女性におすすめな手帳選び!毎日が充実する手帳の使い方知ってますか?

女性におすすめな手帳選び!毎日が充実する手帳の使い方知ってますか?
やらなきゃならないことに追われて、常にスケジュールがビッシリ。けど、充実感のない毎日を送っている・・・働くオトナ女子の間には、そうした声も少なくない。それはきっと「やらされ感」のある仕事をしているからかもしれませんよね。これからは手帳を使って自分の時間をコントロールしてみてはいかがですか?

女性におすすめな手帳選び!毎日が充実する手帳の使い方知ってますか?

 

手帳選びの楽しみ


そろそろ手帳を選ぶ季節がやってきましたね~。先日、雑貨屋さんに行ったらたくさん並んでいました。やっぱり、新しい年の新しい手帳って、買うときにワクワクしますよね。私は、革の表紙がついたミニサイズのタイプと、毎年買う紙の表紙のものと二種類使っています。革の方はレフィルを買うのですが、毎年買う紙の表紙のものはいつも違うタイプのものを選ぶので、買うときがとても楽しみなんです。今、スマホのスケジュールアプリなども充実しているので、スマホで済ませちゃうというオトナ女子も少なくないかもしれませんが・・・やっぱり紙に書く喜びってありますよね。それに、字を書かないと忘れちゃうんです。簡単な文字でもたまに「あれ?どういうふうに書くんだっけ?」なんてことになること、ありませんか?それになんといっても手帳の魅力は、予定が埋まっていくのを見ると、充実感を味わえるところですね。マスキングテープやシール、付箋などを使って自分なりにアレンジするのも楽しいです。私は字を書くのが好きなので、手帳にも色々と書き込んじゃいます。いいなと思った歌のフレーズの歌詞を書き留めておいたり、最近読んだ本の素敵な言葉を書いてみたり、一年を振り返って手帳を見ると、その年、どんな気持ちで過ごしていたのかな?どんな言葉に感銘を受けたのかな?ということがよくわかります。私の友達では、チェキを使って写真を撮り、それを貼って絵日記みたいにしている人もいます。日常のどんなシーンでも、見返すと懐かしく心がほっこりする。そんな素敵な手帳を作り上げていきたいですね。今日は、毎年手帳選びで悩んでしまうという人に、手帳の種類とメリットなどについてご紹介していきます。これから買おうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

マンスリータイプ


まずは、マンスリータイプ。月の予定をざっと書いていくのにオススメです。ただ、これは予定が多い人には大きめのサイズでなくては書き込めないのであくまでも予定をざっくり書きたいという人向けですね。ちなみに私は、二冊持っている手帳のうち、一冊がこのマンスリータイプで、会議などでざっと予定をメモするときに使っています。
それを、家に帰ってからもうひとつの手帳に細かく書き写す、いわば予備的なものですね。一ヶ月の予定を把握しておきたい人、予定がそんなにない人、そして、何よりもマンスリータイプはかさばらないので荷物を最小限に抑えたいという人におすすめです。


家計簿付き手帳 A6

私も普段は会社にマンスリータイプの手帳を一冊だけ持って行き、家でもうひとつの手帳に書き写すので荷物が少なくて便利です。

 

週間レフトタイプ


週間レフトタイプというのは、見開きの左ページに1週間分の記入欄があって、右ページがフリースペース(メモ書き)になっているものです。


ペーパーブランクス 週間レフト式

一日の予定が結構あって、書き込むことがたくさんあるという人にはこちらのタイプがおすすめです。一週間の予定を把握したい、かつ色々と書き込みたいという人におすすめですね。一般的に売られている手帳ではマンスリーとこの週間レフトタイプが一緒になっているものもありますね。私も、二冊目の手帳はこの週間レフトタイプ付きのものを選んでいます。日記を書いたり、その日思ったことや感じたこと、大事なことなどをメモしています。フリースペースにはシールを貼ったり絵を描いたりして遊んでいますよ。自由度の高いタイプなので、自分でいろいろと書き込みたいなぁ、とか、予定が次々追加されてしまうようなお仕事の人にはこれがベストだと思います。

 

 

週間バーチカルタイプ


次に、週刊バーチカルタイプですが、こちらは見開きの横軸に1週間分の日付が書いてあり、縦軸に1日の時間軸が書いてあるタイプのものです。時間軸は30分刻みのものから1時間刻みのものまで、さらに通常仕事をしている活動時間の朝8時~夜11時までといった時間のものから、24時間タイプのものまで様々です。分刻みで動いているような仕事の人、私の知り合いでは秘書をしている人などはこのタイプの手帳を使っていますね。この時間に会議がある、プレゼンがある、外回りがある・・・というように日によってやることが違う、時間が違うという人にはこのタイプが特におすすめです。それ以外にもメリットとしては、どの仕事にどのくらいの時間を使っていたのかなど、あとで見直すことで自分の仕事が把握できるので、そういうふうに使ってみたいという場合でも重宝しますね。私はこのタイプの手帳は使ったことがないのですが、男性はよくこのタイプを使っている人を見かけます。細かく予定を書いていきたい、いろいろ把握しておきたい人にはベストですね。


Moleskine

 

デイリー(1日1ページ)タイプ


デイリータイプはその名のとおり一日一ページが割り当てられているものです。見開きで二日分になりますね。一日の記入スペースがとにかく広いというのが特徴です。スケジュール管理というよりは、自由にいろんなことを書いたりメモしたりするのに向いています。デイリータイプで有名なのが、「ほぼ日手帳」ですね。私の周りでも使っている人がたくさんいるのですが、本当にスタイリッシュなデザインでかっこいいですね。カバーもたくさんあるので、いくつか買って気分によって使い分けるのもいいですね。私の周りでは、絵日記として使っている人や、アイデアノート、ダイエットノートとして使っている人などがいます。絵日記では、その日にあった出来事を書いたり、買ったものをちょっとしたイラストで書いてみたり、絵が下手だっていいんです、とにかく思い出に残って懐かしく思えたらいいですよね。アイデアノートとして使っている人は、仕事のアイデアなどを書き留めていたりしています。イラストもそうだし、雑誌の切り抜きや新聞の切り抜きを貼ったり自由に使っていますね。ダイエットノートは、その日に食べたもの、運動したとしたら運動の内容などを書いておくと便利ですよね。どのくらい体重が減ったか、すぐにわかります。何年かして見返した時に、「このときはこの体重だったんだ~。こんなものを食べていたんだ」と参考になりますね。周りでほぼ日手帳のようなデイリータイプの手帳を使っている人がいたら、ちょっと見せてもらってみてください、その人の人柄が出ていておもしろいですよ。


ハッピーメイクダイアリー 手帳

女子会のときに、ほぼ日手帳を見せ合ったりしても楽しいですよね。みんなに見せるとなると、かわいくしようかな~とか色々と考えたり凝ったりするので張りあいが生まれますし、三日坊主になっちゃうという人にはオススメですよ。

 

今日のまとめ

女性におすすめな手帳選び!毎日が充実する手帳の使い方知ってますか?

いかがでしたか。私はこの手帳のシーズンになると本当にワクワクしてきます。
毎年、雑貨屋さんに行っては、どんなデザインのものがあるかな?といろいろ見て回るのが楽しみです。
デザインが気に入ったのに、中身がバーチカルタイプだったとか、その反対でレフトタイプだったとか、自分の好みじゃないタイプだったりするとがっかりしてしまいます。
月曜始まりと日曜始まりでも変わってきますよね。
私は月曜始まりが好きなのですが、カレンダー通りの日曜始まりがいいという人もいるので、それもこだわる人はチェックしたほうがいいポイントですね。
一年間使うものなので、やっぱり自分がいかに使い勝手がいいかというところを重視して選ぶのがベストです。
値段と相談しながら、自分の一年にベストな手帳を選んでみてくださいね。

・ 手帳選びの楽しみ
・ マンスリータイプ
・ 週間レフトタイプ
・ 週間バーチカルタイプ
・ デイリー(1日1ページ)タイプ

 

あなたはツイてる(^_-)-☆