ぼちぼち転職しようかなぁ!オトナ女子がつぶやく5つの瞬間

ぼちぼち転職しようかなぁ!オトナ女子がつぶやく5つの瞬間
明日も仕事ですよね?

満足してますか?

その仕事に。もし不満があるのだとしたら・・・まだ続けますか?

それとも転職しますか?

実際にはそう簡単に会社を辞めるわけにはいきませんよね。

でも、転職しようかなと本気で考えてしまう瞬間があるはず。そんな瞬間を5つ集めてみました。

ぼちぼち転職しようかなぁ!オトナ女子がつぶやく5つの瞬間

 

避けられない毎日。上司と馬が合わない…


40代にもなれば、「今の仕事を辞めたいな、転職したいな」と思ったことは一度や二度ではないかもしれません。

しかし、転職をするのってとっても労力のいることだし、不安もあるし…なかなか踏み切れずに、そのままズルズル今の仕事をしているという人も多いようです。

それでも、どうしても転職したいな~と思ってしまう瞬間ってありますよね。

一番はやっぱり「合わない人がいる」ということ。中でも、上司と合わないと毎日が憂鬱になってしまいますね。

女性の、仕事の悩みで一番多いのが「人間関係」だと言われています。本当にそうですよね。

オトナ女子のみなさんからしたら、日々の仕事なんてもう慣れっこで、特に難しいこともないかもしれません。でも、人間関係に悩みがあると、本当に会社に行きたくなくなってしまうものです。

仕事だと割り切って乗り越えられるメンタルの強さは欲しいものですが、合わない人が上司だったり、あるいはちょっとしたことで突っかかってこられたり、ストレスのはけ口にされているなと感じるときは、こちらも辛いですね。

辛いと思ったら、転職することは何も悪いことではありません。ストレスのかかる職場に長いこといて身体を壊すよりは、ちょっと労力を使って新しい仕事を見つけた方がいい場合もあります。

日本人は耐えることが美徳というような考え方がありますが、そんなことはないんです。合わない人がいたら、思い切って転職してみましょう。

 

結構あった!部下に苦手な女の子がいる


実は、私の友達もこれを理由に転職しました。オトナ女子なら誰でも経験があると思いますが、新入社員が毎年入ってきますよね。その中でも、上司であるあなたの言うことを聞いてくれる子ばかりではないはずです。

若さを無駄にアピールしたり、イヤミを言ったり、強い子って本当に苦戦します。女性同士ですから、張り合うこともあるかもしれませんが、いちいち「若いこと」をアピールして敵対心を煽るようなやり方をする子は結構いるものです。

サラリと受け流せればいいのですが、それが難しい場合もありますね。

そういう女の子への対処法は、無視するしかありません。
おちゃらけて「私、おばさんだから」なんて言っても、どんどん突っ込んでくること間違いなし。関わらないことが一番なのですが、ペアでも組まされた日にはたまったもんじゃないですよね。

苦手な部下がいるから転職するなんて、負けた気がしてなんだか癪だと思うかもしれませんが、ストレスの元凶は絶つに限ります。思い切って、転職しちゃいましょう。

 

同期がみんな、結婚して退職してしまった。


オトナ女子にありがちなのが、この理由です。一緒に入った同期の女の子達が、みんな結婚して退職してしまった。あるいは、退職はしないまでも結婚してしまった…。残されたのは自分だけ。

なんだか会社にいにくいなと感じてしまうかもしれません。

気付かなきゃいいのに、勘のいい上司が自分だけ結婚していないことに気がついて、「○○くんは、まだ結婚しないのか?」なんて、心無い一言を浴びせられることもあるようです。

そんなことは気にしません!という強さを持っている人なら問題ありませんが、やっぱり、こんなときは転職したいなと思ってしまいますよね。

日頃から転職したいなと思っているなら、これを機に転職しちゃうのもいいかもしれませんよ。

自分のことを全然知らない職場に行くというのは気持ちも切り替わるし、世界も変わるし、とてもいいことです。真剣に考えてみるのもアリですね。

 

 

やりたいこと、違う仕事に興味を持ち始めた。


今までなんとなく今の仕事をやってきたけれど、アラサーになってちょっとやりたいことや人生のビジョンが明確になってきた…。そんなときも、転職を考えますよね。

一人でなにかを始めてみたい。今までのスキルを活かして、違う仕事をしてみたい。

そんなふうに思うこともあるかもしれません。しかし、今まで慣れ親しんだ環境や仕事から、新しいことにチャレンジするのは勇気がいりますよね。

失敗したらどうしようなんていう思いも、頭をよぎることでしょう。

しかし、アラサー、つまり20代後半~30代というのは絶好のタイミングだと言えるのです。ある程度のキャリアがあって、知識もあって、一番いい時期なんです。やりたいことがあるなら、今しかありません。

貯金もある程度あるかもしれません。資格を取ったり、自分で仕事を始めるための資金にしたりもできますよね。

「思い立ったが吉日」という言葉もあります。転職するなら今!くらいの気持ちで、新しいことにチャレンジするのもいいかもしれませんよ。

 

忙しすぎて身体も心も疲れちゃった。


ブラック企業ではないけれど、うちの会社は人使い荒いよ~…なんて思ったら、やっぱり転職を考えちゃいます。

女性でも男性でも関係なく、仕事がキツい職場って確かにありますよね。特に、男性が多い職場にそういう傾向があるように思います。

男性と同じように働くのは、やっぱり辛い。
一生懸命働いていてもなかなか出世できないというのが、現実です。

仕事は辛いものですが、どこか楽しみややりがいがないと続けていくのは厳しいですよね。

休みなく働いていたら、自分のやりたい趣味も、習い事も、そしてゆっくりする時間もなく、一体何のために働いているんだろうと思ってしまいます。

あまりにも忙しい、休みもないような会社はやっぱり辞めて転職する方がいいですね。どうしてもその仕事が好きで、私の生きがいなんだ!という場合は別として、仕事自体が好きなわけじゃないけれど、なんとなく入った職場だから続けているという人は、自分の生活を見直してみてください。

休みは取れていますか?友達と出かけたりする時間はありますか?それよりも、寝る時間はちゃんと確保されていますか?

これは、普通のOLならみんな当たり前のようにあることです。これがなかったらあなたは働き過ぎかもしれません。

会社はひとつではありません、辛い思いをしながら身体を壊し、ストレスで心を病んでしまったら、もう働きたくても働けなくなってしまいます。

ぜひ、あなたの会社を見直してみてくださいね。そして、辛いと感じたら転職することが大切です。

 

今日のまとめ

ぼちぼち転職しようかなぁ!オトナ女子がつぶやく5つの瞬間

いかがでしたか。あなたに当てはまることはありましたか?

入社してから何回か転職したいと感じたことがあるかもしれませんが、その頻度が、最近多くなってきているなと感じたり、耐えられないような出来事があったら、真剣に転職を考えてみましょう。

無理して今の仕事を続けていく必要はないんです。「自分がいなくなったら、今の部署は大変なことになってしまう」と思ってしまう責任感の強い人はなかなか転職に踏み切れないでしょうが、ここではっきり言います。あなたがいなくなっても、代わりの人がいる、それが会社なんです。

私は、そんな風に上司から言われたことがあります。会社組織というのは、そういうものなんですね。

例えば、職人さんのようにその人にしかできない技があるという場合は別として、一般的な会社であれば、代わりの人なんていくらでもいるんです。

それを悲観的に捉えるのではなく、「だったら私がいなくなっても大丈夫か~」と思ってみてください。

そうすると気が楽になりませんか?

気が楽になって、転職しなくてもよくなる、なんてこともありますし、逆に転職に踏み切れるということもありますね。

年の初めですから、今年一年も今の職場で頑張れるのかどうか、自分の胸に聞いて、答えを出してみるのもいいかもしれませんよ。

・ 避けられない毎日。上司と馬が合わない…
・ 結構あった!部下に苦手な女の子がいる
・ 同期がみんな、結婚して退職してしまった。
・ やりたいこと、違う仕事に興味を持ち始めた。
・ 忙しすぎて身体も心も疲れちゃった。

 

あなたはツイてる(^_-)-☆