ホワイト企業に転職したい!健全な会社を見極める3つのコツ

ホワイト企業に転職したい!健全な会社を見極める3つのコツ
女性にとってキャリアアップはとても険しい道のりです。企業によっては、女性はいつまでも雑用扱い。結婚したら辞めるのが当然という暗黙の了解的な企業が未だにあふれています。

ここで働いていても、結婚や出産したら、せっかく築いたキャリアが閉ざされてしまうような、将来の見えない会社だったら、今のうちに転職かも。最近は積極的にダイバーシティを推進している企業が増えて、女性も役職につけるチャンスが広がっています。

そして、ワーク・ライフ・バランスの活動を取り入れている企業もありますので、仕事とプライベートの調和がとれ、女性が働きやすい環境が整っている企業が増えて来ています。その反面、人を使い捨てのように扱う怖い企業もあります。

そこで、今回は転職する際の「ホワイト企業」と「ブラック企業」の見極め方、コツ3つをお伝えします。

ホワイト企業に転職したい!健全な会社を見極める3つのコツ

 

社員を大切にする企業はホワイト


社員を大切にする企業はホワイト
社員を大切にする企業はホワイト企業と言えるでしょう。

面接から時間をかけて採用する相手を解ろうとしてくれます。採用まで3回面接を行うという企業も少なくありません。研修や教育制度もしっかりしていて、人材を育てることにお金をかける企業はホワイト企業です。

女性にとって重要な、育児休暇や介護休暇の制度の有無もチェック。

1番良いのは過去に育児休暇を取得した社員の実績は参考になるのではないでしょうか。昨今、積極的にダイバーシティを推進している企業が増えているので、女性にも昇格のチャンスが増えました。

ダイバーシティを推進している企業はキャリアアップのチャンスがあるということになるかも!?

逆に即採用するような企業は要注意です。明らかに誰でもいいから人手が欲しい、人手不足=人が続かないという背景が伺えます。特に、女性の離職率が高い企業はブラックです。

研修や教育制度なんて無く、社員を教育する余裕、その気が無い企業はブラック企業と言えるでしょう。

 

初任給や手当が曖昧な企業はブラック


初任給や手当が曖昧な企業はブラック
実はこれ、私自身経験があります。求人に給料が明確にされていなかったので、面接の時に聞いたところ、前職の年収を聞かれ答えると「では、大体そのくらい支給します」と言われました。

実際、ふたを開けてみると前職の年収よりは低かったことを覚えています。いくら給料がもらえるかを明確にしてくれる企業ではないと、転職してから納得のいかない給料だったり、手当など曖昧にされてしまう可能性があります。

逆に、平均年齢・勤務年数が少ない割には年収が高いモデル例、月○十万円以上可能!など高給な金額をうたっているが、「残業、休日出勤含む」など小さく記載されている場合があります。

残業・休日出勤しなければもらえない金額ということになります。

さらに、あなたのやる気次第で収入UPなど言っているところは超ブラック!初任給、手当が明確ではない。

やたらと高給な金額を提示しているところはご注意!

 

 

残業時間で見極める


残業時間で見極める
ホワイト企業はワーク・ライフ・バランスを推進しており「仕事と仕事以外の生活の調和をはかりましょう」という活動です。

女性にとっては、仕事以外にも、家事や育児、親の介護、地域活動など、やらなくてはならないことがたくさんあります。

ワーク・ライフ・バランスがうまくいけば、仕事とプライベートの調和がとれ、女性でも無理なく仕事を続けられるでしょう。

女性の労働人口の減少の解決策となるこの活動は、育児休暇や介護休暇など、取得しやすい環境になり、子どもや介護が必要な家族がいても、仕事を続けていかれる環境。

つまり、女性たちの強い味方になります。残業が多い企業は、仕事のシステムに問題があり、人手不足、仕事の偏りが原因になっています。

残業・休日出勤を含んだ給料形態だと、残業・休出はあたりまえ、必要最低限の手当しか尽きません。

残業が多いことを問題視していない企業はブラックです。残業も休出もあたりまえのような企業は、休暇を取得するのも難しい環境にあります。

タイムカードを先に押させて、そのあともただ働きをさせる企業、月100時間以上働かせて鬱になり辞めていく、人を使い捨てのように扱う超ブラック企業もあります。

月平均の残業時間は要チェックです!

 

今日のまとめ

ホワイト企業に転職したい!健全な会社を見極める3つのコツ

転職してキャリアアップを目指そうと考えているあなた。参考になりましたか?
大きいからホワイト企業、小さいからブラック企業とも一概に言えません。一度気になった企業をネットなどで評判を検索してみるのも手です。

いつも求人をしている企業や、高額給料をうたう企業、そして月平均の残業時間が多い企業はブラックの可能性大。ホワイト企業に転職してキャリアアップするからには、いまよりもっと自分に磨きをかけて、ふさわしい人材になりましょう。

まずは、今の仕事を頑張りましょう!
そして、転職時に自分をアピールするため、資格を取得するのも良いでしょう。

・ 社員を大切にする企業はホワイト
・ 初任給や手当が曖昧な企業はブラック
・ 残業時間で見極める