結婚できるか不安だから?他人の幸せを喜べない独女の特徴

結婚できるか不安だから?他人の幸せを喜べない独女の特徴
そもそも結婚できるか不安な気持ちを抱いているアラサー独女にとって、実は後輩たちの結婚はつらいもの。彼女たちを羨ましく思う反面、僻みや嫉妬といった醜い感情がどうしても拭えない。けど、そんな気持ちで行動してしまうと・・・自分の印象が悪くなるだけ。さらに婚期が遠のいてしまう…。

結婚できるか不安だから?他人の幸せを喜べない独女の特徴

 

結婚が全てじゃない!と思ってしまう・・・


結婚が全てじゃない!と思ってしまう・・・
テレビでも、日常の会話でも、「結婚」というワードに敏感になってしまうアラサー女子も多いのではないでしょうか?

最近は、アラサーやアラフォー女性が「結婚しない」というキーワードのドラマなどをよく見かけるようになりましたね。
今、周りで話題なのは「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」という中谷美紀さん主演のドラマです。

結婚できるか不安なアラサー&アラフォー女性にとっては気になる話題がてんこ盛りで、ついつい見てしまうんですよね。

結婚したくてできないんじゃなくて、結婚しない選択をしている女性も多いし、それでも幸せって思っている人だっている。でも、世間は結婚しない独身のアラサーやアラフォー女性のことを同情の目で見るものです。結局、ドラマを見ていても、結婚するのかな?という感じになってきているし、結婚しないというよりは、結婚に向けてどんなふうに変わっていくか?みたいな視点になってきていて、タイトルとはちょっと違うような気もしますが・・・。

さて、後輩の結婚というニュースを耳にするとついつい喜べない自分がいることに気がつきます。この歳になってくると、「結婚が全てじゃない」という気がしてきてしまうのです。

周りの女友達には、結婚しても幸せじゃない人もいたりして、そういう話を頻繁に聞いていると、結婚への意欲も、理想もなくなってきてしまうのが現実です。

ましてや、自分より年下の後輩が結婚するという話を聞くのは、あまり気分のいいものではありません。結婚できるか不安な気持ちを隠しながら、「おめでとう!」と満面の笑みで言ったとしたって、周りからは同情の目で見られるし、当の本人も「先輩も頑張ってくださいね」なんて軽々しく言ってきたりして結構キツいです。

別に、結婚できないんじゃなくて、しないだけなのに・・・

そんな風に堂々と言えたらどんなに楽かと思ってしまいます。

でもそんな後輩の結婚を喜べない不幸グセは直していかないといけないんですよね。

 

「後輩」というところが気に入らない


「後輩」というところが気に入らない
周りで結婚していく人たちが増えてくる、アラサー世代になると、結婚に敏感になるのは当たり前です。自分は結婚できるか不安になってくるからかもしれません。でも、友達の結婚や同僚の結婚ならまだ許せたりするんですよね。

そうなんです、後輩というところが気に入らないのです。

私の会社にも、入社一年くらいで結婚する子がいて、なんだか何のために会社に入ったんだ?と思ってしまうこともあります。それは、個人の自由だから周りがとやかく言うことではないけれど、入社一年くらいで、会社の上司と結婚したり、お得意先の人と結婚したりする子は会社に、結婚相手を探しに来ているのかな?なんて思ってしまったり・・・。ダメだと思っても、そんなふうに思ってしまうものなんです。

私は、今の仕事に誇りを持っているし、まだまだ続けたいと思っています。だから、社内で恋愛しても、別れてしまって気まずくなって、仕事もやめなくてはならないということを考えるとついつい社内恋愛って面倒になってしまうんですよね。

もちろん、新入社員の頃はそんなこと考えずに素敵な上司がいたら恋愛したいななんて思っていたけれど、そんな気持ちもだんだんなくなってきちゃいました。

大体、会社に入ると男性の嫌な面も目の当たりにすることが増えますよね。それまでは高校や大学といった学校という狭い空間で男性の嫌なところなんて見ることもあまりなかったけれど、一緒に仕事をするようになるとやっぱりチラホラと嫌なところが見えてくるものです。

そういうのを見てしまうと、「こういう人とは付き合いたくないな」なんて思うことも増えるんです。

そうなってくるともう、社内での恋愛は難しくなりませんか?

ちょうど社会人への強い憧れのある入社したてから2年目くらいの女の子なら勢いで結婚しちゃうっていうのもあるかもしれませんね。

いずれにしても、自分が結婚できるか不安な状況で後輩が結婚する、しかも社内の人と・・・というのは喜べないポイントではあります。

 

マイナス要素を探してしまう


マイナス要素を探してしまう
結婚へのマイナス要素を探してしまうというのも不幸グセの一つです。

周りの「結婚しても幸せじゃない女たち」の話を聞けば聞くほど、結婚に対して、いいイメージがわかなくなってしまうんです。

結婚できるか不安な気持ちをかき消すかのように、どんどん結婚への憧れが薄れてきちゃうんですよね。

それから、後輩が結婚するという話を聞くと、相手の人の写真とか仕事とかいろいろ聞くことになりますよね。それほど興味がなくても、どんな人なの?とか仕事は何をしているの?とか周りは聞いてくるわけです。私自身は、あまり聞くことはしないのですが、噂好きな女性というのはどこの職場にもいるもので、そういう「自称情報通」の女が根掘り葉掘り聞き出してはほかの女子社員に言って回ったりして、嫌でも耳に入ってくることになります。

そこで、どんな男性なのか?というのを聞くとついアラばかり探してしまうんです。

・あんな仕事をしている人は嫌だな~

・実は、バツイチなんだって・・・

・顔がいいし口がうまいから、浮気されちゃうんじゃない?

など、マイナスの要素ばかりを見てしまいます。
素直に喜べない自分に腹が立ちながらも、ついマイナスのことを考えて、結婚できるか不安な自分を慰めてしまうんです。

こんな自分、本当は嫌なんです。でも、後輩の結婚を素直に喜べないんですよね。

 

 

喜んであげたいと思う気持ちとの葛藤


喜んであげたいと思う気持ちとの葛藤
新人研修のときから可愛がってきた後輩が結婚するとき、私はさすがに喜んであげたいと思いました。しかし、いつもの不幸グセのせいで、そんな可愛い後輩の結婚ですら喜べない自分がいたのです。

でも、喜んであげたい、素直におめでとうって言ってあげたいという気持ちもあって、その葛藤がすごかったですね。

可愛がっていて、身近にいる後輩だからこそ、なおさら周りからはいろいろと言われてしまいました。上司からは「先を越されちゃったな~」なんて言われたり、結婚おめでとうのお祝いの飲み会でもみんなから同情されて励まされる始末・・・。

結婚できるか不安な気持ちを胸の奥にしまって、こっちも「早くいい人紹介してくださいよ~」なんておどけてみせたけれど、別に正直そんなふうに思ってはいないし、情けなかったですね。

この年になって、結婚しないということはそんなに恥ずかしいことなのだろうか?と心底悩みました。

男性からしたら、きっとなんの気なしに言っている言葉なのかもしれないけれど、毎回浴びせられているこちらとしては、本当につらいものです。

かわいい後輩の結婚だから喜びたいという気持ちはあります。でもそれを台無しにするのは、もしかしたら配慮のない周りの人達なのかも?

って、人のせいにしたらいけませんよね。

 

自分自身が幸福になるためには?


自分自身が幸福になるためには?
ここまで、他人の結婚を素直に喜べない自分の不幸グセについて見てきましたが、では、どうしたら自分自身が幸せになれるのか?結婚できるか不安な気持ちを解消することができるのか、ということについて見ていきましょう。

今の日本の環境で、おそらく後輩が結婚したりした場合、何も言われない職場っていうのは少ないかもしれません。私が周りの女友達の話を聞いていても、大体後輩が結婚すると同情されるということが多いです。

そして、きっと誰からも何も言われないとしても、それはそれで周りの人がみんな気を使っているんだな・・・と思って気にしてしまうことでしょう。

つまりは、自分自身が何を言われても全く気にしないというのが一番なんですよね。その域に到達するまでは結構大変かもしれませんが・・・。

男性の中には意地悪な人もたくさんいて、気にしないでいようと頑張っても、それに輪をかけてしつこく言ってきたりする人もいます。

そういう人には、ケースバイケースで、先ほど言ったように

「いい人紹介してくださいよ」

などの三枚目路線で行くというのもひとつの手です。

要は、笑いに変えてしまうっていうやつですね。その方法を使うときには、一度でやめること。それをネタにして、周りから笑いを取ろうとしてくる悪ノリ男性もいますから、そのネタに乗るのは一度きりにしておきましょう。

何度もそのネタを使ってしまうと、周りからバカにされたり、同情がエスカレートすることもあります。

アラサーやアラフォーになると結婚ネタをやり過ごしたり、普段の業務に加えていろいろ考えることも増えてきますが、それをうまくかわせるようになったら立派な大人の女性という感じもしますので、自分自身がどうやったら楽しく過ごせるかということを考えていきましょう。

 

今日のまとめ

結婚できるか不安だから?他人の幸せを喜べない独女の特徴

いかがでしたか。妬んでも、僻んでもいいことは何もありません。後輩の結婚を喜べない気持ちなんてよくわかります。そんなの当たり前です。でも、自分は自分だし、人は人。基本的なところを忘れなければ、自分が不幸になることはないんです。人が結婚したからって、自分が惨めになるなんてことはありません。

あなたの人生は、充分輝いているということを忘れないでくださいね。

・ 結婚が全てじゃない!と思ってしまう・・・
・ 「後輩」というところが気に入らない
・ マイナス要素を探してしまう
・ 喜んであげたいと思う気持ちとの葛藤
・ 自分自身が幸福になるためには?

 

あなたはツイてる(^_-)-☆