大好きな上司に理解してもらいたい!自分をアピールする方法

大好きな上司に理解してもらいたい!自分をアピールする方法
尊敬する大好きな上司に自分をもっとよく理解してもらいたいと思うのはキャリアアップを目指す女性であれば当然のこと。勝手に上司に期待するよりも自分から積極的に「理解してもらう行動」をしたほうが良いに決まっています。

では、どうやって大好きな上司に自分をアピールすればいいのでしょうか?

今回は、自分をアピールする方法を5つお伝えしますので、キャリアアップに向けて参考にしてみてください。

大好きな上司に理解してもらいたい!自分をアピールする方法

 

デキる話しかたを意識しよう!!


話し方ひとつで人のイメージは変わって来ます。

ビジネスではとても重要な「会話術」。その会話術で上司へのアピールが出来るか、出来ないかで道が分かれてしまいます。

いくら仕事が出来たとしても、上司に聞かれたことに対して、もじもじと小さな声で説明されても、聞く側からしてみたら声は聞き取れないしイライラもします。

「あのぉ~」「○○でぇ~」と語尾を伸ばして話すのも仕事中は気をつけましょう。

では、どんな話し方が良いのでしょうか。もちろん、簡潔で分かりやすいのが一番ですが、みんながみんな話し上手とは限りません。

まして、相手が上司となるとなおさら緊張して普段より上手く話せなくなってしまいますよね。そこで、デキると思わせる会話術のポイントは、言葉にメリハリをつけること。

メリハリがなくだらだらと話されても、上司を話に引きつけることは難しいでしょう。

言葉に強弱をつけることで、相手を引きつけることが出来ます。

次に、緊張すると早口になりがちなので、少しだけ話すテンポをゆっくりするイメージで話す。

あとは積極的に話そうとする姿勢が重要なポイントです。

上司に対して好感持てる会話が出来れば、どんどん上司から仕事の話を振ってきてくれるでしょう。

 

基本中の基本!「ほうれんそう」


忘れていませんか?

「報・連・相」。新入社員のころに必ず先輩や、上司から、または社員教育で当たり前のように教えられますよね。でも、あたりまえのようなこの「報・連・相」は基本中の基本でありながら、実は出来ていない人が多いのです。

「このくらい言わなくても・・・」と思うようなことでも、きちんと上司に報告しましょう。

相談する時は、「○○なんですけど、どうすればいいですか・・・?」と相談を丸投げするより、「○○なんですけど、こうしたいと思うのですがどう思いますか?」など自分の考えを提案することで、上司へのアピールにつながります。

こんなに頑張っているのに!

なんで分かってもらえないんだろう・・・。と心で嘆くより、上司に対してきちんと「報告」「連絡」「相談」をして、今自分が置かれている立場、状況、提案をしっかり伝えましょう。

 

コミュニケーションを上手に取ろう


コミュニケーションツールが豊富な現代ですが、実際には直接人と接するコミュニケーションが苦手な人が多いのです。

小学生・・・、いや、幼少時代からしつけされていたはずの「あいさつ」が意外にも出来ない人が多いのに驚かされます。

まず、コミュニケーションが苦手だなぁ・・・。と思っていたら「あいさつ」からはじめましょう。

気持ちのいいあいさつは上司の目にとまります。そして、会社の人間関係や外部の人との関係。

たとえば会社のお得意さまと電話応対などでも上手に受け応えができ、なおかつ仕事以外の話も出来る部下は、上司からしてみると安心して、大切なお客様を任せられる印象をもちます。

会社に来ているお掃除のおばちゃんとも仲良くできたり、他の部署の人とのコミュニケーションがとれていると、上司にとって自慢の女性部下になります。

ちょっとした会話から、仕事に役に立つ情報を得られることだってよくあります。

コミュニケーションが能力をUPさせるための本が書店で多く並んでいます。

キャリアアップにはコミュニケーションが重要視されていることが分かります。

キャリアアップのためだけではなく、生きていくためにも、決して無駄にはならない、コミュニケーション能力UPの本を一度読んでみることをお勧めします。

もちろん!上司とのコミュニケ―ションも忘れずに!

 

 

目標を明確にもとう!!


会社によっては、半期ごとに目標設定をするところもあると思います。

その目標設定、毎回同じではありませんか?または、仕事に目標設定していますか?

目標設定というと、つい難しく感じてしまいます。でも、目標設定をして目指すところがあると、仕事をしていても、話をしていても今までとは違い、仕事への姿勢が変わるはずです。

目標とは、あまりにもかけ離れていては意味がありませんし、すぐに達成出来てしまうような目標でも意味がありません。

今の自分よりも少しハードルを上げるくらいが丁度いいのです。

まずは、自分の仕事の棚卸しをして目標を決めましょう。目標設定が明確で、結果報告がきちんとされていると、上司の目にとまること間違いなし。

 

積極的に発言しよう!!


意見や質問を求められても、つい黙り込んでしまいがち・・・。

なるべく意見や質問に対して発言できるように訓練しましょう。

どんなシーンでもかまいません。「こんなこと言ったら恥ずかしい・・・」「こんな質問したら変に思われるかな・・・」など消極的になりがちですが、発言、質問してみたらみんな同じ気持ちだったなんてことって結構あるんです。

発言できる場があったら、どんなことでも発言・質問しましょう。

そのためには、日ごろ何事にも疑問を持つことが大切です。

子どもがいろんなことに興味を持ち、どんな小さなことでも質問してくるように。

「こんなものだ」とは思わずに、少しでも疑問を感じたことや思ったことはそのままにしないで、メモを取る習慣を身に付けてましょう。

自分でも驚くほど疑問に思うことや、改善するべきことがあることに気付かされると思います。

そうすることで、どんどん意見や質問が出来き、自分へのキャリアップの架け橋になるでしょう

 

今日のまとめ

大好きな上司に理解してもらいたい!自分をアピールする方法

上司にもっと理解してもらいたい!と思うなら、自分から積極的になって今の自分をもっと上司に知ってもらいましょう。

上司へ積極的になることで、仕事に対しても積極的になり、まさに一石二鳥です。指をくわえて待っているだけでは何も変わりません。

まず、自分を変えていきましょう。

・デキる話しかたを意識しよう
・基本中の基本!「ほうれんそう」
・コミュニケーションを上手に取ろう
・目標を明確にもとう
・積極的に発言しよう