アラサーになったら食べ過ぎを止めるべき4つの理由

アラサーになったら食べ過ぎを止めるべき4つの理由
寂しいからなのか?はたまた、満たされていないからなのか?最近食べ過ぎてしまうのはなぜだろう・・一般的には「満腹実感の欠如」が原因だと言われているけど、ついつい食べ過ぎてしまう・・でも、いつまでも食べ過ぎていていいわけがない。なんとかしなくては…。

そんなアラサー女性はきっと多いはず。特に秋から冬にかけてはおいしい食べ物がたくさん旬を迎えるし、チョコレートやアイスクリームもなぜかおいしく感じる・・つい食べ過ぎちゃいますよね。でもその「食べ過ぎ」は女性の体にはよくないんです。今すぐその暴飲暴食は止めましょう。

ところで、なぜ30代になったら「食べ過ぎ」行為は控えたほうがいいのでしょうか。その理由についてまとめてみましたのでご覧ください。きっとこれを読んだら、あと一口がやめられるはず。

アラサーになったら食べ過ぎを止めるべき4つの理由

 

アラサーは基礎代謝低下の入り口


基礎代謝ってご存知ですか?
普段生活するうえで、特別な運動をしなくても消費するカロリーのことです。基礎代謝は一生のうち20歳くらいがピークで、それ以降はどんどん低下するのが一般的です。

では、基礎代謝が低下するとどんな不都合があるのでしょうか?
カロリーの消費量が減ってしまうということは、同じ生活をしていて、同じものを食べていても太ってしまう、ということです。

若いころはたくさん食べても太らなかったのに・・これくらいの量はいつも食べていたのに・・そんな風に感じている女性はきっと基礎代謝が低下してきた証拠です。

さらに、秋から冬にかけての時期は、女性の体は冬を越すために皮下脂肪を溜め込もうとします。つまり、ダブルで太りやすい時期だということです。

そして、一度低下してしまった基礎代謝は簡単にもとには戻りません。若いころとは違って、暴飲暴食を控えないと激太り・・なんてことに。

いつまでも綺麗でいたいアラサー女性にとっては、下半身太りなんてもってのほかですから、暴飲暴食は控えましょうね。

 

加齢臭の原因にも?!


アラサー女性の体は日々変化しています。
20代前半に比べると、体内の皮脂の中の過酸化脂質や脂肪酸が増加し、抗酸化作用が低下することによって脂肪酸は酸化されていきます。
酸化というのは一般的に、酸素と結合することをそう呼ぶのですが、「錆びる」ことと同じです。脂肪酸が酸化される際に、ノネナールという成分が分泌されます。このノネナールが加齢臭のもとになっています。

さらに過酸化脂質というのは
中性脂肪やコレステロールなどが酸化した総称で、体内にたくさん蓄積されると、生活習慣病などの重大な病気を引き起こすことになります。

つまり、美容だけでなく、健康にとっても「食べ過ぎ」は良くないということですね。

 

 

さまざまな病気の原因に・・


食事の場面での食べ過ぎはもちろんよくないのですが、偏食についても少しご紹介しますね。食事の量は一般的でも偏ったものばかり食べていると意味がありません。偏った食べ物の「食べ過ぎ」ですね。

たとえば、塩分をたくさん摂りすぎると高血圧のもとに。

高血圧というのは、文字通り血圧が高くなってしまう病気のことですが、なかなか改善するのが難しい病気でもあります。
薬を一生飲まないといけなくなってしまう可能性も十分にあります。

塩分を摂りすぎると、それを薄めるためにたくさんの血液が必要になり、血圧が上昇してしまうんですね。
高血圧はほかの病気も併発しやすかったり、心臓に負担がかかったりするので、気を付けるべき病気の一つです。

次に、人工甘味料。

甘いもの大好きなアラサー女性にとってはすごく苦痛ですよね。
人工甘味料の摂りすぎは、関節痛などを引き起こします。ヒザや腰など、大切な関節が痛くて動かなくなったら、生活にも多大な影響を及ぼしますよね。甘いものの摂りすぎも注意したいですね。

そして、揚げ物の食べ過ぎ。

揚げ物ってとってもおいしいですよね。でもあんまり食べすぎると、血液がドロドロになったり血管が詰まってしまったりします。顔などの血流も当然悪くなりますので、顔色が悪くなったり、疲れた顔に見えたりしてしまいます。

食事には欠かせない炭水化物も要注意です。

食事の際に白いごはんばっかり食べてしまう・・白いごはん、特に炊き立てはとってもおいしいですよね。でも食べ過ぎてしまうと肌にハリがなくなるなど、女性にとっては良くない効果があらわれてしまいますので注意が必要です。

バランスのいい食事が大切ということですね。

 

冷えの原因に


たくさん食べ物を食べると、胃腸が消化のために動き出しますよね。内臓を動かそうとして、私たちの体の中では、内臓に血液を集める働きをします。すると手足の先など末端の方に、なかなか血流が流れず、冷えてしまうんですね。

さらに、あんまり多くの量を食べ過ぎると、胃腸自体も冷えてしまって、消化も悪くなります。胃腸に負担をかけすぎるのもよくありません。

冷えは女性にとって大敵。

もともと冷え性の女性も多いかと思いますが、体が冷えると代謝が落ちてしまったり、脂肪の燃焼をしにくくなってしまうので、体内に脂肪を溜め込んでしまいます。

さらにその溜め込んだ脂肪は、徐々に固まって、セルライトを形成・・こうなると、痩せにくい体にまっしぐら。

普段からダイエットを意識している女性にとっては、こんな悪循環に陥るのは絶対避けたいですよね。

 

今日のまとめ

アラサーになったら食べ過ぎを止めるべき4つの理由

いかがでしたか。こうして並べてみるだけでも、私たちの体に悪影響を及ぼしてしまっていますよね。

食べ過ぎを防止するには、3食きちんと食べて間食をしないような努力をするとか、なるべく少ない量で満腹感を得るために、たくさん噛んだり、時間をかけて食事をするのがおすすめです。

美容と健康のためにすぐにでもやめたい「食べ過ぎ」、出来れば今日から食べ過ぎない努力をしていきましょう。

・ アラサーは基礎代謝低下の入り口
・ 加齢臭の原因にも?!
・ さまざまな病気の原因に・・
・ 冷えの原因に