高血圧で頭痛持ちのアラサーが改善すべき5つの生活習慣とは

高血圧で頭痛持ちのアラサーが改善すべき5つの生活習慣とは
頭痛持ちを自覚しているアラサー女性は多いのですが・・その頭痛の本当の原因、わかっていますか?
頭痛にはいくつか種類がありますが、中でもすぐにでも改善した方がいいのは「高血圧」が原因の頭痛です。放置すると、脳梗塞や脳出血、脳浮腫などの死に直結する病気になってしまうことも・・・生活習慣でそれが防げるなら、実践するほかないと思います。残りの人生が台無しになってしまうかもしれない重大な問題ですもんね。
そこで今回は、高血圧が原因の頭痛に悩んでいるアラサーが改善すべき生活習慣を5つご紹介します!

高血圧で頭痛持ちのアラサーが改善すべき5つの生活習慣とは

 

太りすぎには十分注意!


高血圧=肥満というイメージがある女性も多いのではないでしょうか?
一概に、高血圧の人は太っているとも、太っている人は必ず血圧が高いとも言えませんが、太っている人は高血圧になりやすいという統計も出ているほど・・
高血圧の女性は、きちんと体重管理をする必要があります。
少し太っても、「まだ大丈夫」と思っているうちに、少しずつ歳を重ねていきますよね。
実感している女性は少ないかもしれませんが、加齢とともに痩せにくくなっていきます。
太ったまま放置していると、気付いた時には体重管理がとっても難しくなっている場合もあるのです。
食生活の中で減塩を心がけると、体重管理とともに高血圧予防効果もありますのでおすすめですよ!
過度なダイエットも体調を崩す原因になり危険ですが、自分にとってのベスト体重をキープすることが健康管理の中でも重要な意味を持っています。
体重の増減が激しい女性は、特に注意が必要です。

 

寒暖差に注意する


高血圧の人が脳卒中で倒れるのは、冬が一番多いと言われています。
それは、寒暖差が激しいから。
あたたかい室内から薄着のまま外に出る・・なんて経験はありませんか?
朝新聞を取りに行ったり、寝る前に洗濯物を取り込んだり・・
特に注意したいのが、浴室と脱衣所の温度差です。
通常、浴室は湯船に張ったお湯によって温まった状態ですよね。
しかし、脱衣所は暖めることなく湯上りの温まった体で出てくることになります。
高血圧の人は、入浴後に倒れる場合が意外に多いんですね。
ちなみに、欧米では浴室や脱衣所にも冷暖房設備が整っていて、寒暖差がないような工夫がされているそうです。
入浴前後だけでもヒーターを使って温めたり、浴槽のふたを開けて温度を一定にするなどの工夫が必要ですね。
冬場に外に出る場合は、少しの時間でもきちんとなにか羽織るようにしましょう。

 

タバコは絶対にNG


タバコを吸っている女性は最近増えてきましたが、健康のためには絶対にNGです。
血管の収縮によって血液の流れが悪くなり、高血圧の原因になります。
しかもタバコは脳卒中だけでなく、心臓疾患の原因にもなり得るのです。
百害あって一利なしとはまさにこのことですね。
今現在愛煙家である女性は、少しでも本数を減らせるように努力する必要があります。
最近は禁煙外来も一般的になってきているので、どうしても自力でやめられないという人は、受診してみるのもおすすめです。
「やめたい」という意思があれば、スムーズにやめられる人が多いみたいですよ!
タバコは自分だけでなく人の健康も害する場合があるので、吸わなくていいなら吸わない方が絶対にいいです。
この機会に禁煙にも挑戦してみてくださいね!

 

 

ストレスを溜めない


ストレスは高血圧の大敵で、ストレスを溜めると、緊張状態になってしまい、血圧が急上昇するのです。
高血圧の人が医師の前で血圧を測定すると、緊張で高い数値が出てしまうというのは有名なストレスによる高血圧の例で、「白衣高血圧」と呼ばれています。
「緊張する」というストレスが原因で、血圧が上がってしまうのです。
ストレスとは、緊張以外にもいろんな種類があって、寝不足やイライラなど人によって様々。
それらをうまく解消することがポイントになってきます。
おすすめは、運動したり趣味を見つけるなど、何か楽しめることを探すことです。
趣味があるかないかで、日々の充実感は格段に違うもの。
何か一つくらいは趣味といえるものを見つけたいですね。
運動は体重管理にもなりますので、運動不足の人は軽いスポーツから始めてみるのもいいでしょう。

 

睡眠はしっかりとる


日本人の睡眠時間が、世界の先進国の中で抜きんでて短いのはご存知ですか?
自分の睡眠時間を削ってでも世のため人のために働くということが美徳とされていた昔の考え方が、今も強く根付いているのかもしれません。
そのせいか、欧米に比べて肥満の人口は少ないのに、高血圧の患者も多いのが現実。
良質な睡眠をとっていないということが、どれだけの健康被害を及ぼしているか・・考えるとおそろしいですね。
睡眠時間を削ってせっせと仕事をするのは、確かに「ストイックな人」という印象を与え、評価されるかもしれません。
しかし、それが原因で病気になっていては元も子もないのです。
本当のデキる人間は、仕事は決められた時間に終わらせて、趣味も睡眠も十分な時間を確保します。
「睡眠時間を削ってまで仕事してる」とできる自分にうっとりしている人・・それは勘違いですよ。
睡眠時間は自分に必要な時間だけきちんととるようにしましょう。
健康管理も社会人の仕事の一つなのです。

 

今日のまとめ

高血圧で頭痛持ちのアラサーが改善すべき5つの生活習慣とは

いかがでしたか。高血圧は一度診断されてしまうと長期間付き合わなくてはいけない病気で、頭痛以外にも様々な症状をもたらします。
一見健康そうに見えても、辛い症状がたくさんでてきますので、避けなくてはいけない病気です。
生活習慣の改善によって予防できるのであれば、なおしていきたいところですよね。
頭痛持ちの女性は、自己判断で「片頭痛」だなんて思わず、一度病院できちんと検査を受けてください。
原因究明が改善の第一歩なのです。

・ 太りすぎには十分注意!
・ 寒暖差に注意する
・ タバコは絶対にNG
・ ストレスを溜めない
・ 睡眠はしっかりとる

 

あなたはツイてる(^_-)-☆