美容師直伝!女子力が3割増しになるドライヤーの使い方と選び方

美容師直伝!女子力が3割増しになるドライヤーの使い方と選び方
美容師さんに髪を乾かしてもらってヘアメイクしてもらうと綺麗に仕上がるのに、なぜか自分でやると上手くいかない。
どうして?何が違うの?ドライヤーの差かな?

そこで美容師に聞いてきました。女子力が3割増しになるドライヤーの使い方と選び方を。

ふーん、最近は風量が大切なのね。

美容師直伝!女子力が3割増しになるドライヤーの使い方と選び方

 

ドライヤーは何を基準に選んでいますか?


ドライヤーは何を基準に選んでいますか?
毎日、シャンプーしてから髪を乾かすとき、ドライヤーを使っていますよね?

一時期、髪が傷むからという理由で自然乾燥をするのが流行して私の周りでも自然乾燥で髪を乾かしている人が結構いました。
私も、周りの女の子たちと同じように自然乾燥したのですが、冬になってあまりの寒さに耐えられなくなりドライヤーを使うことを再開しました。

後々、そんな話を美容師さんにしたら、「濡れたままで放置しておくと雑菌が繁殖して、臭いの原因になることがあるからしない方がいいよ」と言われてしまいました。
さらに、濡れたままの状態で寝てしまうと、枕と髪が擦れて余計に髪が傷んでしまうんだとか・・・。早めにやめておいてよかった、とそのとき思いました。

そのときから、私はドライヤーについていろいろと調べるようになったのです。
ドライヤーの熱は確かに傷むことに変わりはありません。だからこそ、“なるべく傷まずに済む乾かし方”や、“髪に優しいドライヤー”を探すことにしました。

そこで、私は行きつけの美容院の美容師さんからいろんな情報を聞き出しました。
今回は、そんな私のオススメの「髪の乾かし方」と、「ドライヤー選び」についてご紹介します。

 

美容師さんに聞いた、基本の髪の乾かし方


美容師さんに聞いた、基本の髪の乾かし方
まず、髪をドライヤーで乾かした方がいい理由について美容師さんに伺いました。

髪を乾かすことのメリットは、

・髪を乾かすことで頭皮が温かくなり血行が良くなる
・素早く乾燥させることで雑菌の繁殖を抑える
・濡れている状態から乾くときに一番クセがつきやすいため、ブローしながら乾かすと次の日のセットが楽になる

ということです。

 

まず、頭皮のことですが、自然乾燥だと濡れて冷たい状態ですよね。この冷え切った頭皮のままだと血行が悪く、いい髪が生えにくくなってしまうんだそうです。
よく、育毛剤などで「血行促進」などと言っていませんか?指の腹で押して血行をよくしているのをCMなどでも見たことがあるのではないでしょうか?

自然乾燥だと、髪にいいイメージが確かにありますが、血行が悪くなると元気な髪が生えてこなくなりますので、今生えている髪にはよくてもこれからの髪にはよくないかもしれないということなんです。

先ほどもご紹介しましたが、濡れたまま放置しておくと雑菌が繁殖してしまいます。フケやかゆみなどの原因にもなりかねませんので、素早く乾かすことが大切です。
特に、髪が密集している頭皮は通気性も悪く乾くのも遅いので、雑菌がうようよと出てきてしまったら嫌ですよね。

最後に、濡れている状態から乾かすときにクセがつくということですが、どういうことかと言いますと、美容師さんがいつもブローしてくれるときのことをちょっと思い出してみてください。

ある程度、8割くらいはバーッとランダムに髪の毛を豪快に乾かしていきませんか?
しばらくそのまま乾かして、全体的に乾いてきたくらいのところでロールブラシなどを取り出してクセづけしているのを見たことがありませんか?

私は、ドライヤーを真剣に選ぶようになってから、美容師さんの一挙手一投足をチェックするようになり、ドライヤーのかけ方もよく見るようになりました。見ていると、クセづけは乾く寸前に行っていることに気付いたのです。

自然乾燥のまま寝てしまうと、クセが変な風についてしまってあとで直すのが大変になってしまいます。
そのためにも、ドライヤーをかけるというのは大事な作業なんですね。

 

正しいドライヤーのかけ方は?

① しっかりとタオルドライをする

ここがとても大事なポイントです。水気をきちんとふき取ってから乾かさないとダメージの一因になってしまいます。こすらないように優しくタオルで挟んだ髪の毛をポンポンと叩くような感じで水分をタオルへ移す感覚で丁寧に行いましょう。

 

② アウトバストリートメントをつけてコーミング

乾かす前に、ドライヤーの熱から髪を守ってくれるようなアウトバストリートメントを適量つけて、目の粗いくしでコーミングします。コーミングすることで髪全体にトリートメントがいきわたります。

 

③ 全体にバーッと乾かしていく

ランダムに色々な方向から風を当てて、バーッと全体を乾かしていきます。
手早く行うことが大切です。これには風量の多いドライヤーを使うのがオススメですよ。

 

④ 髪を引っ張りながら乾かすと艶が出る&クセも伸びる

よく美容師さんが前髪などを手ぐしでちょっとテンションをかけながら伸ばして乾かしているのを見たことがありませんか?サイドの髪なども手で上手に引っ張って乾かしているんです。
そうすると、艶が出て、根元のクセも伸び、綺麗にブローすることができます。

 

まさにプロの技ですが、髪を切りに行ったときに「教えてください」と言えば、親切な美容師さんなら教えてくれますよ。

 

ロングヘアーの人はどうしたらいいの?


ロングヘアーの人はどうしたらいいの?
ロングヘアーの人はとにかく髪を乾かすのが大変ですよね。ドライヤーの時間も長くなり、手が疲れてしまうという人も多いかもしれません。

ロングヘアーの人は、とにかくタオルドライが重要になってきます。
そこでオススメなのが、速乾タオル。マイクロファイバーでできたタオルなどが今色々なところで売っていますので、それを使って髪を拭き取ってみてください。
普通のタオルで乾かすよりも時間が短縮できますし、洗濯してもすぐ乾くのでオススメです。
私の友達は超ロングヘアーなのですが、マイクロファイバーのタオルを一回のお風呂で三本使って髪を拭き取っているそうです。今度マイクロファイバーのバスタオルが欲しいと言っていました。

ロングヘアーの人は、ドライヤーの前に必ず丁寧にタオルドライをしましょう。
そうすると、ドライヤーをかける時間が大幅に短縮され、髪の傷みも軽減されます。試してみてくださいね。

 

 

美容師さんに聞いた、オススメドライヤー


美容師さんに聞いた、オススメドライヤー
美容師さんにオススメのドライヤーを教えていただきました。ポイントは、

・風量が多いこと

・低温で乾かせるもの

私が調べた中でオススメは、「リュミエリーナのヘアビューザー」「ダイソンのヘアドライヤー」「ヒートケア60低温トリートメントドライヤー」

リュミエリーナのヘアビューザー
ヘアビューザーは有名な高級ドライヤーですね。サロンでも使っているところがありますが、とにかく使えば使うほど艶のある綺麗な髪になれると有名です。
私は実際美容院で使ってもらったことがあるのですが、艶感がすごかったです。
そのときはトリートメントもしていなかったのに、ドライヤーで乾かしただけでものすごく綺麗な艶髪になれたんです。
自分でもいつか買って使ってみたい憧れのドライヤーです。

ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル HBE2D-P

 

ダイソンのヘアドライヤー
ダイソンのヘアドライヤーも、美容に詳しい人の中では有名ですね。なんといってもすごいのは風量です。前髪にあててしばらく置いておくと前髪が立ち上がってしまうほどの強力な風!立ち上げ力は間違いなくナンバーワンではないでしょうか?
すぐに乾くから髪へのダメージも抑えられます。お値段は結構するのですが、それなりの効果がありますね。ふんわりとしたヘアスタイルにしたい人にはオススメのドライヤーです。

HD01 IIF Dyson Supersonic アイアン/サテンフューシャ

 

ヒートケア60低温トリートメントドライヤー
ヒートケア60低温トリートメントドライヤーは名前にもあるように60度という低温の風で髪を乾かす画期的なドライヤーです。髪を乾かすときの熱によるダメージを軽減できます。低温なのに乾かす時間が短くて済むのもうれしいポイントです。

 

くるくるドライヤーVS普通のドライヤー


くるくるドライヤーVS普通のドライヤー
くるくるドライヤーといって、ヘッドがついていて手に持ちながらブローが簡単にできるドライヤーと、美容師さんが使っているドライヤー、一般的にはこの二種類がありますね。
くるくるドライヤーは手軽にセットができますが、風量が弱いというところがデメリットです。個人的な感想ですが、くるくるドライヤーの方が普通のドライヤーに比べて壊れやすく買い替える頻度が多いような気もします。

一方、美容師さんが使っているような普通のドライヤーは風量が多かったり、持ちやすいというメリットがありますが、ブラシを使って自分でセットするのは器用な人くらいしかできないのではないでしょうか。

私は、二つのドライヤーを使い分けています。
普通のドライヤーでバーッと全体を乾かしたら、セットはくるくるドライヤーを使ってやります。
ちょっと面倒に感じられるかもしれませんが、くるくるドライヤーをメインに使って乾かさなくなった分、壊れる頻度少なくなりましたし、普通のドライヤーの多い風量でバーッと乾かせるので髪のダメージも抑えられるようになりました。

二刀流というのは、意外と使えますよ。

 

毎日使うものだから、いいものを選ぼう


毎日使うものだから、いいものを選ぼう
毎日使うドライヤーだから、どうせ高いものを買ったって仕方ない・・・と思って安いドライヤーを頻繁に買い替えていませんか?

私の経験から言って、やっぱりいいものを使った方がいいんです。早く乾かせるものなどは髪にもいいので綺麗な髪を保つことができます。
高いからいいというわけではなく、自分で使ってみる必要がありますが、美容師さんなど美容のプロに聞くのが一番です。

あとは、ネットで口コミを見たりして参考にするのもいいですね。

 

お気に入りのドライヤーでどんな前髪にしたらいい?髪型に興味があるなら、こちらの記事もおすすめですよ。
美容師に聞いた!職場でモテるオシャレな前髪の作り方

 

今日のまとめ

美容師直伝!女子力が3割増しになるドライヤーの使い方と選び方

いかがでしたか。ドライヤーってそれ程差はないんじゃない?と思う人もいるかもしれませんが、いいドライヤーを使ってみると違いに気付くはずです。

特にロングヘアーだと艶感が違ってきますので、一度いいドライヤーを買って使ってみてくださいね。

今は結構高級なドライヤーもたくさん出ているので、自分でいろいろ調べて納得のいくものを見つけてみてくださいね。

・ ドライヤーは何を基準に選んでいますか?
・ 美容師さんに聞いた、基本の髪の乾かし方
・ ロングヘアーの人はどうしたらいいの?
・ 美容師さんに聞いた、オススメドライヤー
・ くるくるドライヤーVS普通のドライヤー
・ 毎日使うものだから、いいものを選ぼう

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆