休み明けの出勤が楽になる!仕事モードへ切り替える7つのルーティン

休み明けの出勤が楽になる!仕事モードへ切り替える7つのルーティン
いっぱい遊んで充実した休日は、あっという間に過ぎてしまいます。休日を思いっきり楽しんだ分だけ、休み明けは、「会社に行きたくない・・・」ってなってしまいますよね。「休みモード」から「仕事モード」に切り替えるのって、なかなか難しいものです。

休み明けに、すぐに「仕事モード」へと切り替える方法をまとめましたので、試してみましょう!

休み明けの出勤が楽になる!仕事モードへ切り替える7つのルーティン

 

朝を制する者は、1日を制する!月曜日を制する者は・・・


朝を制する者は、1日を制する!月曜日を制する者は・・・
低血圧で朝起きるのが苦手・・・。休み明けの月曜日が、とにかく憂鬱。

何かを始める時って、とにかく腰が重くてなかなか動けないものです。しかし、そんな朝や月曜日を良い状態にもっていけば、その先の1日や1週間がスムーズ動き出します。スタートを上手く切ると、波に乗ったように事が進むものです。自分の中で、休み明けが楽になる、心のスイッチを作ってあげましょう。

リラックスしている「休みモード」から、やる気が必要な「仕事モード」へ切り替えるスイッチを。そして、そのスイッチをONにしてスタートです!

 

ルーティン1

本番に向けて、準備運動!


本番に向けて、準備運動!
スポーツを始める前に、準備運動をするように、仕事を始める前にも、軽く身体を動かしてあげれば、やる気スイッチ!が入ります。実際に身体を動かす中で、血流が良くなって、動きも良くなりますし、気持ち的にもリフレッシュできます。

本番に向けて、「身体を作っていく・・・」という感覚です。身体を軽く動かすことが目的ですので、
・ストレッチ
・ラジオ体操
・朝ヨガ
・ピラティス・・・など。
自分自身がやってて、「気持ちが良い」程度の動きを習慣化すると、本番に向けての切り替えが上手くいきます。

 

ルーティン2

いつも通りの決まった朝食。好きな食べ物は違う時間に!


いつも通りの決まった朝食。好きな食べ物は違う時間に!
毎日を快適に過ごす上で、食事は非常に大切なものです。単にエネルギー補給というだけでなく、様々な栄養を摂取して、健康に気を配る必要があります。自分に足りない栄養を意識的にとったり、女性であれば、美容に良い成分を積極的にとりたいところです。

だからと言って、3食の全てをガチガチに決めてしまうと、楽しみもなくなって、ストレスになってしまいます。ポイントは、ちょっとだけ決めてあげることです。

「朝食にヨーグルトを食べるようにする」だとか、

「グリーンスムージーを毎日1杯」だとか・・・。

続けられそうな内容にすることがポイントです!それを食べることによって、「さぁ、これから仕事だ!」という意識に変わるように、習慣化しましょう。

 

ルーティン3

職場の仲間に連絡をして、スムーズに環境に馴染めるようにする!


職場の仲間に連絡をして、スムーズに環境に馴染めるようにする!
自分が休んでいる時に、まわりの人間も休んでいれば良いのですが、自分だけしか休んでいないような種類の休日もあります。慶弔休暇などの特別休暇や、年次有給休暇。シフト勤務であれば、休日はみんなバラバラです。休みの日はリラックスをしたいので、なるべく仕事のことは考えたくないものです。

しかし、休み明けの前日の夜辺りからは、気持ちを仕事の方へと持っていく工夫が必要です。職場の仲間や友人と連絡を取って、自分がいない間の職場の話など、たわいのない話をしておくと、休み明けに職場に入りやすいです。

職場の仲間と接点を作っておくことで、仲間が自分と職場をつなぐ「懸け橋」になってくれます。

 

ルーティン4

何も考えずに、いつもと同じように過ごす・・・。


何も考えずに、いつもと同じように過ごす・・・。
意識的に何かをすることで、休み明けの心を切り替えるのも大切ですが、あえて、「何もしない・・・」という選択もあります。

休み明けは憂鬱なもの!」と諦めて、受け入れ、いつも通りに過ごすのです。初めはイヤイヤであっても、やっている内に気持ちが入って、気が付いたら、仕事モードになっているものです。

「とりあえずやってみる・・・」というようなスタンスでいることも、大切なのです。

 

 

ルーティン5

気合の入ったメイクとファッションで、気持ちを作っていく!


気合の入ったメイクとファッションで、気持ちを作っていく!
メイクをすると、「戦闘モード」のスイッチが入るという女性は多いものです。

それは、男性がネクタイを「キュッ」と締めて、気持ちを引き締める感覚と一緒です。気の抜けている「すっぴん」の状態から、社会的な装いに変わるわけですから、メイクをすることで、必然的に気持ちが切り替わります。TPOに合わせたメイクは、その場所に相応しい気持ちを作ることができます。

それは、まるで女優です!そのキャラクターになりきって、振る舞うことができます。休み明けに、仕事向けのメイクをすれば、もう「仕事モード」に変わっているのです。

 

ルーティン6

仕事終わりに遊びの予定を入れて、楽しみを持ってやり過ごす・・・


仕事終わりに遊びの予定を入れて、楽しみを持ってやり過ごす・・・
休み明けの仕事に、「どうしても気持ちが乗らない」というのなら、仕事の中にも遊びの要素を取り入れることです。平日も、「休日の続き・・・」にしてしまえば良いのです。

休み明けにのっけから、「仕事が終わったら、飲みに行く!」「新しいショッピングモールに行く!」などの予定を立てます。そうすると、それを楽しみに日中は仕事を頑張れるのです。

まるで、物で釣っているかのようですが、それで仕事のパフォーマンスが向上するのなら、遊びも無駄にはなりません。

ご褒美にスイーツを1つだけ食す!など、「楽しみ」の要素をどこかに入れて、仕事を苦しいものにしないことが秘訣です。

 

ルーティン7

職場の好きな人を思い出して、ニヤニヤする。


職場の好きな人を思い出して、ニヤニヤする。
もう、こうなったら最終手段。「仕事に行きたい!」と思わせるには、職場に何か楽しみがなくてはなりません。仕事内容そのものが魅力的で、楽しくて、生きがいを感じているのなら、わざわざ気持ちを作る必要はありません。気持ちを切り替えることを意識しなくても、気持ちが勝手に職場に向かっています。仕事が楽しくてウキウキ!プライベートも充実していて穏やかでリラックス!と、常にやる気がみなぎっているのです。

しかし、それができないから人は苦しむのです。いつの間にか、仕事に慣れてマンネリ化して、平凡な毎日に飽きと怠惰が生まれて・・・。
では、職場に好きな人ができたらどうでしょう?

「早く職場に向かいたい!」休日も、好きな人のことを思い出してはニヤニヤする。好きな人がいるから、仕事も頑張れちゃう!のが女心。恋は、やる気を起こす一番の方法なのかも知れません・・・。

 

今日のまとめ

休み明けの出勤が楽になる!仕事モードへ切り替える7つのルーティン

仕事のスタンスは人によって様々です。公私をきちんと分けて、「遊ぶ時はとことん遊んで、働く時はちゃんと働く!」と、メリハリを持って生活をすることで、何事に於いても最大限のやる気を引き出すことができます。

リラックスをする時は、とことん気を緩めて弛緩させる。趣味などを通じて、煮え切らない気持ちをリフレッシュさせる。そういう休日の過ごし方が、休み明けの仕事を新たな気持ちで挑ませ、仕事のパフォーマンスを向上させるのです。

逆に、公私の境目を特に設けずに、楽しむ人もいます。休日にも職場の人と遊んで、仕事の話で盛り上がり、平日は平日で、仕事の中にも遊びの要素を取り入れる・・・。境界線を設けないなりのメリットもあります。
どちらが良いかは、人によっても異なりますし、職種によっても変わってきます。どちらにせよ、自分なりの気持ちの切り替え方を身に付けると、休み明けの仕事が楽になるのです。
良い仕事をするためにも、プライベートを充実させるためにも、自分自身の仕事のスタイルを見付けて、実践することです!
そうすることで、人生がより豊かなものなっていくのです・・・。

・ 朝を制する者は、1日を制する!月曜日を制する者は・・・
・ 本番に向けて、準備運動!
・ いつも通りの決まった朝食。好きな食べ物は違う時間に!
・ 職場の仲間に連絡をして、スムーズに環境に馴染めるようにする!
・ 何も考えずに、いつもと同じように過ごす・・・。
・ 気合の入ったメイクとファッションで、気持ちを作っていく!
・ 仕事終わりに遊びの予定を入れて、楽しみを持ってやり過ごす・・・
・ 職場の好きな人を思い出して、ニヤニヤする。

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆