ヒアルロン酸不足が引き起こす肌トラブルとその対策方法

ヒアルロン酸不足が引き起こす肌トラブルとその対策方法
ヒアルロン酸が不足すると、お肌のハリが無くなるだけでなく、膝の関節が痛くなったり、眼が乾燥したり、唇のプルプルがなくなるなどいろいろな肌トラブルが起こってくるというね。

セレブたちはヒアルロン酸注射でお肌のたるみ、シミ、しわ、そしてほうれい線を目立たなくできるのかもしれないけど・・・オトナ女子の多くはサプリとか表情筋マッサージでその場をしのいでいます。

でも、その他にはどんなお肌対策の仕方があるというの?教えてぇ〜。

ヒアルロン酸不足が引き起こす肌トラブルとその対策方法

 

ヒアルロン酸不足で、たるみ、ハリが失われる・・・


「ヒアルロン酸」と聞くと、あなたは何をイメージしますか?

とにかく潤いがすごい。
肌がプルプルになる・・・。

などいいイメージばかりですよね。

では、そのヒアルロン酸が不足すると、実際には肌に、どんなトラブルが起こるかについて知っていますでしょうか?そう言われると、よく分からいという人がほとんどかもしれません。

ヒアルロン酸=肌にいい
ということは知っていても、具体的に何に効果があるのかということを知らずに「なんとなく」使っているというあなた。今日は、ヒアルロン酸について、改めて勉強していきましょう。

何事にも言えることですが、効果がわかって使っているのと、なんとなく使っているのとでは肌に出る変化も変わってくるものです。

もっともっと綺麗になるためには、知ることが大切なんですね。

ヒアルロン酸が不足すると、肌にどんな悪影響があるのでしょうか?

まず、肌のたるみ。年をとってくると目の下、頬がたるんできます。頬がたるむことにより、気になるホウレイ線もより濃くなりますよね。

「これは重力だから仕方ない・・・」なんてことはありません。きちんとヒアルロン酸を補っていれば、遅らせることも可能なのです。

そして、肌のハリ。これも、たるみ同様、年齢とともに肌がしぼんでいくなんて言われています。パーンと張った20代のようなハリ感は、30代になると次第に失われていくのを感じるかもしれません。

しかし、こちらも遅らせることはできます。

ほかにも、唇の荒れ、手や脚のかさつきなども年齢とともにどんどんひどくなる・・・という人は、急に乾燥肌になってしまったのではなく、ヒアルロン酸不足かもしれません。

 

ヒアルロン酸って何?そして、どんな効果があるの?


では、そのヒアルロン酸というのは、どういうものなのか。そして、どんな効果があるのか?について見ていきましょう。

もともと、ヒアルロン酸とはN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸とによって構成された高分子の物質ということです。

ちょっと難しいですが、細胞同士をくっつけ合う役割を果たしているもので、人間が人間の体を形として維持するためには絶対に必要な成分なのだとか。

つまり、人には欠かせない成分ということですね。

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水を保水する能力がある、という話は聞いたことがあるかもしれません。保水力がすごいから、肌に浸透してプルプルな肌にしてくれると思っている人も多いかもしれません。

例えば、目の下に注射でヒアルロン酸を入れるというのが芸能人やセレブの間で当たり前になっているようですが、ヒアルロン酸自体は身体の中にもともとあるものなので、一度入れただけでは代謝によって、自然になくなっていってしまいます。定期的に入れないと意味がないということですね。

では、ヒアルロン酸入りの化粧水がいいのか?ということですが、こちらも、皮膚の中に浸透していくと考えているかもしれませんが、それは間違いです。人間の皮膚は、外敵などから守るために簡単には薬品などを体内に取り込まない仕組みになっています。従って、ヒアルロン酸も同じように、皮膚の中に入っていくということはできません。

しかしながら、ヒアルロン酸の化粧水を使って、水分を皮膚と化粧水の間に保持させ、さらにそのあと油分を含んだ、美容液や美容クリームを塗って肌を乾燥から守るという方法は医師も推奨しているので、間違いなく肌をプルプルにしてくれます。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

サプリで手軽に?はNG。効果的なヒアルロン酸の使い方


そんなに保水力の高いヒアルロン酸なら、サプリメントとして摂るのが一番でしょ?と思ったあなた。
実は、サプリメントはあまり効果がないと言っている人もいるのです。もちろん、ヒアルロン酸サプリメントはたくさんあって、それにより効果を感じている人も中にはいます。

しかし、今のところ人体に有効な効果が得られるというデータはないということです。つまり、サプリメントで摂ってもあまり効果がないのがヒアルロン酸なのです。

では、やっぱり注射で入れるしかないのか?ということですよね。しかし、注射の相場は1本1CCで4~6万円だそうです。結構なお値段です。

それなら、毎日コツコツとヒアルロン酸配合の化粧水を塗り続けている方がいいかもしれない・・・と思ってしまいます。

 

 

ヒアルロン酸化粧水&クリームで最強うるぷる肌が実現!


では、どんなヒアルロン酸化粧水を使うのがいいのでしょうか?

私が化粧品を選ぶときに必ず参考にしているのが、成分表です。成分表は、含まれている量が多い順に書かれています。化粧水は、一番初めに「水」が書かれていることが多いですね。そして、次に多く含まれている成分を見ていきます。

化粧水

ヒアルロン酸がはじめの方に書かれているものは、それだけ含有量が多いということになります。ドラッグストアなどに行くと、たくさんのヒアルロン酸配合化粧水が売られています。そのパッケージを見て、チェックしてみてください。

有効成分が多いものは、値段も比較的高くなってはいますが、そこは注射するよりはマシ!というくらいに考えて、買ってみましょう。

そして、ヒアルロン酸化粧水を使ったら、必ず油分を含むクリームや乳液を塗って乾燥を防ぎます。
ここはとても大事なところですよ。

ハリ感を保つために、そしてたるみ防止に、あなたの肌に合ったヒアルロン酸配合化粧水を選んでみてくださいね。

 

お金をかけなくたって、日々の努力で美肌は保てる。


お金をかけたら、それはそれでキレイになれるとは思います。エステに行ったり、美容外科に行ったりして色々な美容法を試していたらアンチエイジングにもなります。

しかし、一般的なOLはなかなか頻繁にそういうところに通えないのが実情ではないでしょうか?そこで、お金よりも手をかけてあげるということに専念しましょう。

お肌は、手をかけただけ応えてくれるものだと私は考えます。手を抜いているときって、肌がくすんだり、なんだか元気がないような気がしませんか?

美容に気合を入れてケアをした次の日って、やっぱり肌も明るく、キレイになるように思うのです。

気のせいかもしれないけれど、自分の肌のことは自分が一番よくわかっている。肌を触れば、今日のコンディションがどうかわかりますよね。

お酒を飲んだ次の日、暴飲暴食をしてしまった次の日は、どうしても肌が荒れたり、吹き出物ができたりしてしまいます。次の日、野菜をしっかり食べて、乳酸菌も摂って、という感じで過ごしたら肌も蘇ります。

これと同じように、外からのケアもきちんとしてあげましょう。
疲れているな~と感じたら、温冷パックをしてみたり、フェイスマスクを使ってヒアルロン酸をたっぷり肌に乗せてあげることも大事です。

フェイスマスク

ぜひ、あなたの肌をあなたの手で蘇らせてあげましょう。

 

いかがでしたか。ヒアルロン酸について、少しは知ることができましたでしょうか?お肌にとてもいいと言われているものでも、よく分からないで使っているものって結構ありますよね。

もしかして、あなたがなんとなく使っている今の化粧水にも、ヒアルロン酸は含まれているかもしれませんね。

効果をきちんと理解して、「私の肌は蘇るんだ!」そう言い聞かせながら使ってみると、あなたの肌もきっとそれに応えてくれますよ。

 

今日のまとめ

ヒアルロン酸不足が引き起こす肌トラブルとその対策方法

・ ヒアルロン酸不足で、たるみ、ハリが失われる・・・
・ ヒアルロン酸って何?そして、どんな効果があるの?
・ サプリで手軽に?はNG。効果的なヒアルロン酸の使い方
・ ヒアルロン酸化粧水&クリームで最強うるぷる肌が実現!
・ お金をかけなくたって、日々の努力で美肌は保てる。

 

あなたはツイてる(^_-)-☆