオートロックで、玄関のドアにもカギが2つ付いています。
しかし、心配なので、さらに外につけられるカギをもう一つつけています。
これで時間を稼ぐことができますし、これだけ気を付けているというのは相手にとっても厄介になりますからね。

今は多いですが、きちんと監視カメラが設置されているようなマンションを選ぶのもポイントです。防犯はしすぎて困ることはありませんから、最低限の施錠と防犯グッズを駆使して、あなたの身を守りましょう。

 

部屋の中は自分の城。インテリアや家電はオシャレに


部屋の中は自分の城。インテリアや家電はオシャレに
怖いことばかり書いてきてしまいましたが、外堀が埋まったらあとは中です。
お部屋の中は自分の城ですから、インテリアや家電などにこだわってみましょう。

実家にいるときは、親が買った趣味のインテリアや家電に囲まれて生活していたと思いますが、あなたのお部屋はあなたのもの!
自分の好きなもので埋め尽くしちゃいましょう。

もし、彼氏がいたり、お友達を呼んだりしたいならインテリアや家電は絶対に目にするものなので慎重に選びましょう。

まず、部屋を作るときにどんなスタイルにしたいかを決めましょう。
最近のオススメは、北欧風かブルックリンスタイル。
北欧風は家具などもイケアで買えますし、簡単に探すことができますよ。
ブルックリンスタイルは、男前な雰囲気のインテリアで白と黒を基調とした大人っぽい感じが特徴です。

どんな風にしたいかを決めたら、インテリアや家電を選んでいきましょう。
まずはじめに自分の部屋のイメージを決めることが大事ですね。
インスタグラムなどで素敵なお部屋を見つけて、参考にしてみるのもオススメですよ。

 

お部屋の雰囲気は100円ショップにお任せ


お部屋の雰囲気は100円ショップにお任せ
ある程度の大きな家具や家電が決まったら、細かい雑貨は全部100円ショップで集めてみませんか?

北欧風のスタイルも、ブルックリンスタイルも100円ショップでそろっちゃいますよ。
ウォールステッカーで壁を飾ったり、シンプルな小物にシールをはってオリジナルの雑貨を作ったりするのも楽しいですね。

私は、ロンハーマン風の西海岸スタイルが好きで、最近はそんな家具や雑貨を集めるのにハマっています。
こちらも100円ショップやニトリなどでそろえることができますし、自分でアレンジして楽しむこともできます。

最近の100円ショップは雑貨もオシャレだし、DIYして楽しむ女子も多いみたいなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

引っ越したら必要な行政手続きは?


引っ越したら必要な行政手続きは?
引っ越しをするときに必要になるのが、転出届です。
「転居届」を提出して「転出証明書」を発行してもらいましょう。また、住民基本台帳カードを持っている人は、郵送でも手続きができますよ。

それ以外にも、郵便物の転送、電気、ガス、水道の手続きが必要です。

さらに、引っ越しが完了したら、転入届というものを提出します。
転出証明書と印鑑、住民基本台帳カードを持っている場合はそれも持っていきましょう。
引っ越しをしてから14日以内に行わなければならないので、忘れないようにしてくださいね。
もちろん、同一市区町村の場合は不要です。

今まで親元で暮らしていた人にとってははじめてのことばかりで迷うことも多いと思いますので、きちんとリストにしておくといいですね。

 

避難グッズも忘れずに・・・


避難グッズも忘れずに・・・
一人暮らしで必要になってくるのが、避難グッズです。
親が準備してくれていた避難袋もありませんから、自分でそろえておかなければなりません。一人で被災しても困らないように、最低限のものを用意しておきましょう。

私は、使わなくなった標準サイズのリュックに色々なものを詰め込んで枕元に置いています。
折りたためるヘルメットをベッドの横に置いています。
そして、リュックには栄養補助食品とバスタオル、ビニール袋、救急用品、生理用品、簡易トイレ、洗面用品、手動で使えるラジオと充電器などが入っています。
まず、栄養補助食品ですが、これはわざわざ保存食を買わずに日ごろ食べているもので代用しています。

私は、会社にも避難用に栄養補助食品を置いていて、小腹が減ったときや忙しくてお昼が食べられなかったとき、朝ごはんを食べないで出社してしまったときなどに食べるようにしています。
そして、1個食べたら1個買い足してストックしておくんです。
古くなる前に、食べて補充するスタイルにしています。これは家のストックと入れ替えたりしています。
そうすると、わざわざ保存食を買わなくても、これだけでOKなんです。保存食って高いですからね、きちんとローテーションをすれば賞味期限切れて捨てることもないですよ。

バスタオルは防寒用と布団がわりといろいろ使えるかな?と思って1枚入れてあります、あとは自分で必要だと思うものを最低限入れておけば大丈夫です。
備えあれば憂いなしと言いますからね、わざわざかしこまって避難袋を買わなくても、家にあるもので準備しておけば安心ですね。

 

イチオシなのはやっぱりロボット掃除機


イチオシなのはやっぱりロボット掃除機
私が女の一人暮らしで重宝しているのが、ロボット掃除機です。

これ、本当に便利ですよ。

平日は会社から帰ってくるのも遅いし、夜遅くに掃除はできないし・・・って悩みますよね。ロボット掃除機なら、家にいない時間に家の中を綺麗に掃除しておいてくれるのでとっても便利。

じっくり隅々まで掃除するのは土日だけでOKなんです。

平日も、部屋の隅など気になる部分はモップなどでササッと掃除するだけで済みますし、かなり我が家では活躍してくれています。

家電にはお金をかけたくないという人は、せめて他を削ってもロボット掃除機だけは買った方がいいですよ!

 

掃除に興味があるなら、こちらの記事もオススメですよ。
一人暮らしにおすすめの掃除機5つ!ロボットVSコードレス

 

今日のまとめ

都会で一人暮らしを始めるキャリア女性に必要なものリスト

いかがでしたか。私が一人暮らしをするときに必要だと思ったものをいろいろとご紹介してきました。

女性の一人暮らしは本当に心配ですよね。でも、きちんと対策していれば快適に過ごせます。

ぜひ、今回のことを参考に、あなたも一人暮らしを楽しんでくださいね。

・ 女性の一人暮らし、防犯対策は万全ですか?
・ 最低限の防犯は当たり前!一歩先を行こう
・ 部屋の中は自分の城。インテリアや家電はオシャレに
・ お部屋の雰囲気は100円ショップにお任せ
・ 引っ越したら必要な行政手続きは?
・ 避難グッズも忘れずに・・・
・ イチオシなのはやっぱりロボット掃除機

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆