香水のつけすぎは嫌われる?オフィスでNGな付け方とは

香水のつけすぎは嫌われる?オフィスでNGな付け方とは
「会社のエレベーターで、すれ違った時にその女性からいい香りがしたら、 思わず振り返ってしまう」って上司から聞いたことがあります。仕事の結果だけでなく、香りだって上司からの評価に影響を与えると言っても過言ではありません。

香水による香りのまとい方も、やり方を間違えてしまうとせっかくのいい香りが台無しになります。そもそも匂いだけでなく、できる女のイメージがかなり崩れていきます。

そこで今回は、職場での好ましくない香水の付け方についてまとめてみました。これを機会に自分にあったフレグランスを見つけ出して、さりげない香りで上司からの評価を上げていきましょう。

香水のつけすぎは嫌われる?オフィスでNGな付け方とは

 

オフィス内に香水の匂いが蔓延するほどの付け方は止めましょう。


オフィス内に香水の匂いが蔓延するほどの付け方は止めましょう。
どんだけスプレーしたの?っていうくらい、部屋中に香りが満ちて、いえ充満して、ガスマスクが必要!?になるほどの匂い・・・不快ですよね。

少しの香りなら、爽やかで素敵なんですが、あまりにもキツすぎると気分が悪くなります。しかも、自分が苦手な香りなら、頭痛がしてくることも。ここまでくるともうスメルハラスメントの領域かも…。

実際、香水によって引き起こされた頭痛を経験した方も少なくはないでしょう。そんな悲劇に見舞われることなく、快適な職場でお仕事をしたいもの。せっかくのフレグランスで香りのおしゃれを楽しみたいのなら、周囲の人たちへの気配りを忘れずにね。

 

まさか脇の下に香水を付けてたりなんかしませんよね?


まさか脇の下に香水を付けてたりなんかしませんよね?
香水と制汗スプレーを間違えて、わきの下にたっぷりと香水をつけてしまった・・・そんなお笑いネタのような事が実際にあるとは思えませんけど…。香水をつけるようなオシャレ女子にそんな人はいないと思いますが、もし仮に脇の下に香水をつけたら、どんな匂いになるんでしょうか?

想像すると、恐ろしいですよね。

汗をかく場所に大量に香水をつけると、雑菌や汗と混じって物凄く臭くなる可能性があります。けど、香水は体臭と混じり合うと、その人独自の香りに変化するものなので、意外とセクシーな香りになるかも(笑)。

汗をかくとフェロモンが分泌されるらしいですから、意外に異性を引き寄せたりして・・・でも、一般的に、

香水は「足首」「ふくらはぎ」「わき腹」等にほんの少し付けるくらいが丁度いいでしょう。

 

季節に合わない香水はNG!


季節に合わない香水はNG!
夏と冬、季節によって香りに変化をつけるほうが良いって知ってました?

暑い夏に甘い香りをつけると、ムッとした重い香りが広がってしまいますし、ベタッとして不快ですよね~湿気が多い日本では、夏は、爽やかさを感じる香りを選びましょう。

逆に冬は、甘い香り(バニラ系やベリー系)を楽しむといいでしょう。

季節によって香水を使い分けられると「できる女!」と周囲から思われて、上司からも一目置かれる存在になれるかも!?

一度チャレンジしてみてくださいね。

 

 

人工的な香水は意外とNG!


人工的な香水は意外とNG!
人工的な香りが好きな人もいますよね。

外国では、お風呂に毎日入る習慣がなく、湯船に浸かることもあまりないので、体臭を消すために香水をつけていたそうです。当然、香水を作る技術が発達し、人工的な香りも開発されて、種類も多いです。

しかし、日本人はお風呂が大好きですし、湯船に浸かると老廃物が出て体臭が消えやすいので、香水をつける習慣がなかったのです。ですから、日本で好まれる香りは、シャンプーや石鹸のほのかな香りで、外国の、ヨーロッパ系のひとにはゴージャスな香りが好まれるかもしれません。

外資系の企業で、上司が外国の方の場合は、ゴージャスな香水を試してみるのもいいですね。人工的な香りも、外国の上司には受けるかもしれませんよ。

 

上半身につけるのはNG!


上半身につけるのはNG!
上半身は、香りが周囲の人の鼻に近いから匂いが伝わりやすいので、できれば避けたほうが良いでしょう。

下半身につければ(足首やふくらはぎ、わき腹等)香りが上に上ってきて、鼻に入るころにはフワッと爽やかに感じる事ができるでしょう。


シャネル・No.19 プードレ EDP 50ml (香水) オードパルファムスプレー[CHANEL]

いかがでしたか。自分でも「香水がキツイかな?」と思い当たる節がありませんでしたか?

適度に香水をつければ「オシャレで素敵な人」になれますが、つけすぎると「ダサい人」「空気が読めない人」「モテたい人」などと誤解されたりすることが、けっこうあるみたいですよ。

職場に限らず、香水には人それぞれ好みがあるので、オフィスマナーとして付けすぎないほうが良いです。それに、職場で大勢の女性がそれぞれ違う香水をつけたら・・・いろんな匂いが混ざり合って、香水が苦手な人にとっては居心地が悪いですよね。

それに、上司も女性の部下に「香水の匂いがキツイから、つけないで!」とは言いにくいでしょう。セクハラやパワーハラスメント、モラルハラスメントに抵触するかもしれないので、上司はストレスを抱えながらも、気を使って耐えている可能性があります。

仮に上司が女性だったとしても、なおさら言いにくいデリケートな問題ではないでしょうか?

職場に限らず、「仕事ができる女性」は他人へのきめ細やかな気遣いができるものです。

 

今日のまとめ

香水のつけすぎは嫌われる?オフィスでNGな付け方とは

香水をつけているとき、気がついたら自分の周囲だけ人がいなかった。朝、出勤したら、周りの人が不快な表情で鼻を押さえた。会議のとき、お茶を持って行こうとしたら、やんわりと断られた・・・もしかしたら、それが貴方への「香水の匂いがキツい!」という無言のサインかも?

・ オフィス内に香水の匂いが蔓延するほどの付け方は絶対NG!今すぐ止めて
・ 香水は「足首」「ふくらはぎ」「わき腹」等にほんの少し付けるくらいが丁度いいでしょう。
・ 季節にあった香水を付けましょう。夏は柑橘系など爽やかな香りを。
・ 日本で好まれる香りは外国とは違って石鹸のようなほのかな香り
・ 香水は下半身につけたほうがフワッと爽やかに感じる事ができます。