気が利かない後輩にイラッ!空気が読めない後輩社員の特徴

気が利かない後輩にイラッ!空気が読めない後輩社員の特徴
仕事のイライラを倍増させる後輩女子の行動。

細かく指示しなかった自分が悪いのかもしれないけど・・・「少しは気を利かせてよ!」というのがオトナ女子の本音。

あなたの職場にも、気が利かない、気配りできない、悪気はないのだろうけどイラッとさせる言動をとる、そんな場の空気を読めない後輩たちがいますよね?

そこで今回は、気が効かない後輩女子に着目して、彼女らの気が利かない主な仕事っぷりを4つにまとめてみました。

気が利かない後輩にイラッ!空気が読めない後輩社員の特徴

 

空気を読めないあたりが気が利かない人の特徴!?


空気を読めないあたりが気が利かない人の特徴!?
とても忙しいときに限って、わざわざ急ぎではないようなことを聞いて来たり、他の同僚や上司と込み入った仕事の話をしているところに割って入ってきたりする・・・そんな「気が利かない後輩女子」いますよね。わからないことを聞くのは必要な事なのですが、タイミングを考えてほしいものですよね。

また、来客中など社外の人の目がある中でも、プライベートな話を始めたり、社風を無視した派手な服装やネイルなど、周りの状況などお構いなしの行動には、誰しもイラッときてしまうのではないでしょうか。

悪気があるわけではないのでしょうが、とにかく周りをまったく見ていない、自分のタイミング、自分の感覚でしか行動できない困ったちゃんです。後輩のタイミングや自己主張に付き合っていては、いつまでたっても自分の空気の読めなさを認識してはくれません。

「今、手が離せないから5分後にしてくれる?」や、「今お客さまいらしてるから、私語は謹んで」など、こちらの状況や周囲の状況を伝えて、合わせてもらうことも必要です。

 

気が利かないならせめてテキパキと動いて欲しい


気が利かないならせめてテキパキと動いて欲しい
電話が鳴っていたり、FAXが届いていたり、トナーやコピー用紙が切れていたり、シュレッダーがいっぱいになっていても、まったく「我関せず」といった態度。会議の準備や後片付け、来客時のお茶出しなどを先輩社員がやっていても、「手伝います」だとか「代わりましょうか?」などの言葉は出てこない。そんな「気が利かない後輩女子」いますよね。

気付いた「誰か」がやればいいような雑用、その中の「誰か」に、自分が入っているとは夢にも思っていないのでしょう。

また、周りの人がどんなに忙しそうにしていても、自分の手が空いていても「お手伝いできることはありませんか?」といった積極的な働きかけができない人。こういった気が利かないタイプの後輩女子は本当に何も気が付いていなかったり、どこまで自分が関わっていいのかがわからないだけで、頼めば案外すんなりやってくれるようになるのかもしれません。

それでもやってくれないような後輩ならば、それまでの人ということです。周りからのきっとそれなりの評価しかされないでしょうね。

 

 

気が利かないから細かい指示がないとまったく動けない


気が利かないから細かい指示がないとまったく動けない
「この書類を取引先に郵送してください。」と頼めば、書類だけを封筒に入れ、送り状なしで送ろうとしたり、「コピー機のトナーを取り替えておいて」と頼めば取り替えはするけど、使用済みのトナーは放置していたり。指摘すると「言われなかったので」と平然と返される。一応、言われたこと「だけ」はやってくれているのだけど…。そんな行動しか取れない「気が利かない後輩女子」いますよね。

分からないことは放置、言われていないことは放置、一から十まで事細かに指示しないときちんと動けない後輩女子。「そこまで指示しなきゃダメ?」とため息が出てしまいそう。ですが、最初は誰でも分からなかったり、気が回らなかったりするもの。イライラせずに細かく指示を出しましょう。それでも同じことを何回も繰り返すようなら・・・「メモを取って」と、繰り返し失敗しないように注意を促してみましょう。

 

気が利かない以前に礼儀がなっていない


気が利かない以前に礼儀がなっていない
仕事中でもタメ口で話しかけてきたり、あだ名で呼んだり、自分から挨拶もしないし、こちらから挨拶をしても会釈を返すだけの失礼な後輩。

退社する際も「お先に失礼します」の一言もないし、後輩のミスをカバーしてあげても謝罪も御礼の一言もない。

欠勤の連絡もメールですませたり、会社の送別会でも「デートなんで。」と悪びれもせずにさっさと帰ってしまったり、まったくもって礼儀がなっていない、社会人としてのマナーができていない気が利かない後輩女子、いますよね。

あまりにも感覚が違いすぎて「理解できない」と思うことも多々あります。ですが、世代間の感覚の違いはあるものの、社会人になりたての新入社員ならば、多かれ少なかれ、みんな礼儀知らずの部分はあるものです。先輩の余裕を見せて、イライラせずに見守りましょう。

どうしても許せないレベルの礼儀知らずには、決して感情的にならずに、冷静に指摘してあげましょう。

 

今日のまとめ

気が利かない後輩にイラッ!空気が読めない後輩社員の特徴

いかがでしたか。あなたの周りの後輩女子にも、こんなタイプはいませんか?

「いるいる!」と共感していただけたでしょうか。この記事が少しでもあなたのイライラ解消のお役にたてれば幸いです。

いちいち注意してウザがられるのも嫌だけど、放置して迷惑をかけられるのも困る、後輩女子への対応は厄介で、愚痴の一つでも言ってストレス発散したくなりますよね。ですが、愚痴る相手にはくれぐれも気を付けてください。

先輩社員や自分の新人時代を知る人にうっかり愚痴ってしまったら、「いやいや、あなただって」と、思わぬ反撃にあうかもしれませんよ。(文:ルル)

・ 空気を読めないあたりが気が利かない人の特徴!?
・ 気が利かないならせめてテキパキと動いて欲しい
・ 気が利かないから細かい指示がないとまったく動けない
・ 気が利かない以前に礼儀がなっていない