忘年会で二日酔いにならない方法!楽しいお酒の飲み方

忘年会で二日酔いにならない方法!楽しいお酒の飲み方
お酒を飲む機会が増える年末シーズン、職場で頭を抱えて黙り込んでいる二日酔いのサラリーマンが急増する時期でもあります。いくら年末だからといってそんな二日酔いになるようなマヌケな飲み方はしないよ!といっているあなたこそホントに大丈夫?

念の為に「二日酔いにならない方法」をお伝えしておきますね。いかにして肝臓が最大限アルコールを処理できるかを助けてあげる飲み方ができるかどうかですからね。この方法さえ実践しながら飲み会に参加すれば、次の日、「二日酔い」で頭がガンガンして仕事ができない、なんていうことがなくなるかもしれませんから、笑。

忘年会で二日酔いにならない方法!楽しいお酒の飲み方

 

二日酔いのメカニズムを理解して、まずは予防、水分補給!


二日酔いのメカニズムを理解して、まずは予防、水分補給!
そもそも、二日酔いになる原因をおさらいしてみましょう。

一般的には血液の中に含まれるアセトアルデヒドの影響が原因であると言われていますが、近年の研究によりアルコールの脱水作用やエネルギー不足、体液の酸性化や低血糖といった複合的な原因によって引き起こされるといわれているようです。

アルコールは体内でアセトアルデヒドに分解されますが、この処理能力の違いによって体内に残ってしまうことで頭痛の原因になってしまいます。

逆にお酒の強い人はアルコールの分解能力に長けているのでどれだけ飲んでも翌朝にはケロリとしているわけです。

もう少し話をすると、このアセトアルデヒド、中和するには酸素が必要になるので、血管が拡張される際に神経組織が刺激されるため頭痛になって現れるらしい。とはいえ、メカニズムがわかった所で出来れば頭痛になる前に予防しておきたい所。

二日酔いにならない方法として、てっとり早いのが「水分補給」を怠らないことなんです。アルコールを体内で分解する際に肝臓は大量の水分を必要としているので実は体内はカラカラに乾いてしまいます。

そこで、オススメしたい飲み方はアルコールの合間にソフトドリンクもしくはお冷やを挟むこと。

勿論トイレが近くなってしまうデメリットはあるけれど、体内のアルコールの濃度を下げれるのでトータルの飲める時間も伸び、忘年会も長時間楽しむことができ、次の日も頭痛なしで目覚めることができるかも。

二日酔いにならない方法のポイントは、いかに肝臓が最大限アルコールを処理できるかを助けてあげる飲み方ができるかどうかですね。

 

借りよう、自然の力。桃と柿が二日酔いを救う!?


借りよう、自然の力。桃と柿が二日酔いを救う!?
時には自然の力を借りることで、昔の人は二日酔いから身を守っていたのかもしれませんね。

例えば果物の柿に含まれるタンニンにはアルコールの吸収を抑える薬理作用とアセトアルデヒドとくっついて代謝を促進させる効果があると言われています。

他にも、桃も非常にアルコールと相性がよいと言われています。桃の中に含まれているナイアシン(ビタミンB3)はアセトアルデヒドの代謝には必要不可欠な成分で、水分も含まれているのでオススメです。

ちなみに、ナイアシンはアーモンドやピーナッツといったナッツ類にもたくさん含まれているらしいので、アルコールとナッツの相性も単純にオイシイだけでなく、実はとても合理的なおつまみだったようです。

その他、チーズを初めとする乳製品に含まれる成分はチーズの成分が胃をコーティングしてくれるのでアルコールの吸収や胃への負担を和らげてくれるので二日酔いを予防してくれるとか。

他にも、枝豆や鶏肉、豆腐といった居酒屋ではおなじみのメニューも実は二日酔いの予防にはもってこいの食材。ということは、お酒の席で出されるメニューの背景には、こういった効果を見越した上で選ばれていたんですね。

二日酔いにならない方法として先人たちが生み出した数々の知恵を馬鹿にしてはいけません。

 

 

できる女は準備が違う。ウコンは確かに強力な味方だった。


できる女は準備が違う。ウコンは確かに強力な味方だった。
深夜のCMや会社の上司等が某有名メーカーのウコンのドリンクを飲み会前後に飲んでいる姿、見かけたことありませんか?

今や社会人の強い味方として大ヒットを続けていますがウコンの成分、実際に二日酔いの予防に役に立つのか知ってますか?

実は、ウコンはアルコールを飲む前に摂取しておくのが一番ベストだと言われています。

それもそのはず、ウコンの中に含まれるクルクミンという成分は人間が持つアセトアルデヒドを分解する力をサポートしてくれるのです。

この処理能力は遺伝などで個人によって大きく異なりますが、このパワーアップをドリンクがサポートしてくれるので余りお酒が強くなく二日酔いに悩まされる人もウコンを飲んで翌朝の二日酔いを和らげてくれているようです。

ちなみに、薬ではないのでお酒を飲む前、飲んだ後どちらでも構いませんが二日酔いを防ぎたいのであれば、お酒を飲んだ後に飲む方をオススメします。


ウコンの力 顆粒 1.5g×30本

また、接待の席などで余り酔いたくない場合はお酒を飲む前に飲むといった使い分けをする猛者もいるようです・・・。

あなたの会社の忘年会のパターンに併せて、ウコンは使い分けて下さいね。

ウコンを飲むことが二日酔いにならない方法として一番優れているのかもしれません。

 

今日のまとめ

忘年会で二日酔いにならない方法!楽しいお酒の飲み方

以上、これからの忘年会シーズンを乗り切る為にの「二日酔いにならない飲み方」をお伝えしました。

二日酔いになってしまってからはシジミのお味噌汁や梅干しなんて方法もありますが、できれば二日酔いになってしまう前に予防しておきたいところですね。

ただし、今回の方法でたくさん飲めるなんて思わずに、あくまでも「酒は飲んでものまれるな」ということを肝に銘じてくださいね。楽しい飲み会は参加している皆さんで作るものなので、ハメを外しすぎず、今年一年の苦労をねぎらった会を心がけて下さいね。(文:cocoam)

・二日酔いのメカニズムを理解して、まずは予防、水分補給!
・借りよう、自然の力。桃と柿が二日酔いを救う!?
・できる女は準備が違う。ウコンは確かに強力な味方だった。