プレゼン前にやっておきたい!緊張しなくなる5つの方法

プレゼン前にやっておきたい!緊張しなくなる5つの方法
今日は大勢の前での大切なプレゼン。今日のプレゼン次第で契約できるかどうかが決まる、失敗はできない。そんなときに限って、緊張が襲ってきて心臓はバクバク、思い通りに話せない、リハーサル通りにできない…なんてことになったら困りますよね。

そんな時に覚えておくと役に立つ、緊張しなくなる方法を5つご紹介いたします。

プレゼン前にやっておきたい!緊張しなくなる5つの方法

 

呼吸に意識を向ける


緊張するとどうしても呼吸が早く浅くなってしまうものです。呼吸が乱れると胸が締め付けられる様な感じがして苦しくなってしまったり、パニックで過呼吸…なんて恐れも。

「緊張してきたな」と感じたら、ゆっくりと大きく深呼吸をしてみましょう。
この時のポイントは、まずは息を吐くところから始めることです。息を吸うところから始めようとしても、緊張状態で呼吸が早くなっているときは、うまく息が吸えません。ですから、まず息を全部吐き切ることを意識してください。肺に入っている息を全部吐き切ってしまえば、意識しなくても肺は自然と空気をたっぷり吸い込んでくれます。

息をゆっくりと吐き切って5秒数え、思いっきり空気を吸い込んで5秒数える、そしてまた、息を全部吐き切って…と数回繰り返していくうちに、だんだんと呼吸が整ってきます。

呼吸が整えば、新鮮な酸素が脳や体中にまわって、頭も心も体も、緊張状態が解けて次第に冷静さを取り戻します。

 

「緊張してはいけない」と思わない


「緊張してはいけない」と思うと、人は余計に意識しすぎて緊張して固くなってしまいます。

大切なプレゼンですもの、緊張するのは当たり前、緊張しない方がおかしいんだ、と緊張感を受け入れることで気が楽になることもあります。

大切なプレゼンの場面で、緊張感の全くない、リラックスしまくりのだらけた人が出てくるよりは、緊張でがちがちの人が出てきた方が、まだ好感度は高いというものです。「適度な緊張感は必要」と割り切ってみてはどうでしょう。

「本日は大勢の方の前でのプレゼンで、非常に緊張しております」と口に出していってしまうのも、緊張感を受け入れるための一つの方法です。

また、「緊張してはいけない」と否定の意識を持つのではなく、「落ち着いて相手に伝える」と肯定の意識を持つことも有効です。自分のやるべきことを考えることで、緊張感にとらわれすぎるのを防ぐことができます。

 

周囲の状況に目を向ける


大勢の人に見られている、絶対に失敗できない、緊張してきた、どうしよう…と、自分自身に意識を向けると余計に緊張してしまいがちです。そんな時は、周りに目を向けてみましょう。

プレゼンをする相手の方に意識を向けるのです。相手の顔や服装、表情やしぐさを観察して、意識を自分から相手に向けることで、冷静さを取り戻すことができます。

また、相手に意識を向けることで、相手の反応を見ながらプレゼンを進めることができ、結果的に独りよがりにならない、良いプレゼンに結び付けることができます。

ただし、相手に意識を向けながらのプレゼンは、その内容がしっかりと頭に入っていなければできることではありません。しっかりと事前準備をしたうえで行ってくださいね。

 

 

姿勢を正す


プレゼンの場で話すときには、意識的に背筋を伸ばして姿勢を正しましょう。
姿勢が悪く猫背気味になると、どうしても視野も狭くなってしまい、周囲の状況に目を向けるということができず、緊張感が高まってしまいがちです。

背筋を伸ばして姿勢を正すことで、周囲が見渡せますし、気持ちが引き締まって相手に対して自信をもって向き合うことができるようになり、緊張がほぐれます。相手から見た場合にも、姿勢が良ければそれだけ堂々として見え、印象も良くなるので一石二鳥です。

また、姿勢をよくすることで声の通りも良くなります。緊張で声が小さくなってしまう人や、声が震えてしまう人にもおススメの方法です。

 

おまじない


「手のひらに人という字を書いて飲み込む」昔から言われている古典的なおまじないですね。こうしたおまじないは、自分自身に言い聞かせるための自己暗示の一種です。どうしても心が落ち着かないときには試してみるのもいいでしょう。

自己暗示ですから、半信半疑でやってもあまり効果はありません。「絶対にうまくいく」という気持ちで、自分自身におまじないをかけてみましょう。その際に「緊張しないように…」とマイナスの言葉を使って念じるのではなく、「絶対成功する」など、プラスの言葉を使って念じると効果がアップします。

おまじないの方法は、手のひらに人でもいいですし、胸に手を当てたり、十字を切ったりあなたのオリジナルでOKです。

左手の薬指にはリラックスさせる神経が集まっているそうなので、左手の薬指をさすってみたりするのもいいかもしれません。

 

今日のまとめ

プレゼン前にやっておきたい!緊張しなくなる5つの方法

いかがでしたか。大事な場面での緊張感は、場数をこなすにつれてうまく対処できるようになってくるものですが、「まだまだ、うまくできる自信がない…」「緊張しやすい性格で困ってしまう」という人は、是非試してみてくださいね。

しっかりとした準備をして臨んだプレゼンならば、きっと大丈夫。自分を信じて頑張ってくださいね。

・ 呼吸に意識を向ける
・ 「緊張してはいけない」と思わない
・ 周囲の状況に目を向ける
・ 姿勢を正す
・ おまじない