水商売やってた?と上司から疑われる宴会時の仕草や言葉

水商売やってた?と上司から疑われる宴会時の仕草や言葉
水商売の過去がバレて内定を取り消された某局アナ内定者が裁判沙汰になっていますね。実はあなたの職場にも水商売経験をバレたくないと思っている女性も少なくないかも。逆に、水商売経験がないにも係わらず、疑われて心外だと感じてしまう女性もいるかもしれません。そろそろ忘年会のシーズン、そこで今回は水商売経験を疑われる宴会時の仕草について、上司に聞いてきました。

水商売やってた?と上司から疑われる宴会時の仕草や言葉

 

煙草くわえりゃすぐライター


宴会でちょっと一服しようかと思って煙草を取り出して口にくわえた瞬間にさっとライターを差し出す子がいたんだよ。「あっ、気が利くね~ありがとう!」っていうより「もしかして君は水商売やってた!?」って一瞬勘ぐっちゃったね。今は禁煙が当たり前になっているから、そんなに身近にタバコを吸う人はいないはずだから、間髪入れずライターが差し出されたらちょっと面食らうよね。こっちがタバコを出してきてちょっとタイミングが遅れる感じで「ライターどうぞ」っていうのなら特になんとも思わないけどね。
お店の人に「灰皿くださ~い!」って両手でOの形を作って合図したりするのも「えっ!?なんで君はそんな合図知ってるの!?」ってかなり水商売のニオイがして疑うね。

上司がタバコを取り出した後の一瞬の出来事ですが、最近あまり頻繁に見かけることの無くなった喫煙風景でのこのようなフットワークの軽さはかえって水商売をほうふつとさせて上司の評価を下げてしまいます。一呼吸おいてから対応しましょう。

 

グラスの管理はワタシに任せて


職場のみんなでお店に宴会に行ってボトルを頼んだら、水割りを手慣れた手つきで次々作ってくれる子がたまにいるけど、最近そんなに周りに気を使ってみんなの世話するような子って少ないから目立つよね。焼酎でもウィスキーでも迷いなくムラの無い出来栄えで出されたときにゃ、「もしかしてそっち系?」って水商売を疑うね。グラスの水滴をこまめに拭いたり、灰皿の煙草がたまらないうちにマメに灰皿交換したり、グラスが空きそうなタイミングを見計らって「お作りしましょうか?」って言われたらもう確実だよ。

上司に気分よく宴会を楽しんでもらおうとかいがいしく世話を焼くのもいいのですが、やりすぎは禁物。会社の宴会はプロの接客とは違います。ほどほどにして自分も楽しみましょう。

 

ちょっと待て!その距離ミョ~に近くないかい?


宴会で席に座った時に妙に至近距離で体を密着させてくる子がいる。親近感を出そうとしているのかもしれないけれど、どう見ても他の子より近い!近すぎる!「こいつ俺の事好きなのか~」っていう好き好きアピールとは違う妙なこのボディーアクションは、引く。なんか営業チックで不自然なんだよ。こうされると水商売の接客みたいな場違いさがあるから逆効果だよね。

宴会の席で上司に対する好感度アップをねらう時は、距離感に注意して上手にアピールし、あらぬ疑いをかけられてかえって評価を下げてしまわないように注意しましょう。

 

 

えっ!そこで宴会するのはちょっと・・・


宴会の場所を決めようとして「○○駅近くの△△、いい店らしいんだけどどうかなあ?」って部下の子に聞いてみたら「あ、あのお店ですか・・・」ってちょっと目が泳いでいた子がいたんだよね。「何、なんか悪い噂でもあるの?」って聞いたら、「いや、そういうわけじゃないんですけど(笑)」って笑ってフェードアウトされちゃってね。後から他から聞いた話では、その子が水商売のバイトをしていた店と同じビルに入っている店だったらしいんだ。そこだとその子の顔見知りがたくさんいるから会社のみんなと一緒に行きたくなかったんじゃないかな。ある場所や駅周辺の名前を出してやたらと拒否反応をされたら、何かあったのかって思うものだけど、理由が水商売だとちょっとガッカリだよな。

会社のみんなの生活圏とかぶる場所での水商売のバイトはハイリスクすぎです。上司からの評価を下げてしまわないためにも行動範囲には気をつけましょう。

 

ついつい反応してしまうその言葉、足が付かないようにご用心


お水の世界で生きている人特有の文化というものは確かに存在しているけれど、何より「その世界の人」ってバレやすいのが、水商売の業界で使っている言葉に過剰に反応したり、その世界独特の合図をTPOをわきまえないで使うと「そっち系」ってバレるんだ。
例えばこっちが軽口をたたいて話をしている時に「同伴」「指名」「アフター」とか、水商売の業界でよく使う言葉が出てきたとするだろう、そんな時に話を聞いてる子がやたらとそんな言葉に過剰に反応したりすると、「お前は関係者か!?」って思わず突っ込みを入れたくなるよな。
おしぼりの事を「ツメシボ」っていうのを知っていたりしたら、もう鉄板だよ。こうなったらこの子は水商売経験者って事でこっちは扱うね。

水商売の世界の感覚と一般社会の感覚は違っています。上司も会社の人は一般人として接していますから、ヘンに水商売の世界の言葉に反応して誤解を招き上司からの評価を下げてしまわないように注意しましょう。

 

今日のまとめ

水商売やってた?と上司から疑われる宴会時の仕草や言葉

水商売が特殊な限られた少数の人達の間の話だったのは昔の事で、今は水商売そのものやその周辺の職業に就いている人も少なくありません。

ただ、一般社会のルールと水商売の世界のルールが少し違っていて、水商売の「お作法」をストレートに出すと人間関係がうまくいかない場合も少なくないので、お互いが気持ちよく過ごすために今回ご紹介したようなことに気をつけて宴会に臨んでみるといいのではないでしょうか。

くれぐれも悪酔いしないようにね。

・ 煙草くわえりゃすぐライター
・ グラスの管理はワタシに任せて
・ ちょっと待て!その距離ミョ~に近くないかい?
・ えっ!そこで宴会するのはちょっと・・・
・ ついつい反応してしまうその言葉、足が付かないようにご用心