憧れの上司に言われたい!声をかけられて嬉しい「優しい言葉」

憧れの上司に言われたい!声をかけられて嬉しい「優しい言葉」
イライラの多い毎日。

ストレス発散にお酒や会食に精を出すも、次の日にはまたイライラの連続で心身共に大ダメージを受けている自分・・そんな時、自分の状況を良く理解してくれている上司に、一言優しい言葉をかけられたら…意外にも、心の疲れは嘘のように吹き飛ぶことがあります。

ということで今回は「憧れの上司に言われたい、心の疲れが取れる優しい言葉」ランキング!

自分が上司になった時のためにも、今のうちに部下の気持ちを理解し、自分の将来に役立てましょう。

憧れの上司に言われたい!声をかけられて嬉しい「優しい言葉」

第5位

大丈夫?


入ったばかりの会社や、大きな案件など、自分が次のステップに進む度に立ちはだかる大小様々の壁。時には軽く越えられる時もありますが、そう毎回うまくいかないのが現実です。

そんな、今回はやばいかも…と本人が感じた時に、すかさず「大丈夫か?」と気遣ってくれる上司。さりげない一言が、苦しんでいる当人には本当に安心できる魔法の一言のように感じるものです。

そんな日常的に部下を気遣える上司。尊敬です。

 

第4位

誰だって失敗するもんだ。


毎日仕事に追われている現代人。当たり前の話、誰だって過去に1度や2度失敗の経験があるのも真実のはず。仕事の大小にもよりますが、失敗したのに全く落ち込まないなんて強い人はいないものです。

いつも、真剣に、完璧に仕事をこなそうと思っている人こそ、そのめったにない失敗をしてしまった時には、まるでこの世の終わりのような気分になってしまったりする。

そんな気持ちの落ち込んでしまった部下に対して、怒鳴ったり、嫌味な事を言う訳でもなく、きちんと原因を把握し、その対応策を的確にたんたんと指示する上司。

無表情で怒っているのかと思えばそうではなく、ただ単にその部下の失敗を取り戻すために、頭をフル回転させて考えているだけの話。しかもその解決策の道筋ができた時には、改めて部下を気遣い「誰だって失敗するもんだ。」の優しい一言。

常に前向きに対応できるからこそ言えるそのセリフ。そんなセリフを言える、頼りがいのある上司。憧れます。

 

第3位

これが終わったら飲みに行こうな。


大きなプロジェクトやチーム体制の仕事となると、普段関わり合いのない、かなり上役の上司とがっちり一緒に仕事をするなんてこともよくあります。

そんな時、部下はその大先輩に失望されない様、自分なりに一生懸命やるものですが、そこは大先輩。結局毎回全ての書類に何らかの指摘を受け、「自分は毎回なんだか修正ばかりをしているな。。。」と思うほど力量の差を見せつけられたりする。

「さすがは大先輩!」とその上司を尊敬する一方で、「この仕事の担当が本当に自分なんかでいいのだろうか・・・」と心の奥では落ち込みモード。

そんな落ち込みモードの時に、ポンと肩をたたかれ「これが終わったら飲みに行こうな。」なんて大先輩に言われたら。もちろん完璧ではないけれど、先輩の役に少しでも立っていると、天にも昇る思いですよね?

部下はそんな上司の優しい一言を、心の底から待っています。

 

第2位

お前が担当なら安心だ。


徐々に仕事を任される事が多くなってくる年代。

仕事の種類によって、「この案件は昔やった事あるな。」と、過去に経験のあるものなら良いですが、全ての案件がそうそう過去のものと全て一致するわけではありません。

だからこそ、いつもより少し複雑な案件の担当になってしまった時には、いつも以上のやりがいを感じると共に、ある程度の不安も抱えるものです。

その仕事の為に、いつもとは別の対策を練ったり別の書類を作ったりと、いつも以上に気を使って仕事を進めているとは言え、果たしてこのやり方が正しいのか、良い結果を出せるのかは、結果が出るまで不安なもの。経験のない種類の仕事はその人の力量を試されているようで、外では普通にしていても内心はドキドキ。

そんな時、いつも尊敬する上司に「お前が担当なら安心だな。」と笑って言われてしまったりすれば、もうその上司の為にも絶対失敗する事は出来ません。もう一度、改めて書類を見直し、本当にこの進め方が最善かを自分なりに分析し、より良い結果につながるように努める。

そんな憧れの上司からの信頼あるプレッシャーは、部下に自信を持たせてくれる最高のほめ言葉です。

 

第1位

たまには頼りなさい。


毎日帰りが遅かったり、一人で仕事を抱え込んだり。頼めば手伝ってくれる人もたくさんいるだろうけど、何かと人に頼みにくいと感じてしまうのが人間と言うもの。

気づけばいつも1人でバタバタと駆けずり回り、周りはもうすでに帰宅済み。ふと我に返り、まだある大量の仕事を目の前に、深いため息をついてしまっている自分。

そんな時、尊敬する上司に一言「たまには頼りなさい。」なんて命令口調で言われたら。本当に涙が出てきてしまうんではないでしょうか?

上司だからこそ使える命令として、大変そうな部下に「頼ること」を指示する優しさ。上司としてはもちろんですが、人間として心から信頼できる、そんな最高の気遣いワードです。

 

今日のまとめ

憧れの上司に言われたい!声をかけられて嬉しい「優しい言葉」

と言う事で今回の、上司から言われたい「優しい言葉」ランキングはいかがでしたか?

自分のおかれている状況や立場、上司の性格の違いなどによって言われたい言葉は違うとは思いますが、どの言葉も私達部下にとっては本当に癒される魔法の言葉達です。

ぜひ自分が上司になった時には、そんな魔法の言葉を使える素敵な上司になりたいものですね!(文:水川わら)

・ 大丈夫?
・ 誰だって失敗するもんだ。
・ これが終わったら飲みに行こうな。
・ お前が担当なら安心だ。
・ たまには頼りなさい。