乳酸菌で美人になる!腸内環境を整えた私に起きた奇跡とは

乳酸菌で美人になる!腸内環境を整えた私に起きた奇跡とは
『菌活』という言葉が流行り出して、テレビCMでも『乳酸菌』という言葉をよく聞きますよね。乳酸菌について興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

ヨーグルトのCMでよく耳にすることから、『乳酸菌は腸内環境を整えて便秘を解消する』というイメージを持っている人が多いことでしょう。

しかし、乳酸菌は腸内環境を整えるだけでなく、身体全身の病気や調子を改善してくれるんですよ!美容のためにも、乳酸菌の力って必要なんです。スゴいですよね。

そこで今回は、そんなすごいパワーを持っている乳酸菌について、よりたくさんの人に理解して頂くために、乳酸菌の種類や効果、ビフィズス菌との違いについてまとめてみました。

便秘解消だけじゃない乳酸菌のパワーを知れば、美しく健康でいたいと思っているあなたは間違いなく乳酸菌の虜になってしまうでしょう。腸が綺麗になれば見た目も綺麗に若返りますからね。婚活じゃなくて菌活で、イイ男をつかまえちゃいましょう。

乳酸菌で美人になる!腸内環境を整えた私に起きた奇跡とは

 

そもそも、乳酸菌とは?


そもそも、乳酸菌とは?
乳酸菌は、ブドウ糖を分解して乳酸を作りだす微生物の総称です。総称ということは、乳酸菌という1種類の菌ではないんですね。動物の腸内や牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、納豆やキムチなどの発酵食品に存在します。

腸内では、乳酸を出すことで腸内を酸性に保ち、腐敗や食中毒を起こす菌の繁殖を防ぐことで、腸内環境を整える働きをしています。善玉菌の代表です。

 

乳酸菌の種類


乳酸菌の種類
微生物の総称である乳酸菌は、現在数百種類あると言われています。

まず、乳酸菌は形によって大きく二種類に分類されています。まっすぐ棒状の形の『乳酸桿菌』と丸い球状をした『乳酸球菌』です。数百種類もある乳酸菌のすべてをご紹介するのは無理なので、代表的な乳酸菌をご紹介しますね。

①乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)

おいしいヤクルトに使用されている乳酸菌です。胃液や胆汁といった消化液に強い特徴を持ち、生きたまま腸内に届く乳酸菌です。腸内のビフィズス菌を増やす働きをして、腸内環境を整えます。

 

②KW乳酸菌

少し専門的な話になりますが、免疫細胞の司令塔である細胞を活性化させる力を持っているため、免疫力アップの効果を持つ乳酸菌です。風邪やインフルエンザに強い身体を作る手助けをしてくれます。

 

③LG21乳酸菌

他の乳酸菌に比べて、胃で生存する力がとても強い特徴を持ちます。そのため、胃がんの原因であるピロリ菌の活動を抑える働きをしてくれる乳酸菌です。

 

④モラック乳酸菌

インフルエンザへの効果が期待されている乳酸菌です。インフルエンザが流行する時期に多く摂取すると、免疫力があがり元気に過ごせそうですね。

 

⑤L-92乳酸菌

アレルギー症状を緩和させる働きをする乳酸菌で、アトピー性皮膚炎や花粉症などの症状を抑えると言われています。

 

⑥ガセリ菌SP株

最近ガセリ菌ってよく聞きませんか?

この乳酸菌は、生きたまま腸内へ行くことができ、さらに長く腸内で生きられる特徴を持っています。

内臓脂肪や皮下脂肪を下げて、血中コレステロールを下げる効果があるので、ダイエットはもちろんですが、健康のためにも積極的に摂りたい乳酸菌ですね。

 

⑦フェカリス菌

免疫力を高める効果のある乳酸菌です。アレルギー反応もおさえてくれるため、花粉症などで悩んでいる方にもおすすめです。

まだまだたくさんの乳酸菌がありますが、あげだしたらキリがないのでこのへんにしておきますね。

どうですか?たった7種類ご紹介しただけですが、乳酸菌には様々な良い効果があることがおわかりいただけたのではないでしょうか?

乳酸菌の効果について詳しく説明する前に、乳酸菌と一緒にされがちなビフィズス菌との違いについてもお話ししますね。

 

 

乳酸菌とビフィズス菌って同じなの?


乳酸菌とビフィズス菌って同じなの?
答えから言ってしまうとNOです。

驚く人もいると思いますが、乳酸菌とビフィズス菌は別のものなのです。では、なぜ同じものだと思われているのでしょうか。それは、ビフィズス菌もブドウ糖を分解して乳酸を作りだす菌であるから。

はじめに、乳酸菌とは?でお話ししたように、乳酸菌はブドウ糖を分解して乳酸を作りだす微生物の総称だと言いました。つまり、ビフィズス菌も大雑把に言ってしまえば、乳酸菌の中の1種類ということになるわけです。実際に、ビフィズス菌を乳酸菌だと説明している文献もあります。だから、ビフィズス菌は乳酸菌と同じものかのように認識されているのですね。

しかし、乳酸しか作りださない乳酸菌に対して、ビフィズス菌は酢酸も作りだすことができます。これが、ひとつの大きな違い。さらに、乳酸菌には酸素があっても生きられる菌が存在するのに対して、ビフィズス菌は酸素があると生きることができない菌です。そのため、ビフィズス菌は動物の腸内でしか生存することができません。キムチなどにもたくさん含まれている乳酸菌とは違うのです。

最後に最も重要な違いは、実は乳酸菌が便秘を解消しているわけではないということ。便秘を解消する力を持っているのはビフィズス菌です。乳酸菌は便秘解消の力を持つビフィズス菌を増やす働きがあるのです。ビフィズス菌を増やし、腸内環境を整える乳酸菌は間接的に便秘を解消しているだけなのに対して、ビフィズス菌は直接便秘を治す力を持っています。

どうですか?

乳酸菌とビフィズス菌って全く別物ですよね。

 

乳酸菌の嬉しい効果の数々


乳酸菌の嬉しい効果の数々
では、乳酸菌の身体に嬉しい効果をご紹介します。

①便秘、下痢を治す→肌荒れにも効果的!

腸内を酸性にして、善玉菌を増やす働きをするので、便秘だけでなく下痢にも効果があります。酸が腸の内壁を刺激することで蠕動運動が活発になり、便を押し出す手助けをしたり、便の状態を整える善玉菌を増やすことで排便状態に効果抜群なんですね。

そして、排便がしっかりされると、体内の不要物が排泄されるので、肌荒れも防ぐことができます。

さらには、便秘が治ってお腹が凹んだ!なんて嬉しい効果もありますよ。

 

②ダイエットもお任せ

便秘を治すだけでもダイエット効果があるのは間違いないですが、それだけではないのが乳酸菌のすごいところ。

腸内環境を整えることで、内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果を持っているのです!

脂肪ってついてしまうとなかなか落ちないんですよね。そんな悩みには、乳酸菌がおすすめです。

 

③美肌効果も

実は乳酸菌にはお肌の水分量を保つ効果もあります。水分量が十分あるお肌は、ハリや弾力がありたるみ知らず。

乾燥も防げるのでしわも目立たなくなります。

 

④ストレスが減る

『腸脳相関』という言葉があるように、腸と脳って深いつながりがあるそうです。なので、腸内が整うと、腸と脳をつないでいる神経に作用して、脳が感じるストレスが減少するんだとか。

うつ病に乳酸菌が効果的ともいわれているんですよ。

 

⑤免疫力アップでいつでも元気、アレルギーにも

免疫細胞の80%は腸内に存在します。そんな細胞の住処である腸内の環境を整えることで、免疫力が高まり健康になる効果も乳酸菌は持っています。

また、アレルギー症状にも効果があり、アトピー性皮膚炎や花粉症などの症状を抑えてくれるともいわれています。

 

⑥虫歯、歯周病、口臭予防などのエチケットにも

乳酸菌は腸内だけでなく口の中にも存在します。たくさんの菌が存在する口の中で、菌類のバランスを整える働きをして口内環境を整えます。すると、歯周病などを予防し、菌の増殖による口臭も防ぐ効果があります。

 

今日のまとめ

乳酸菌で美人になる!腸内環境を整えた私に起きた奇跡とは

いかがですか?便秘解消だけが乳酸菌の力ではありません!これだけの効果があると、美しく健康でいるためには、乳酸菌が必要不可欠とも言えちゃいますよね。

さっそく菌活を初めてビューティーライフを始めましょう!

・ そもそも、乳酸菌とは?
・ 乳酸菌の種類
・ 乳酸菌とビフィズス菌って同じなの?
・ 乳酸菌の嬉しい効果の数々

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆