セロトニンと酵素不足を補いたい!女性の心と体を回復させる方法

セロトニンと酵素不足を補いたい!女性の心と体を回復させる方法
朝からスッキリしない・・・通勤中もイライラするし、一日中モヤモヤしてる。 調子が悪い日なんか、職場で八つ当たりも(;´д`)トホホ 夜は夜でなかなか眠れない(+_+)

そんなあなたは、もしかしてセロトニンが足りていないのかも!?

では、ではどうやってセロトニンを補っていけばいいのでしょうか?

セロトニンと酵素不足を補いたい!女性の心と体を回復させる方法

 

寝不足・便秘・イライラ・痩せにくい・・・関係なさそうな症状に関係する酵素


寝不足・便秘・イライラ・痩せにくい・・・関係なさそうな症状に関係する酵素
美容や健康、ダイエットにいいと言われることはそれなりに試してみたけれど、なんだか体がスッキリしなくて調子が悪い・・・。特に不健康な生活をしているわけではないのに、何かが欠けているような症状で困っているのは、酵素が足りていないからかもしれません。

寝不足・便秘・イライラ・買い物などの依存症には、「セロトニン」という気分を安定させるホルモンが関係していると言われます。

セロトニンは気分の安定にかかわるので、うつ病や摂食障害などの発症に関わるほか、不足すると寝つきが悪くなったり不眠になったりします。セロトニンは、健康な日常生活を送るために欠かせないホルモンの一つです。

セロトニンは食べ物に含まれる「トリプトファン」というアミノ酸を原料に作られます。そのため、腸での消化吸収やセロトニンを作る代謝機能がスムーズに働いていないと、これらのセロトニン不足の症状が起きてくる可能性があるのです。

セロトニンを作るために欠かせないのが、体の中で食べ物の消化吸収や代謝を助ける「酵素」です。酵素は30代から減少し始めるので、それまではなかった疲労感や体の不調に悩まされる30代女性が増えてくるのです。

そこで、知っておきたいセロトニンと酵素不足を改善する5つの方法をご紹介しますね!

 

朝日を浴びてセロトニンチャージ!早寝でセロトニン貯金!


朝日を浴びてセロトニンチャージ!早寝でセロトニン貯金!
セロトニンは太陽光(あるいはそれに近い強い光)を浴びることで活性化されます。朝の太陽光を浴びるタイミングは睡眠リズムの安定にとても影響するので、寝不足や不規則な睡眠パターンの繰り返しで不眠症になってしまわないためにも、朝起きる時間を一定にしてセロトニン分泌を促しましょう。

遮光カーテンで部屋を暗くして寝ている人は、目覚まし時計を光で起こしてくれるタイプのものに変えてみてはどうでしょう?朝日を浴びて目覚める自然に近い環境が作れます。

また、夜になるとセロトニンの分泌が弱まり、代わって「メラトニン」という睡眠を促すホルモンの分泌が活発になります。このタイミングで早めに寝ると上質な睡眠が得られ、体の新陳代謝や肌の再生も良くなります。

 

食事や運動をリズミカルに繰り返してもセロトニンが増える


食事や運動をリズミカルに繰り返してもセロトニンが増える
セロトニンはリズミカルに繰り返される運動で増加するという性質があります。
そのような運動には、ウォーキング、ランニング、サイクリング、フラフープ、ダンスなどのほか、スクワットや階段の上り下り、意識的な呼吸や食事の時の咀嚼(そしゃく)運動などがあります。

リズム運動はストレスによるセロトニン不足の改善や、腸のぜん動運動を活発化させて腸でのトリプトファンの吸収をアップ、便秘解消の効果もあるので、ぜひ習慣化しましょう。

 

 

グルーミングやスキンシップ行動がセロトニンを増やす!


グルーミングやスキンシップ行動がセロトニンを増やす!
セロトニンは、人や動物との触れ合い(グルーミング)でも分泌が促進されます。仲間との楽しいおしゃべりや、ペットとの触れ合いも、心と体の健康に一役買っているのです。

そして、パソコンやスマホなどのSNS経由のコミュニケーションは、活発に交流していてもセロトニンの分泌という点ではあまり効果的でないとされています。

できるだけ人や動物と直接交流して、セロトニン分泌を活性化させましょう。

 

酵素の力を最大限に発揮させる食生活とは


酵素の力を最大限に発揮させる食生活とは
セロトニンはアミノ酸のトリプトファンから作られるので、トリプトファンの多く含まれる肉や魚、豆乳、バナナ、納豆、アーモンドなどを食事に取り入れてみましょう。

そして、トリプトファンからセロトニンを合成するときには、糖質やビタミンB6やビタミンCなどの栄養素も欠かせません。実はよく聞くビタミン類は「補酵素」という酵素の働きを助ける重要な栄養素でもあります。栄養バランスの取れた食事が勧められるのは、三大栄養素の「タンパク質」「糖質」「脂質」を代謝して体に必要な栄養素にまで分解してくれる酵素や補酵素をもれなく摂るためでもあります。

食事では酵素や補酵素のたっぷり含まれた新鮮なフルーツや生野菜を加熱しないで生のまま食べるのはいいことです。でも、毎食そんな食事を用意するのは大変ですよね?

そこで、体に必要な三大栄養素以外の酵素や補酵素がたっぷり含まれた酵素飲料などで、食事だけでは不足する酵素を補うのもいい方法です。

また、ビタミンB6は腸内細菌の善玉菌によっても合成されます。腸内環境を整えて善玉菌が働きやすい環境を作るために、食物繊維などの善玉菌の餌になる食品を摂るのも、便秘解消やセロトニン合成のために食生活で心がけておくべきことでしょう。

さらに女性は男性に比べて、女性ホルモンの影響を受けて生理周期の特定時期にセロトニンの分泌量が減少し、脳内でのセロトニン分泌能力が男性の約半分程度になっているという研究結果もあります。

そのため女性は、ストレスなどで腸のぜん動運動の不調が起りやすく、便秘や下痢などを繰り返す過敏性腸症候群を、男性の約2倍発症しやすいとされています。

なので、セロトニン不足を起こしやすい女性は、普段から食生活に気を配って酵素不足にならないように気を付けておく必要があるのです。

 

一番大切なのはセロトニン不足と酵素不足を招かない生活を継続すること!


一番大切なのはセロトニン不足と酵素不足を招かない生活を継続すること!
一番大切なのはセロトニン不足と酵素不足を招かない生活を継続すること!

このように、セロトニン不足はストレス、運動不足、セロトニン不足を引き起こす偏った食生活、不規則な生活による睡眠パターンの乱れ、加齢による酵素不足、女性特有のホルモンバランスの乱れ、人や動物などとのコミュニケーション不足などが原因で起こります。

そこで、セロトニン不足や酵素不足を招く生活習慣とは反対の生活を送れば、これらの困った症状を改善することができるのです。

それは、
・朝日を浴びて早寝早起きする生活
・よく噛んで食べ、リズム運動をする
・人や動物と積極的に触れ合う
・腸内環境を整えて、セロトニンと酵素が不足しない食生活をする
・これらの習慣を毎日続けること!
です。

 

なぜなら、セロトニンを分泌するセロトニン神経を活性化させるには、これらの行動を3ヵ月ほど継続させる必要があるからです。一つ一つの行動でセロトニンがいきなり急に出るようになるわけでなく、これらの行動を繰り返していくうちに、セロトニンは徐々に分泌量を増やしていくのです。

いきなり全部を一気に行うことは難しくても、これらの行動をできるものから少しずつ取り入れていってみてください。すると、それぞれの行動が補い合って、美容や健康に欠かせない睡眠・栄養・運動のリズムも整っていきます。

酵素パワーを生かすのも、それを支える体の応援あってこそです。
「継続は力なり」です。がんばりましょう!

 

今日のまとめ

セロトニンと酵素不足を補いたい!女性の心と体を回復させる方法

健康な生活に欠かせず、ダイエットの成功や不眠、便秘解消にも関わっているセロトニン。

リズム運動と相性がいいだけに、規則正しい運動や生活が大好きです。
忙しい30代女性には、それが結構難しいものですよね。

不規則な生活や食生活で不足する酵素を補給してくれる酵素飲料ですが、身体全体のリズムを整えるセロトニン神経は、乱れてしまうと回復に時間がかかります。

できるだけセロトニンと酵素を減らさない生活を送って、心と体を回復させましょう。

・ 寝不足・便秘・イライラ・痩せにくい・・・関係なさそうな症状に関係する酵素
・ 朝日を浴びてセロトニンチャージ!早寝でセロトニン貯金!
・ 食事や運動をリズミカルに繰り返してもセロトニンが増える
・ グルーミングやスキンシップ行動がセロトニンを増やす!
・ 酵素の力を最大限に発揮させる食生活とは
・ 一番大切なのはセロトニン不足と酵素不足を招かない生活を継続すること!

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆