ミニマリストになるにはシンプルライフで物を持たない暮らしを

ミニマリストになるにはシンプルライフで物を持たない暮らしを
身の回りをきれいサッパリにしてミニマリストの生活を送ってみませんか?モノを持たない生活をすると、どうやら自分のことが好きになる!人生が楽しくなる!幸せな気持ちになる!そんな三拍子揃ったシンプルライフを送れるみたいだね。あなたの部屋は大丈夫?

不要な持ち物で溢れていませんか?服、本、バッグ、靴、CD、DVD、クレジットカード、装飾品、化粧品などリストアップしだしたらキリがありません。今は情報やモノにあふれていて、自分自身を見失いがちな時代と言えます。

そこでオトナ女子のあなたが今すぐ取り組むべきことは…。

ミニマリストになるにはシンプルライフで物を持たない暮らしを

 

ただの片づけ術ではない、ミニマリズム


ミニマリストという言葉を聞いたことがありますか?
私は、佐々木典士(ささき ふみお)さんが書いた『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ – 』という本を読んで、ミニマリストという存在に興味をもちました。

世の中には色々な片付けの方法、断捨離の方法などがありますね。しかし、ミニマリストと呼ばれる人たちは、片付けということだけでモノを捨てているわけではないようなのです。

モノを捨てる→身軽になる→人生が変わるといういいサイクルを見つけて、それを実行しているような気がします。

これはただの片付け方法ではなく、人生をより豊かに、より楽しくするためにモノを最小限(ミニマル)にとどめているということなんです。最小限のもので生活をしている人たちを「ミニマリスト」と呼びます。

今日はそんなミニマリストになるためにはどうしたらいいのか?ということについて見ていきましょう。

 

ミニマリストってどんな人?


ミニマリストとは先ほどご紹介したように、最小限の持ち物で生活している人たちのことです。

「それってケチってことじゃないの?」
「貧乏だからモノを買えないってこと?」

なんていう声も聞こえてきそうなので、きちんと説明しておくと、ミニマリストは、ケチな人ということではありません。ミニマリストというのは、自分の必要なものをちゃんと理解して、最低限の生活用品などで暮らしているのです。

それが、全て安いものかというとそうではないんですね。中には、安いアイテムを上手に使っている人もいますが・・・。

例えば、安い流行の服を何枚も買うというよりは、質のいい、何年も着られるようなベーシックなものを一枚買う、というような感じです。それが、家具にしても、自分の持ち物にしても、全てにおいてそういう判断をしているのです。

使っていないような無駄なものを全て捨てるなり売るなりして、その代わりに、長く使えるモノを買う、というのも大事なことですね。

最小限といっても、それはひとりひとりによって違います。洋服が10着あればそれが最小限と思う人と、洋服が100着あってもまだそれが自分の最小限ではないと思う人がいます。

ミニマリズムに正解はないのです。これが難しいところではありますが、逆に自分でも実行しやすいところでもあるんですね。

 

ミニマリストになるためには・・・


では、ミニマリストになるためにはどうしたらいいでしょうか?

モノが溢れた状態で、「私はミニマリスト!!」と宣言することも、まぁいいかもしれませんが、やっぱり、自分が思う「最小限」の状態までモノを捨てるということがミニマリストへの第一歩だと私は考えます。

人によって必要なものとそうでないものは違いますから、自分でじっくりと考えることが大事ですね。

中には、このアイテムだけはどうしても捨てられないというものがある人もいますよね。洋服にこだわりはそんなにないけれど、帽子を集めるのが好きで、これだけはどうしても捨てられないとか。
そういう人は無理に捨てることはありません。自分があまり関心がなく、さっと捨てられるものにだけターゲットを絞りましょう。

中には、どれも捨てられない、捨てること自体が苦手、という人は、その全体の中でも洋服、CDやDVD、化粧品類などジャンル分けをし、そこから2割程度減らすということから始めてもいいでしょう。

捨てていくと、その快感が忘れられず、次々と捨てたくなってくるので、そうなってきたらしめたものです。

 

 

思い立ったらはじめてみよう


私は本を買って読み始めているところで、どうしても捨てたくなってきて、初めに化粧品類を整理し始めました。

実は、私はコスメマニアで、いろんなコスメを買っては何度か使ってそのまま、という状態でした。なので、もう使わないけど使い道がない化粧品がたくさんあったのです。

買ったけど肌に合わなかった化粧水、香りがいいから買ったシャンプー、たまにしかしない巻き髪のためのスタイリング剤など・・・。
とにかくたくさんの使っていないモノたちがありました。それも、全て洗面所の下のストッカーに入れて、見て見ぬふりをしていたので、まずはそこに取り掛かりました。

今使っているもの以外は全て捨てましょう。スペシャルケアの時に使うパックやクリームなんて、ほとんど使うことがありません。
それにすぐにダメになってしまいますから、化粧品は買って開封してから1年以上たったものはすぐに捨てましょう。

洋服の整理は衣替えの時期に思い切って行うのがおすすめ。洋服をさすがにボンボン捨てるのには私も抵抗があるので、まだ綺麗なものなどはフリマアプリに売りに出したり、リサイクルショップに持って行ったりしました。
衣替えよりもちょっとだけ早い時期に売りに出すと、意外と簡単に売れたりしますよ。そろそろ季節の変わり目だな~と感じたら、仕分けしてみるといいですね。

もう着られないかな?というものだけ処分しましょう。モノを捨てるときは必ず「ありがとう」という気持ちを込めて捨てるようにすると罪悪感なくスッキリと捨てられますよ。

 

一気にやろうと思わない


モノを捨てるとき、どうしても構えてしまう人いますよね。私もつい、「今日は忙しいから、明日やろう・・・」その明日が、あさって、明々後日・・・と長引いて結局やらなかったり。

そういうふうになるのを防ぐためには、一日で一気にやろうと思わないことです。

今日は、化粧品をやろう、明日は洋服でもトップスだけをやろう、というようにちょっとずつ分けてやると簡単にできますよ。

私は、洋服を捨てるとき、すべての洋服の枚数を紙に書き出しました。チェックのシャツが何枚、白のシャツが何枚、黒のスカートが何枚・・・こんなふうに書いていくとかぶっている、同じようなテイストの服が見つかります。
その中から、着ていないものを選んで捨てるんです。

やっぱり女性は洋服を仕分けるのが一番大変だと思います。ここは時間をかけられる日に、ゆっくりと吟味して片付けるのが一番ですよ。

自分にとって最小限とはなんだろう、そう考えながら捨てるものといるものを分けていく。これは人生において、色々な場面で選択するシーンってありますよね、そういうときにもとても役に立つのです。

そして、ミニマリストになっていくうちに、そういう人生の選択の場でも判断力がつくようになってくるんですね。

私は、雑貨なども今までは100円ショップにあるものはそれで済ませていたのですが、こだわった雑貨を買うようになり、昔よりも実はお金はかけているかもしれない。
でも、シンプルで洗練されたモノを買うようになったので、自分の生活がとても楽しく、家にいる時間も幸せなものになっています。

最小限のものだけで寂しく、辛いという気持ちで過ごすのは・・・これはミニマリストとは言えません。最小限のものだけしかなくても、心豊かに暮らすこと、これがミニマリズムなのではないでしょうか。

 

今日のまとめ

ミニマリストになるにはシンプルライフで物を持たない暮らしを

いかがでしたか。ミニマリストについて、ちょっとは興味を持っていただけましたでしょうか。
モノを捨てる理由と持っていなければならないものとは何なのか、必要最低限の暮らし方とはいったいどういう暮らし方なのか?
私はまだまだミニマリスト見習いといった感じですが、これから自分に必要なもの、そうでないものの判断がきちんと出来て、毎日を充実した日々にできるように、楽しんでいきたいと考えています。
モノにあふれて、憂鬱な毎日を過ごしている人は、ぜひ、自分の身の回りの不必要なものを見つけて、捨ててみてください。
きっとすっきりして、もっともっと捨てたくなることでしょう。そうなったら、あなたももうすぐミニマリストの仲間入りですよ。

・ ただの片づけ術ではない、ミニマリズム
・ ミニマリストってどんな人?
・ ミニマリストになるためには・・・
・ 思い立ったらはじめてみよう
・ 一気にやろうと思わない

 

あなたはツイてる(^_-)-☆