年末に大掃除する時間のない女性が普段からやっている断捨離とは

年末に大掃除する時間のない女性が普段からやっている断捨離とは
年末だから大掃除だなんてもう古いよね。普段から整理整頓を心がけ、部屋の中を綺麗にしていれば大掃除なんてしなくてもいいよね。

そんな風に考えた女性が普段から取り組んでいるコツコツ断捨離の仕方をお伝えします。このコツコツ断捨離を身に付けたら何も年末に慌てて大掃除をする必要なんて無くなります。

この記事を読んだら早速実践していきましょう。

年末に大掃除する時間のない女性が普段からやっている断捨離とは

 

年末の大掃除は時間のムダ?


年末の大掃除は時間のムダ?
年末の大掃除というのは毎年の行事として小さい頃からやってきたのではないでしょうか?

日本では古くから新年を気持ちよく迎える、年神様を迎えるための儀式として年末に大掃除を行ってきました。小学校などでも、年末に大掃除をしていましたよね。そういうこともあって、私たちは小さい頃から年末=大掃除というイメージが定着しています。

江戸時代には12月13日にすす払いをする習慣があり、そういう習慣が現代にも受け継がれ、年末に大掃除をするというのが今でも主流になっています。

もちろん、年末に大掃除をしてさっぱりした気持ちになり、新年を迎えるということは当たり前のことだし、自分にとっても気持ちのいいことです。しかし、最近は大掃除を早めにやってしまうとか、大掃除をせずに日ごろからコツコツ掃除をしておいて、大掃除をしないという人も増えているようです。

実際、年末年始の貴重な時間が大掃除でつぶれてしまったらもったいないですよね。OLさんだったら、きっと12月13日ごろはとても忙しくて、大掃除どころではないと思います。最近は、会社も年末年始にやっているところも多く、そんな時間に大掃除の時間まで取っていられないよという人もいませんか?

私自身、年末年始のお休みは年々少なくなってきています。数年前、年末の大掃除を張り切ってやったところ風邪をひいてしまい、病院もやっていないので市販の薬を飲んで凌ぎ、結局年末のカウントダウンの予定も、初詣の予定もキャンセルし、家で寝ていたという経験があります。

その頃から、私はもう年末の大掃除というのは派手にやらず、日ごろからコツコツ掃除をしておこうと思い立ったのです。

今日は、年末年始に大掃除をしなくて済む、日ごろから気を付けておきたいポイントについてご紹介します。

 

昔の日本人に習って断捨離!毎日運気アップ


昔の日本人に習って断捨離!毎日運気アップ
断捨離という言葉が流行り始めてから、自分でも断捨離をやってみたという人はいませんか?

今はもうブームというよりは定着しつつありますよね。断捨離というのは、ただ物を捨てるという整理整頓の意味だけではなく、モノへの執着を捨てるというちょっとした「性格(自分)を変える」という意味も持っています。

その昔、日本人は少ないもので暮らす達人だったと言われています。「起きて半畳寝て一畳」という言葉があるように、一畳あればコンパクトに暮らすことができました。

さらに数枚の着物があれば着回しをしてオシャレできる・・・それが昔の日本のいいところでした。着物は綺麗にたたむと収納場所にも困らないほどコンパクトになり、帯や半襟、帯留め、羽織りなどで個性を出してオシャレを楽しんでいたようです。

しかし、現代人はとにかくものが多すぎると思いませんか?

昔の日本人のいいところを取り入れて、少ないものでも着まわして楽しめるオシャレをしていけば、モノにあふれる生活をしなくて済むし、大掃除をしたり、大掛かりな衣替えなどもしなくて済みます。

それに何よりも、断捨離をすることによって運気がアップします。

掃除をすると気持ちがよくなりませんか?
自分が気持ちいいと思うことをすると、自然と自分の運勢もよくなっていくのです。

片付けるのが苦手で・・・という人は、ちょっとしたコツをご紹介しますので、真似してみてくださいね。

 

片付ける“クセ”をつければ大丈夫


片付ける“クセ”をつければ大丈夫
実は、私も片付けるのが苦手な人間です。

昔から、母親が片付け上手で自分では何もしてこなかったので、一人暮らしを始めたときは、それはもう部屋が大変なことになっていました。

しかし、コツをつかんでしまったらとても簡単に片づけることができるようになったのです。

まず、一つ目は片付ける「クセ」をつけるということ。

疲れて帰ってきて服を脱ぎます。すぐに洗えるものなら洗濯機に入れればいいのですが、毎日洗わないようなクリーニングに出すスカート、パンツ、ジャケットなどはハンガーにかけてクローゼットに戻しますよね。

私の場合、スカートやパンツ、ジャケットなどのすぐに洗わない服は一度香りの付くスプレーをしてからクローゼットに戻すのですが、スプレーをして乾かしている間になんとなく出しっぱなしになって、そのままクローゼットに戻すことなく次にまた着る・・・ということをよくやってしまっていました。

いつまでたっても部屋が片付かないわけですよね。そこで、スプレーをするとき、お風呂場にかけることにしたんです。
お風呂場にスカートを持って行ってスプレーをします。

そして、部屋着に着替えてお風呂に入るまでの間に、そのスカートは乾いているので、お風呂に入るときに部屋に持って行ってクローゼットにかけることができます。

部屋でそのままスプレーしてしまうから、つい戻すのを忘れてしまうわけです。お風呂場にかけておけば、そのままではお風呂に入れないわけですから、片付けるしかない・・・。

つまり、「片付けるしかない状態」を作り上げることが、片付けるクセをつける方法です。

 

 

自分なりの片付けルールを作る


自分なりの片付けルールを作る
さらに、自分なりの片付けルール、断捨離ルールを作るというのもオススメです。

例えば、「一つ買ったら一つ捨てる」。

靴は、パンプス2足、ブーツはロングとショート丈が一足ずつ、スニーカー2足という「必要数」を自分で決めておきます。そして、新しいパンプスがほしいな~と思ったら、2足あるうちのどちらかを捨てましょう。

捨てられないなら、新しいものは買わない。

それから、パンプスは捨てられないからスニーカーを捨てるなど、アイテムを変えて捨てるのはルール違反です。また、「やっぱりスニーカーもう1足いるんだったな・・・」と結局増やすことになりかねません。

もし、今あなたが部屋にモノがあふれている状態なら、1日1個捨てるというルールを作るのもいいですね。

どんなものでもいいので、1日1個捨てるものを決めて捨てます。自分で意識して一つ捨てることで、部屋の中のものは1ヶ月で30個減るわけです。

1日に1個なのでできそうですよね。

これは、私も実践しています。もちろん、捨てるものがなくなったらこのルールは終わりにしてOKです。

捨てるものがなくなるまでは続けてみてくださいね。かなり家の中がスッキリしますよ。

 

綺麗好きは、人からも神様からも好かれる


綺麗好きは、人からも神様からも好かれる
綺麗好きの人を嫌いな人っていますか?

もちろん、極度の潔癖症だったり、人にまで整理整頓を強要してくるような人は嫌われるかもしれませんが、常に清潔感があって身なりをきちんと整えていて、家も、部屋も、会社のデスク周りも綺麗にしている人は好感度が高いですよね。

綺麗好きで人からも好かれる人って、神様からも好かれるんです。

よく、トイレを掃除すると綺麗になるとかって聞きますよね。玄関は、神様が入ってくるところだからいつも綺麗にしておきましょうとか言いませんか?

神様も、綺麗好きな人が好きです。神様も人と同じなんですね。いつも綺麗にしている人は美意識の高い人です。そういう人が困ったときには神様も助けてあげたいと思うんだとか・・・。

私も、綺麗に身の回りを整理整頓するようになってから、色んなことがうまく回るようになりました。不思議なことですね。

嘘だと思ったら、試してみてください。

あなたも、きっといいことばかり起こるようになりますよ。

 

今日のまとめ

年末に大掃除する時間のない女性が普段からやっている断捨離とは

いかがでしたか。大掃除をすることはもちろん大切なことです。しかし、年末の大掃除って本当に大変ですよね。

私は、日ごろから家や部屋を綺麗にしておくことで年末の大掃除の時間を減らすことができました。もちろん、年末の掃除というのはちょっとだけ特別にやることにはしていますが、窓ふきや家具を動かして裏を掃除するくらいで、部屋の特別な掃除はしていません。

日ごろから綺麗にしておくことは、常に神様に感謝して暮らすことと同じなのかもしれませんよ。

▼断捨離で掃除片付け以外に解消されたコンプレックス
・仕事関係
・社内恋愛
・金銭問題
・健康管理
・肥満
・優柔不断な性格
・上司との関係

自分を変えたい、劣等感を解消したい、だったら、まずは大掃除から。
自分のことを好きになる片付け収納法

・ 年末の大掃除は時間のムダ?
・ 昔の日本人に習って断捨離!毎日運気アップ
・ 片付ける“クセ”をつければ大丈夫
・ 自分なりの片付けルールを作る
・ 綺麗好きは、人からも神様からも好かれる

 

あなたはツイてる(^_-)-☆