お腹にくびれを作る!自宅でライザップより痩せる簡単ダイエット

お腹にくびれを作る!自宅でライザップより痩せる簡単ダイエット
わざわざライザップに通わなくても痩せる方法ありますよ。お腹にくびれを作る簡単なダイエット方法です。

ところで、AKB48の峯岸みなみさんがライザップでぽっこりお腹を凹ますことに成功したのは誰もが知ってることですよね。「よし、自力ではムリだから私もライザップに行く」って・・・無料じゃないんですよぉ。

えっ、そんな大金はムリ!

というあなたのために、今回は自宅でもできるお腹にくびれを作る簡単なダイエット方法をお伝えします。ぜひ、これを参考にしてCMに出られるくらいに引き締まった美ボディになって、芸能人並みの体型を手に入れてくださいね。

お腹にくびれを作る!自宅でライザップより痩せる簡単ダイエット

 

ダイエットだけではくびれは作れない


腰のくびれ
海外女性の理想的な身体を見ると、お尻や太ももはややふっくらしていて、ウエストのくびれが際立っているのがわかります。

女性は、やたらと痩せたい、細くなりたいと思って、全体的に痩せるダイエットをしがちですが、男性は、ただ細いだけの女性よりも、胸やお尻、太ももはややふっくらしていて、ウエストや腕が細いといったメリハリのあるボディを好むようです。

つい先日、アメリカの美容記事で、「男女の理想のボディ」について書いてあるものを読みました。それによると、男性が思う理想の女性のスタイルと、女性が思う理想の女性のスタイルとではかなりの差があることが分かりました。

女性は、スレンダーでほっそりとしたイメージが理想なのに対して、男性はいわゆる「ダイナマイトボディ」を理想としているのです。

胸やお尻が大きいほうが、くびれはより強調されますし、女性らしいラインが生み出されます。胸やお尻が大きい人は、そのままでお腹だけ引き締めて、くびれを作るようにするといいですね。

ダイエットをして痩せると、お腹周りにくびれができるかもしれませんが、それよりも全体的に痩せてしまいます。

「ダイエットしたら胸がなくなっちゃった・・・」なんて経験ありませんか? 減らしたくない場所から減っていくなんて、ちょっと残念ですよね。食事制限をしたり、無理なダイエットでガリガリに痩せてしまっては意味がありません。

今話題の「ライザップ」のCMを見ていると、本当に美しい腹筋が目につきますよね。どんなに太ったおじさんも、あのライザップの音楽に合わせて華麗に変身!思わず見入ってしまいます。ライザップのCM、恐るべし・・・。

しかし、あなただって、ライザップの力を借りずに今から生まれ変わることができるんです。

ライザップのCMを見ていると、年配の方とかも出てきますよね。頑張れば、いくつになっても変われる!それを教えてくれたのも、またライザップなのです。

 

腹筋だけでもくびれは作れない・・・


腹筋運動
ダイエット同様に、腹筋だけでもくびれって作れないんです。

「え~じゃぁどうやって作るのよ!」

って思いますよね。
腹筋は、前面の筋肉にのみ効果があります。しかし、くびれを作るには側面の筋肉にも働きかけなければ意味がないのです。

もちろん、ある程度のお腹の引き締めはできると思いますが、自力でやる腹筋はとてもツライうえに効果が少ない、そして、腰に負担をかけてしまうこともあります。

つらいエクササイズは続けられないですよね。なるべくなら簡単に長く続けられる方法がいいでしょう。

そこで今日は、自宅でも簡単にできるぽっこりお腹解消エクササイズと、くびれを作るエクササイズについて見ていきましょう。

 

ぽっこりお腹解消!エクササイズ


スクワット
側面が大事といっても、側面のエクササイズだけでは綺麗なくびれは作れません。やはり、土台となる前面のエクササイズと合わせて行うことがより効果的です。

今から始めて、ライザップで痩せる効果同様に美しい腹筋を作りましょう。

《ぽっこりお腹にはスクワット》

意外と思われるかもしれませんが、腹筋運動よりもお腹に効くのがスクワットです。実は、腹筋500回=スクワット15回と言われているんです。つまりスクワットを15回すれば、腹筋を500回やったのと同じということですね。

スクワットは、腹筋のみならず、腰回り、脚にも効くトレーニングなので腹筋だけではなくバランスよく色々な筋肉を鍛えることができて一石二鳥ですね。

 

《正しいスクワットのやり方》

-足は肩幅に開き、つま先はまっすぐ前に向けます。
-手は頭の上でも腰でも好きなところでOK。
-息を吸いながらゆっくりと膝を曲げていきます。お尻を突き出すイメージで。
-太ももが床と水平になるくらい腰を落とすのが理想ですが、つらければやや浅目でOK。
-息を吐きながらゆっくり元に戻します。

この動作を10回繰り返すだけ。慣れてきたら回数を増やしていくといいですね。一日10回でいいのでとても楽です。

 

 

美しい、くびれを作るエクササイズ


腰回し
毎日のスクワットと合わせて取り入れたいのが、「腰回し」です。

これは、くびれを作るために必要なエクササイズですね。スクワットだけで充分ぽっこりお腹は解消されていきますが、それだけでは、完璧に美しいくびれは作れません。

くびれを作るには、先ほどもご紹介したお腹の側面の筋肉も鍛えなければなりません。お腹の側面の筋肉は「腹斜筋」といいます。腹斜筋を鍛える方法としては、腹筋の時に肘を反対の膝につけるといったちょっとつらい腹筋をしないといけないのですが、それは毎日続けるのがキツいものです。

そこで、腰回しがオススメです。

《腰回しの正しいやり方》

-肩幅よりやや広めに足を開き、腰を落として膝を緩めます。
-はじめは、左右に壁があるように意識をして、その壁に腰を当てるように腰を揺らしていきます。
-今度は、前後です。お尻を下から上へ突き上げるように腰を揺らします。
-お尻をスライドさせるように後ろへ下げます。
-そして、今言った4点を結ぶようにして、綺麗な弧を描くように腰を回していきます。

はじめはスムーズに行かないかもしれませんが、徐々になめらかに動かせるようになってきますよ。

どうしてもこの動きが難しいという人は、ツイスト運動でもOKです。歯を磨きながら、テレビを見ながら、立ち上がって腰をツイストするだけ。これならライザップとは違って誰でも簡単にできますね。

 

毎日の積み重ねでも美しくなれる?


腹斜筋を鍛える女性
腹斜筋を鍛えると、とても綺麗なくびれを手に入れることができます。ライザップのCMの人たちもとても美しいくびれを見せてくれていますよね。つらいエクササイズの賜物なのかもしれませんが、やはり一般的には自宅でライザップのように本格的なものはできませんし、正直言って続けることは難しいです。

ライザップって、美容で言えばエステみたいなものなのかな?と私は考えています。ドーンとお金をかけて、一回で綺麗になる。これはエステと同じですよね。

しかし、エステってやっぱりお金持ちの人じゃないと続けられないです。それに、一回エステに行ったって、毎日意識していなかったら意味がありませんよね。それよりも、簡単に毎日できるエクササイズを続けていたほうが、長期的にみたら決してライザップにも劣るとも劣らない効果が得られ、痩せることができるのです。

ライザップはもちろん抜群の効果があることは理解しています。短期間で痩せて、あそこまでの身体になれるのですから素晴らしいですよね。

でも、もっと簡単な方法で、なおかつ毎日続けることで同じような効果が得られるのであれば、お金もかからないので嬉しいと思いませんか?

理想のスタイル

ちなみに、美しいボディの持ち主として有名な女優の長澤まさみさんは、毎日の姿勢と歩き方に気をつけているということです。どんなにジムに行って身体を鍛えていても、日々の姿勢や歩き方が悪かったら意味がないということなんだそうです。納得ですよね。

一日のうちで、自分の姿勢について注意を払うことってどれくらいありますか?私はその話を聞くまで、一日に一回も自分の姿勢に注意を払うことがありませんでした。しかし、部屋に全身鏡を置いて、見るたびに姿勢のチェックをするようになったら、猫背だった背中がだんだんと真っ直ぐになっていったのです。背中が真っ直ぐになるということは、支える背筋がしっかりしてくるということです、背筋がしっかりしてくると、腹筋とのバランスが取れてきます。

つまり、背筋が意識されると、ぽっこりお腹も解消されるのです。ちょっとしたことなのですが、この少しの積み重ねが美しさを作ってくれると信じています。

簡単に腰のくびれを作る方法

いかがでしたか。ライザップで痩せることは確かに魅力的です。でも、指をくわえてみているだけじゃつまらない。あなたも早速今日から、お腹にくびれを作る簡単ダイエットを始めてみませんか?

 

今日のまとめ

お腹にくびれを作る!自宅でライザップより痩せる簡単ダイエット

お伝えしたエクササイズは今すぐに始められて、毎日簡単に続けられるものばかりです。ライザップのようにすぐに効果は出てこないかもしれませんが、毎日やることで、きっと春までには美しいくびれをゲットできるはずです。

チャレンジしてみてくださいね。


DVD付き 自宅でできるライザップ リズムトレーニング編

・ ダイエットで痩せるだけでは女性らしいくびれは作れない
・ 腹筋だけでもくびれは作れない
・ ぽっこりお腹を解消するにはスクワットが効果的
・ 毎日のスクワットに「腰回し」を取り入れよう
・ 背筋を意識するとぽっこりお腹も解消されます。

 

腰痛予防しながら腰にくびれを作る体操


TBSテレビ「この差ってなんですか?」に腰痛の専門家、スペシャリストとして出演されていた川井太郎先生の「骨盤ゆらゆら体操」は1回につき3分〜5分程度気持ちが良いなぁと感じながら行っていただくゆる〜い優しい体操です。

あなたに骨盤ゆらゆら体操を行っていただくにあたり、専門的な知識や、難しいテクニック、特別な道具は一切必要ありません。

ただこのDVDをご覧になっていただき、真似すれば良いのです。
今すぐ骨盤ゆらゆら体操で腰痛を改善する

 

この記事を読んだあなたはツイてる(^_-)-☆