増えるデブの衝撃!太るのは簡単なのに痩せるのはなぜ難しい?

増えるデブの衝撃!太るのは簡単なのに痩せるのはなぜ難しい?
知ってましたか?肥満の人たちって、実は栄養失調者の2.5倍もいるそうです。世の中には数えきれないほどの痩せる方法やダイエット方法があふれていて、肥満やデブになんかなりたくなくて、痩せる努力をしているはずなのに…。食事だって気をつけているのに…。

今回は、痩せた人をもデブらせてしまう通称「デブ菌」の存在でがぜん注目されるようなった腸内細菌のヒミツと腸内細菌を味方につける最新のダイエット方法をお伝えします。

そうそう、話題のクリステンセネラ・ミヌータ(Cristensenella minuta)菌の働きとデブ菌との関係についても調べてみましたので参考にしてくださいね。

増えるデブの衝撃!太るのは簡単なのに痩せるのはなぜ難しい?

 

腸内細菌って一体何をしているの?


私たちの腸の中には100兆個を超える細菌が住んでいて、食べ物の消化吸収だけでなく、私たちが生きていく上で欠かせないホルモンの分泌や、病気を防ぐ免疫系がスムーズに働くために欠かせない存在です。腸内細菌は私たちの健康に役立つ作用をする善玉菌、悪い作用をする悪玉菌、有用菌や悪玉菌ではなく腸内の環境によって増減する日和見菌の3つのグループに分けられています。

よく、「体は食べたものから作られる」と言いますが、私たちが食べる食べ物は腸内細菌も「ゴハン」のように食べています。そして腸内細菌にも食べ物の好みがあって、善玉菌が好きな食べ物をたくさん食べれば腸の状態がよくなり、悪玉菌が好きな食べ物をたくさん食べると腸の状態が悪化します。

腸内環境の悪化は肌や体調の変化にすぐに表れてくるので、いかに腸内細菌を味方につけるかがダイエットではテッパンになります。

腸内細菌の種類や数ってみんな一緒ではなくて、同じ家族でも一人一人異なっています。そして若くても老人のように衰えた腸内細菌の状態になっていたり、高齢でも若々しい腸内細菌の状態を保っているなど、同じ年齢でもカラダの「若さ」に大きな差をつけていると考えられているんですよ。

 

その「痩せる」「太る」に直接関わってそうな「デブ菌」って何なの~!?


このいかにも太りそうなこの「デブ菌」、気になりますよね~。

いったいこの「デブ菌」って何なのかというと、マウスを使った実験で無菌マウスに肥満の人の糞便を移植すると、わずか1~2日で太ってデブになってしまったという衝撃の事実で明るみに出た、腸内細菌群のことです。

つまり、痩せている人と太っている人の腸内細菌の状態には明らかに違いがあって、肥満の人はデブ菌が優位の腸内環境になっている可能性が高いというわけです。そして、「食事の量や運動量にそれほど違いがないのにどうしてこんなに痩せにくいの?」というアナタやワタシの長年の疑問に答えてくれる有力な手掛かりになりそうなんです。

もし、「デブ菌」のせいで肥満になっていたら救いようがないのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありません!

実験には続きがあって、この肥満の人の糞便にクリステンセネラ・ミヌータ(Cristensenella minuta)菌を加えて移植するとマウスは太ってデブになることはなかったのです!これは一体どういう事かというと、クリステンセネラ・ミヌータ菌には腸内での脂肪吸収を抑制する働きがあって、肥満になるのを抑制したのではないかと今のところ推測されています。

実際に調べてみると、痩せている人の方がクリステンセラ・ミヌータ菌を肥満の人より多く持っていたそうです。

 

 

「デブ菌」に腸を乗っ取られないようにするにはどうすればいいの?


さあ、それではアナタの腸をデブ菌に乗っ取られないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

それには、デブ菌が増える条件と反対の事をすればいいわけです。デブ菌の大好きなのは、脂肪と糖分たっぷりの食事を大量に供給してくれる環境。つまり、高脂肪(特に動物性脂質)・高糖分の食事を一日中ひっきりなしに食べている状態です。

・・・これってデブな人の食生活そのものですよね。

デブ菌と呼ばれるだけあって、この腸内細菌もデブと同様にメタボな食生活が大好きってわけです。なので、デブ菌の暴走を抑えるには低脂肪・低糖・ダラダラと長時間にわたって食事せず、食事時間を決めて適量を食べるということです!

参照:腸内フローラのバランスを整える「善玉菌」を増やす方法

 

それでは善玉菌を応援するにはどうすればいいの?


痩せるために理想的な腸内環境にするには、デブ菌をはじめとする悪玉菌の活動を押さえるだけでなく、善玉菌を増やして活発に働いてもらう必要があります。そこでぜひ摂りたいのが食物繊維です。

食物繊維はそれ自体で便通を整える働きがある他、善玉菌の栄養源になって善玉菌を増やしたり、善玉菌に分解されて腸からの糖や脂肪の吸収を抑える働きをしてくれます。

食物繊維というと糸くずのような繊維状の塊を連想しますが、食物繊維にはそのような目に見える繊維状の水に溶けないものの他に、水に溶けて目に見えない状態になっている食物繊維もあります。この水に溶ける水溶性食物繊維が善玉菌優位で痩せる腸にする上では欠かせません。

腸の善玉菌はオリゴ糖やこの水溶性食物繊維をエネルギー源に活動しています。

普通に生活していても風邪やストレスで腸の善玉菌は減少しがちな上に、日本人の10~40歳代のすべての年齢で食物繊維の目標摂取量に足りていないので、積極的に摂取する必要があります。アラサー女子の場合は一日あたりあと4~5g必要です。

食物繊維の中でも特に水溶性食物繊維を摂るには、昆布・わかめ・果物・里芋などが適していますが、最近特に注目されているのが「大麦」です。

大麦は米国FDAという食品医薬品局で健康強調表示を認可した食品になっています。これはどういう事かというと、日本の特定保健用食品(トクホ)に相当する評価を受けているということで、大麦はそれだけでトクホ食品のような扱いをされているのです。

実際に大麦(押し麦)は精白米に比べカロリーが低く、カルシウムや鉄分も多く含まれています。食物繊維は精白米100gあたり0.5mgのところが押し麦では9.6mgと何と19.2倍

しかも野菜・穀物中NO.1の水溶性食物繊維量を誇っています。だから大麦は少量しか食べなくてもたくさん食物繊維が摂れる優れた食品なんです。

しかも大麦って、麦ごはんに混ざってる麦って知ってましたか?そう、私たちにとても親しみのある食品だったのです。

大麦は毎日継続して摂取することで肥満や生活習慣病を予防する効果が実証されているので、白米ゴハンを一部大麦に置き換えた麦ゴハンを毎日摂るようにしてみてはどうでしょうか?

デブBodyから簡単にスリムBodyへと変身できた!という女性もいるくらいです。食生活の改善こそがあなたの身体にいい変化を起こしてくれますから。

 

今日のまとめ

増えるデブの衝撃!太るのは簡単なのに痩せるのはなぜ難しい?

痩せてる人と太っている人との違いに腸内細菌の違いもある、ということをお伝えしました。

肥満を招く習慣で腸内環境が悪化して痩せにくい体質になっているのなら、痩せてる人の腸内環境に近づけて腸内細菌で痩せちゃう「細菌ダイエット」もアリではないでしょうか?

今日から善玉菌フレンドリーな腸へ改造しましょう。

・ 腸内細菌って一体何をしているの?
・ その「痩せる」「太る」に直接関わってそうな「デブ菌」って何なの~!?
・ 「デブ菌」に腸を乗っ取られないようにするにはどうすればいいの?
・ それでは善玉菌を応援するにはどうすればいいの?

 

あなたはツイてる(^_-)-☆