肌の糖化が老化を加速する!?糖化対策と化粧品の選び方

肌の糖化が老化を加速する!?糖化対策と化粧品の選び方
見た目年齢を少しでも若く見せたい!誰だって少なからずアンチエイジングをしています。大半の女性は紫外線、酸化、乾燥などの肌の外側のスキンケアに心血を注いでいます。けど、肌の老化の主たる原因は肌を内側から老化させる糖化にあるって知ってましたか?

でも糖化って何?糖化を防ぐ方法は?どんな化粧品を使ったらいいの?そんなあなたのために、これらの悩みをイッキに解決する方法をお伝えします。

肌の糖化が老化を加速する!?糖化対策と化粧品の選び方

 

気になる「糖化」って何?


気になる「糖化」って何?
肌が錆びる・・・肌が劣化する・・・

そんな言葉を聞くと、怖いですよね。できれば、いつまでも綺麗で透明感ある肌でいるためにはどうしたらいいのか?そう毎日頑張ってケアしているのに、なかなか結果が出ない。
そんな人は、もしかしたら肌の「糖化」が原因かもしれません。

最近、いろんな雑誌やテレビなどで取り上げられている「糖化」。美容に詳しい人や、肌のトラブルに敏感な人は言葉を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、実際にどんな症状なのか、どんなことが「糖化」なのか、知らないという人も多いのではないでしょうか?

今日は、知らないと怖い肌の「糖化」についてじっくりと見ていきましょう。

糖化と聞くとなんとなく美味しそうなイメージで、いいことなんじゃないか?って思ってしまいますよね。しかし、最近ではシミやシワと同じように一度なったら治りにくい肌の劣化として注目されているのです。

一番の特徴はなんといっても肌の「黄ぐすみ」です。なんとなく肌が黄色っぽくくすんでいるような気がする・・・。

ちょっと紫外線を浴びたから、日焼けしたのかな?と思って、勘違いして日焼け止めを強いものに変えたり、基礎化粧品を美白ものに変えたりしてもなかなか良くならない人は、もしかしたら肌が糖化しているかもしれません。

では、なぜ糖化という現象が起こるのか?というと、たんぱく質や脂質が、体内にある「糖」と結びつくからです。

体内のたんぱく質や脂質は、血液中に余分な糖分がある場合に結びついてしまい、老化を促進させる物質「糖化生成物」を生成するのです。

そして、この「糖化生成物」は厄介なことに、一度出来てしまうと体内に蓄積され、黄ぐすみの原因となります。改善することは難しく、どんどん老化させてしまうということです。

とにかく恐ろしいですよね。

よく、ケーキやクッキーなどを焼いたとき黄色っぽく変色しますよね。これも同じ糖化なんだそうです。このことからも糖化した状態を治すことが難しいのは、わかりますよね。

 

糖化すると、肌はどうなるの?


糖化すると、肌はどうなるの?
では、肌が糖化するとどうなってしまうのかというのを詳しく見ていきましょう。

一番のわかりやすい現象は「黄ぐすみ」ですが、他にもいろいろな肌トラブルが出現します。

・ 肌が硬くなり、ゴワゴワする。

・ 全体的にハリや弾力がなくなってきた。

・ 美白ものの基礎化粧品を使ってもくすみが改善されない。

このような症状がある人は、ただの老化ではなく肌糖化が原因の可能性があります。

実は、肌糖化に関してはクリニックで調べることが可能です。「AGEs体内糖化度検査」と言って、腕を専用の機械の上に乗せるだけで約3分程度で自分の肌の糖化度が分かってしまうというものです。

血液検査のように、採血をしたり、ちょっと痛い思いをして調べるとなると勇気もいりますが、これだけで分かるならやってみたいですよね。

ちなみに、施術価格はだいたい5000円くらいなので、気になる人は調べてみてもいいかもしれません。クリニックで、どのような対策をしたらいいか、教えてもらえますよ。

 

怖い!糖化を招く食べ物は?


怖い!糖化を招く食べ物は?
では、気になる糖化を招く食材とは一体なんなのか?知りたいですよね。

もちろん、糖ということで、「砂糖」が悪いというのはわかると思いますが、それだけではなく、「糖質」も糖化に影響を与えるのです。

今、「糖質制限ダイエット」なども注目されていますが、この、糖質もまた肌の糖化にはマイナスな要因となります。

もちろん、適度に摂っている場合は肌糖化の原因になることは少なく、極度に控える必要はありません。

しかし、炭水化物が好きで、どうしても夜ご飯のときに炭水化物をたくさん食べてしまうとか、ラーメンにチャーハンを頼んでしまう、お好み焼きとご飯を一緒に食べてしまう・・・など、人より多く炭水化物を摂取しているなと感じる人は、ちょっと控えたほうがいいかもしれません。

今はよくても、そんな食生活を続けていたら確実に肌は糖化していきます。

さらに、お昼ご飯を菓子パンと甘いコーヒーやジュースで済ませてしまう、というような女性も注意が必要ですね。

菓子パンや甘いジュースはとても食べやすいのでついつい気軽に食べてしまいがちですが、それをご飯替わりにしてしまうのはNGです。菓子パン一個とジュースだからカロリー的にはそんなにとってないと思うかもしれませんが、砂糖が大量に含まれているため注意が必要なのです。

最近、フレーバー炭酸水が流行っていて、私もよく飲むのですが、味がしなくてなんだか物足りなく感じることってありますよね。

そこで、私はフレーバー炭酸水に砂糖を入れて飲んでみることにしたんです。

どれくらいの量で市販の砂糖入り炭酸飲料と同じような甘さになるのか気になって入れてみました。
そうしたら、少し入れたくらいではほとんど味に変化はなく、スティックシュガーを3本入れても甘いと感じなかったので、途中で入れるのを断念しました。

炭酸水

調べてみると、市販の有名なサイダーで角砂糖8.5個分の砂糖が入っていました。

知らない間に、私たちは砂糖をたくさん摂っているのです。もちろん、砂糖も頭を働かせるために欠かせない存在です。だから、全く摂らないというのもオススメできませんが、ご飯を食べたり麺類を食べるだけでも糖質を摂取しているので、砂糖の摂取はできる限り控えたほうがいいかもしれません。

 

 

糖化を防ぐ「抗糖化」食材&成分


糖化を防ぐ「抗糖化」食材&成分
憎き「糖化」を防ぐために、気になる「抗糖化」食材と成分を見ていきましょう。

抗糖化作用がある食べ物として有名なのは、

・しょうが

・キャベツ

・よもぎ

などです。

どれも身体にいい食材ですね。
さらに、カモミールというハーブもいいようなので、日頃ジュースを飲んでいるという人は、カモミールティーを作って飲むというのもオススメです。

抗糖化作用のある成分としては、

・ビタミンC

・ビタミンB1

・ビタミンB6

・クエン酸

・αリポ酸

などです。

マルチビタミンなどにビタミンCやB1、B6は含まれています。積極的に摂りたいですね。

 

糖化を防ぐ生活習慣&化粧品


糖化を防ぐ生活習慣&化粧品
いくら抗糖化作用のある食べ物を食べたり、サプリメントを飲んでも根本的に変えていかなければ意味がありません。

まず、糖化を防ぐためには砂糖や糖質の撮り過ぎに注意することです。そして、炭水化物を食べる順番を「最後にする」というのも大きなポイントになります。

はじめに、サラダやスープなどの野菜を食べ、次に肉や魚などのたんぱく質を食べ、最後に炭水化物を食べるようにすると血糖値が緩やかに上昇し、糖化をある程度抑えることができます。

さらに、ちょっとした生活習慣の改善で糖化を防ぐことができます。

・紫外線に長時間当たらない(日焼け止めを上手に利用する)

・質のいい睡眠をとる

・こまめに有酸素運動をする

などです。

どれも健康にいいことばかりですね。
つまり、健康にいい生活習慣に改善していけば、肌糖化も防ぐことができるというわけです。

身体の中だけのケアでは不安・・・という人は、ぜひ化粧品でもケアをしてみてください。化粧品メーカーの中にも、肌糖化に着目しているところは多くなってきました。抗糖化成分が含まれている化粧品を選ぶと、糖化を肌の外側から防ぐことができます。

価格も様々ですが、試してみる価値はありますよ。

 

今日のまとめ

肌の糖化が老化を加速する!?糖化対策と化粧品の選び方

いかがでしたか。肌糖化について詳しく知ることができましたか?
言葉は知っていたけれど、こんなに怖い現象が起こるとは思っていなかったという人も多いのではないでしょうか?実は、私もそうでした。

しかし、正しい知識を持つことができたら、これからは糖分や炭水化物など糖質の摂り過ぎに注意し、生活を改善して肌糖化を少しでも遅らせることができますよね。

不安に思うよりも、調べてきちんと対応をしていくことが大事ですね。

・ 気になる「糖化」って何?
・ 糖化すると、肌はどうなるの?
・ 怖い!糖化を招く食べ物は?
・ 糖化を防ぐ「抗糖化」食材&成分
・ 糖化を防ぐ生活習慣&化粧品

 

あなたはツイてる(^_-)-☆