働く女性必見!サービス残業で疲れた身体を癒す方法

働く女性必見!サービス残業で疲れた身体を癒す方法
働く女性は毎日のサービス残業や上司への気遣い、そしてプライベートでの気配りで疲れすぎてしまっています。だからでしょうか、休みの日に疲れをスッキリと解消できていないまま、会社へ向かうはめになっているようです。

あなたは疲れていませんか?十分に睡眠はとれていますか?

日々の中ですっきりと疲れを癒したい、明日も頑張れるようにリフレッシュできる方法はないかなぁと考えているのであれば今回のお伝えする方法はとても有効です。

残業疲れが抜けなくて困っている、そんなあなたにこそ、今回お伝えする5つの「疲れた身体を癒す方法」を試してみてもらいたいです。「明日からまた頑張れる」という気になれる方法がきっと見つかるはずですよ。

働く女性必見!サービス残業で疲れた身体を癒す方法

 

ぬるめの湯船でじっくり入浴をする


ぬるめの湯船でじっくり入浴をする
残業でお疲れのアラサー女子のみなさん、日々ゆっくり入浴はされていますか?ついつい面倒でシャワーになってしまう方もいらっしゃるかとは思いますが、週に1回でもいいのでゆっくりと入浴をする機会を設けてみてください。

やはり、疲れには入浴は最適です!全身の筋肉を緩めることで緊張をほぐし、疲労がとれます。

熱い湯船だと筋肉が傷みやすくなりがちで、逆に凝りなどを引き起こしてしまうのでぬるめの湯船が丁度いいです。温度は38~40度がいいといわれていて、肩までつかるよりも半身浴の方が全身疲労を軽減する効果が高いというデータ結果があります。

これから寒い時期になるのに、半身浴なんて寒くてできない!と思われる方もらっしゃるかと思いますが、そんな時はお風呂の蓋を利用してみてください。バスタブの中に蒸気がこもるので上半身はミストサウナの状態になり、不思議と寒くありませんよ。

肌への保湿効果もありますし、水も半分で済むので節約もできちゃいますね!

時間は30分程度を目安に入浴するのがいいです。あまり長くつかりすぎても湯あたりしてしまうのでご注意を。

 

アロマで癒される


アロマで癒される
アラサー女子のみなさん、かわいいものやキレイなものを見て癒されていますか?

目で癒されることで気持ちもリラックスできるものです。そこで紹介したいのがアロマです。

好きな匂いはありますか?疲労に効く匂いは一般的にラベンダーの香りだといわれていますが、好きな匂いがおありでしたら好みのものがいいと思います。

アロマと一言で言いましても、どのように使うか用途はたくさんあります。湯船に数滴入れてから入浴したり、アロマキャンドルにしてみたり、加湿器にアロマを入れて楽しんだり…

アロマを楽しむグッズはたくさんありますが、持っていないという方におすすめしたいのは化粧水などで使うコットンならありますよね?

コットンに数滴含ませてベッド近くに置いてから睡眠なさってください。癒される香りに包まれて安眠できるはずです。体も心も同時に癒されてみてはいかかでしょうか。後片付けもそのままゴミ箱にポイ!とできるので楽ちんですよ。

 

ドリンクで疲労をとる


ドリンクで疲労をとる
疲労回復ドリンクは今、コンビニでも手軽に購入できます。

種類も数たくさんありますが、食生活のバランスが気になる方はビタミン系のものがおすすめです。弱体に効くのは一般的にはリポビタンなどがおすすめです。

しかし、疲労回復ドリンクを夜に飲まれる場合にはカフェインが含まれているものがほとんどですのでカフェインレスのものをお選びいただくことで夜の睡眠を妨げることなく安眠できるでしょう。

あくまでドリンクは補うものにしか過ぎませんのでドリンクだけで疲労回復できるものとは違います。食事プラスアルファと考えてからお飲みになってくださいね。

 

 

ストレッチで体をほぐす


ストレッチで体をほぐす
寝る前の数分間のストレッチは大変効果的なのはご存知でしょうか。

立ち仕事の方は足を中心に、デスクワークの方は首や肩を中心に、1日疲れた筋肉をゆっくりほぐすようなイメージで簡単なストレッチをすると良いです。

足は曲げ伸ばし、足首を回すなど…首は左右に倒し、肩は肩甲骨を回すように…独自でいいと思うやりかたで結構ですよ!

毎日3~5分程度ストレッチするといいです。

続けるコツはストレッチを難しく考えずにリラックスしながらやることがいいですね。

1日中張って固まってしまった筋肉をほぐし、緊張もほぐれ、ストレッチしたことで多少の代謝もあがったところで睡眠に入られると安眠でき、次の日の目覚めが違ってきますよ。

 

ツボ押しで全身疲労を軽減する


ツボ押しで全身疲労を軽減する
全身疲労に効くツボをご紹介します。まずは手にあるツボで合谷というツボで、位置は手の甲側の親指と人差し指の骨が交わる手前のくぼみのやや人差し指寄りです。

押し方は親指を合谷に当て、他の指で手を握るように支えて人差し指の骨に向かってもみこみます。

次に足にある湧泉というツボで、位置は足の裏の土ふまずのやや上の中央、足の指を曲げたときにへこむところです。

押し方は両手で甲側から足を支え、両方の親指を湧泉の上に重ねて指先に向かって押しもみます。

毎日少しずつゆっくりと慣らしていくことで全身疲労が軽減され、リフレッシュできますよ。

ぜひ、お試しになられてみてくださいね。

 

今日のまとめ

働く女性必見!サービス残業で疲れた身体を癒す方法

・ ぬるめの湯船でじっくり入浴をする
・ アロマで癒される
・ ドリンクで疲労をとる
・ ストレッチで体をほぐす
・ ツボ押しで全身疲労を軽減する