仕事と結婚どっちを選ぶ?30代女性の生き方を賢く選択する方法

仕事と結婚どっちを選ぶ?30代女性の生き方を賢く選択する方法
「仕事と結婚」なかなか選べないけど、選ばなければならない時が誰にだってやってきます。
それは、アラサーを取り巻く環境が20代の時とはかなり違うから。

30代になってからの決断にはそれなりの覚悟が必要になりますよね。だからこそ慎重に選びたいもの。

今回は、仕事と結婚のどちらを取るべきか?に悩んだとき、決断の参考にしてほしい私の体験をお伝えします。

仕事と結婚どっちを選ぶ?30代女性の生き方を賢く選択する方法

 

30代女性の生き方や生きがいの悩みは20代女性とは全然違う!


30代女性の生き方や生きがいの悩みは20代女性とは全然違う!
職場で忙しく働いているあなた。仕事には慣れてそれなりに責任ある立場にも就き、後輩の指導も任されています。だけど30代になるとますます気になるのが、これから先のこと。

同期のあの子が「結婚します!」って報告してきて、いつもは考えないようにしていた「仕事と結婚どっちを取る?」って悩みがまたよみがえってきた・・・(~_~;)

アラサー女性にとっては、仕事を続けて職場でのキャリアをそのまま築いていくのか、はたまた結婚して家庭の幸せを求めるのかは、自分の人生の生き方や生きがいに直接関ります。

でも、若さと体力で押し切れた20代の頃とは違って、体力や職場の環境、仕事内容の変化など、いつの間にかあなたを取り巻く状況は変わっています。

20代の頃はどちらかというと「職場の人間関係」や「振られた仕事がうまくできないもどかしさ」が悩みの中心でした。ところが30代になると、「独身」「既婚者」「バツイチ」「キャリア志向」「家庭&子育て」「転職」など、お互いの立場や環境が大きく変わるので、それまで合っていた話が急に合わなくなってくるのです。

そんなあなたの現状を理解して、賢い選択をするための実例を挙げてみますね。

 

ケース1:20代ですぐに結婚して子育てに突入、気づけば30代に


ケース1:20代ですぐに結婚して子育てに突入、気づけば30代に
とにかく生活のためにお金が必要だった私。仕事だって「やりたいこと」なんて言っていられなくて、「仕事はお金を得るための手段」だと割り切ってがむしゃらに働いていた。当然仕事が好きなわけじゃないから、結婚して家庭を持って子育てするのが夢だったわけ。

だけど20代の早いうちに子どもを産んでがむしゃらに頑張ってきたけれど、家庭に入って主婦していると充実感があって満たされているかというと、そうばかりも言ってられなかった。

子どもが生まれたばかりの頃は、心の底から「かわいい!」と思えたけれど、子育ては仕事以上にハードな所もあるし、仕事とは別のストレスがたまる。

子どもが小さいうちは一日中子どものお世話に追われて自分の時間が持てないし、病気や心配事も多い。大きくなって保育園や幼稚園、小学校に行く頃には、親が行事に追われて大変になってくる。子どもが小さな頃は健康面での心配が多いけれど、大きくなってくると友達や親同士の人間関係や学習面での悩みも増えてきた。

子育ては仕事と違って定時に終わるってことがないから、ストレスをうまく解消できるようにしておかないと若いママでもツライと思う。だけど、大変な毎日の中で、子どもがふと漏らした「ママ大好き!」の一言や、ちょっとしたしぐさで感じる子どもの成長は、何物にも代えがたい私の宝物なのは間違いない。

 

ケース2:仕事一筋に頑張ってきたけれど、キャリアの行き詰まり感で悩んでる


ケース2:仕事一筋に頑張ってきたけれど、キャリアの行き詰まり感で悩んでる
仕事に慣れることが精いっぱいで、毎日があっという間に過ぎて行った20代。会社の仲間とも「上司が」「先輩が」と仕事の後に愚痴って飲んでればスッキリして、それなりに充実してたの。

だけど、アラサーになったこの頃、職場の中でキャリア志向の人とそうでない人とがだんだんはっきりしてきている。もう結婚したり子育てしている先輩や同僚と話が合わせづらい。

だからといって、20代の頃の自分のような頑張りが効かない30代の私。どうしても体力の限界を感じるし、仕事の内容も責任も重くなってストレスはかかる一方。

雑務も増えて、キャリアを突き詰めようとすると、やっかみや足の引っ張り合い、変なゴシップに巻き込まれることも増えた・・・。

20代の頃は毎日ハラハラドキドキ、変化のある毎日だったし、みんなが期待してくれて仕事もうまく行ってた。仕事で失敗しても同僚や仲間と助け合えてたし、「あの頃の私って輝いてたよね」感が強くてタメ息(-_-;)

 

ケース3:仕事でも結婚でもない「自分らしい」第三の生き方


ケース3:仕事でも結婚でもない「自分らしい」第三の生き方
仕事でも結婚でも、そこで頑張った結果、自分の望む結果が少しでも得られていれば、満足感が得られるので、未来に対する希望や生きがいが得られます。

仕事や結婚のどちらかにやりがいを感じ、それなりの結果と良好な人間関係が築けているのなら、そのままその道を進んでいっていいと思います。

でも、仕事や家庭でうまくいかないことが多かったり、失敗続きの人は、そのままでは人生全体の運気も低下していってしまうので、自分の得意なことや好きなこと、そして自分が一番輝けるコミュニティーを見つけてそこにエネルギーを注いでみるようにします。

そうすることで、仕事や家庭で消耗して下がってしまったエネルギーや運気を、あなたに合った「活動(趣味・ボランティア活動など)」でチャージして上げるのです。

仕事や結婚はあなたの果たす「会社員」や「配偶者」「母親」などの役割に関わることですが、趣味やボランティア活動は、役割にとらわれないあなた自身が「好きなこと」なので、生涯変わらずあなたにパワーチャージしてくれるものです。

なので、仕事や結婚にとらわれずにあなたをずっと応援してくれる趣味や活動を見つけておくのも、アラサー女子の毎日を輝かせる秘訣の一つです。

また、趣味や余暇活動で出会った人は、あなたの仕事や家庭とは利害関係のない人なので、仕事や家庭で悩んだ時にいいアドバイスをしてもらえる可能性もあります。

 

 

仕事と結婚、どっちを選ぶにしてもアラサー女子が大切にしたいこと


仕事と結婚、どっちを選ぶにしてもアラサー女子が大切にしたいこと
30代になるといろいろな体験を通しての経験値が上がります。30代女性はだんだんと「生き方上手」になっていく、人間的に成熟に向かっていく年齢でもあるのです。

なので、仕事と家庭のどちらを選ぶにしても間違っても20代の若手のような「がむしゃらな体力勝負」なやり方は避けなければなりません。ここを間違うと「うつ病」や「燃え尽き症候群」に自分を追い込んでしまうからです。

なので、

・仕事ではできるだけ「ON/OFF」を切り替えること
・すべてを背負い込まない「逃げ場の確保」
・無理なこと・できないことを「断る勇気」
・趣味の大切さ

を頭の片隅に置いておいてほしいのです。

 

生き方に迷ったときに相談できる人の条件ってどんなもの?


生き方に迷ったときに相談できる人の条件ってどんなもの?
迷えるアラサー女子の人生の選択に関わる悩みには、生き方の見本になるような人の存在は心強いもの。そんな良きアドバイザーになれそうな人の条件を上げてみますね。

・普段から気が合ったり話の合う人
・相談したことを他の人に流したり、筒抜けにしたり、噂の種にしない「信頼できる人」
・相談している最中に議論や説教にならない人
・お互いに気遣いし合えるような尊敬できる人
・自分よりも経験豊富な人や年齢の上の人

自分を取り巻く環境や年齢によってもあなたの考え方は変わるので、信頼できる人の意見も参考にしながらよく考えてみましょう。

 

今日のまとめ

仕事と結婚どっちを選ぶ?30代女性の生き方を賢く選択する方法

「仕事と結婚」が女性の人生にとって大きな決断なのは今も昔も一緒です。晩婚化で人生の選択肢が増えた今でも、これはアラサー女子にとっての人生の一大事です。

ただし、昔と比べて今は人生の時間がずっと延びました。

「仕事か結婚どちらかに!」と意気込まず、どちらを選んでもあなたの人生を輝かせる道をたくさん持っておくのも、ステキな人生を送るスキルの一つです。

よかったら参考にしてくださいね(^_-)-☆

・ ケース1:20代ですぐに結婚して子育てに突入、気づけば30代に
・ ケース2:仕事一筋に頑張ってきたけれど、キャリアの行き詰まり感で悩んでる
・ ケース3:仕事でも結婚でもない「自分らしい」第三の生き方
・ 仕事と結婚、どっちを選ぶにしてもアラサー女子が大切にしたいこと
・ 生き方に迷ったときに相談できる人の条件ってどんなもの?

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆