これって魚の目?30代女性の足トラブルを退治するフットケア7選

魚の目やタコ、靴ずれ、かかとの角質、水虫、外反母趾など・・・ これまでの人生の中で酷使した30代女性の足はトラブルだらけなのではないでしょうか? そこで、足裏に悩みを抱えているあなたのために、フットケアのやり方を7つご紹介します。
魚の目やタコ、靴ずれ、かかとの角質、水虫、外反母趾など・・・
これまでの人生の中で酷使した30代女性の足はトラブルだらけなのではないでしょうか?

そこで、足裏に悩みを抱えているあなたのために、フットケアのやり方を7つご紹介します。

これって魚の目?30代女性の足トラブルを退治するフットケア7選

 

足、どこまで綺麗にしていますか?


足、どこまで綺麗にしていますか?
そろそろ足を出すシーズンがやってきます。

サンダル、ミュール、オープントゥのパンプスを綺麗に履きたいですよね。そのためには、しっかりと足を綺麗にしておく必要があります。

でも、足って自分ではなかなか綺麗にケアできない部分でもありますよね。
足の裏って見えないし、かかともよくわからない・・・だからサロンでケアしてもらおうと思っちゃうんですけど、サロンに行くのは大変だし、お金もかかるし、できれば自分でケアしてみたいと思いませんか?

私の友達は、最近魚の目ができてしまったと嘆いていました。
タコだと思っていたら、魚の目だったらしいんです。
自分では見えないからわからないんですよね。

今日は、ミュールやサンダルの季節になって足を出す機会が増えても困らないように、足のトラブルのケア方法についてご紹介します。

 

魚の目を防ぐには?


魚の目を防ぐには?
私の友達がなってしまった魚の目、どんな病気かご存知でしょうか?

魚の目のようになって角質が固くなるもので、その固くなった部分が皮膚の内側に向かってくさび状に食い込んでしまうことで痛みを伴う疾患です。
ただ角質が固くなってタコのようになっているだけならいいのですが、魚の目になってしまうと芯ができ、それが皮膚に食い込んでしまって神経を圧迫し、痛みを感じるようになります。

魚の目、実は私も中学生の頃になったことがあるのですが、とにかく痛かったですね。

魚の目になるにはいろいろな原因があります。
合わないサイズの靴を履いていたり、ハイヒールなどの先端が細くなった靴を履き続けていたり、姿勢が悪くて体重のかかり方が偏っていたり、間接的にも冷え性などで新陳代謝が悪かったり、血行不良で古い角質が溜まりやすい体質の人などもなりやすいと言われています。

仕事柄同じ靴を長時間履かなければならないという人も多いと思いますが、今靴に入れるクッション材などもたくさん出ているので、そういうものを上手に活用してみるといいですね。

私は、魚の目にならないように仕事で使うパンプスはデパートの靴売り場でしっかり足を計ってもらって買うようにしています。
仕事で使う靴は消耗品だから安いものでOKという人も多いと思いますが、毎日履くものだからこそきちんとしたものを選んだ方がいいと私は考えています。
その方が、足の負担も減りますよ。

魚の目かな?と思ったら、市販の治療薬もありますが、病院に行くことをおすすめします。手術などで綺麗に取れますし、すぐに治るので楽ですよ。

 

靴擦れ、かかとの角質・・・見られていますよ


靴擦れ、かかとの角質・・・見られていますよ
靴擦れやかかとの角質、たいしたことないと放置している人はいませんか?

靴擦れは足に合わない靴を履いているとおこりますよね。自分の足にしっかりと合った靴を選ぶことで靴擦れしにくくなります。さらに、靴擦れを予防するクッション材もたくさん売られています。シリコン製のものは当たっても痛くないし、重宝しますよね。

靴擦れはとにかくかっこ悪いものです。ばんそうこうをべったべたと貼っている足を見ると、「大人なのに・・・」って思ってしまいませんか?

私は、社会人になったら靴擦れしないようにきちんと靴に靴擦れ防止のシートを貼ったり、ストッキングや靴下を履いて靴を履くようにしています。
ちょっとしたことですが、靴擦れはくせになるし、治りにくいので予防が肝心なんです。大人の女性ならそれくらいは身だしなみの一部と考えたいものですね。

かかとの角質も自分では見えない部分なので慎重にケアしたいですね。
足のマッサージは入念にやっても、かかとのケアまできちんとしている人って実は少ないんです。
電動の角質リムーバーのCMを最近目にするようになって、かかとのケアをしている人も多いみたいですが、まだまだ浸透していないですよね。
かかとのケアは角質をきちんと取ることからはじめないと意味がありません。
私は前にかかとにボディクリームをただ塗っていただけでケアを終わらせていたのですが、それだけだとかかとの粉吹きは綺麗にならないんです。

かかとは角質が固いので、しっかりと取り除いてからクリームを塗る方が柔らかいかかとになっておすすめです。
角質を取り除くときはやりすぎにも注意。綺麗にとらないと!とゴリゴリやってしまうと肌を痛めてしまうので、優しく削る感じで行いましょう。

角質を取ったら、必ず保湿をしっかりしてくださいね。

これで、柔らかいかかとになれますよ。

 

それって水虫かも?


それって水虫かも?
かかとの角質をとってケアをしているのに、うろこ状に皮がめくれたり、カサカサが治らないという場合、もしかしたらかかと水虫の可能性もあります。
こんな症状があったら、病院に相談してみてください。

・かかと以外にぷつぷつと皮めくれがある。
・足の裏や足の指に水虫がある
・家族に水虫の人がいる

かゆみがあったり、皮めくれがあったらもしかしたら水虫の可能性もあります。
家族に水虫の人がいて、同じバスマットを使っていたらうつってしまう可能性も高いです。
バスマットを変える、なるべく乾燥させる・・・などの工夫をしてください。
水虫の家族がいる場合は、きちんと病院で治してもらうように勧めてくださいね。

水虫だとわかったら、やっぱり恥ずかしくて病院に行きたくないという人も多いですよね。
でも病院に行けば、まず水虫かどうかがわかりますし、きちんと処置をすれば綺麗に治ります。
先生が女性の皮膚科を選べば、ちょっとは気が楽ですよね。
とにかくちょっとでも「水虫かな?」と思ったら病院に行ってみましょう。

 

 

外反母趾を防ぐには?


外反母趾を防ぐには?
親指が変形して外側に曲がってしまう病気、外反母趾。親指のつけ根が痛いと感じたら、ちょっと足を見てみてください。親指が曲がっていたら、外反母趾の可能性もあります。

どんな原因があるのかというと、

・長時間の立ち仕事をしている
・長時間ハイヒールを履いている
・家族に外反母趾の人がいる

女性はもともと関節が柔らかく、筋力も弱いので足が簡単に曲がりやすいと言われています。さらに、身内に外反母趾の人がいるという人も要注意ですね。
それより最大の原因は、先が細くなったハイヒールを長時間履いていることです。

外反母趾の怖いところは、症状が進行していくと、フラットな靴を履いたとしても悪化してしまうことがあるというところです。

女性として仕事での靴選びというのはとても大事だということがわかりますね。先ほども言いましたが、やっぱり自分の足にピッタリ合った靴を選ぶというのが一番です。ちょっと高くても靴にはお金をかけたほうがいいんですね。

なるべくならヒール靴を履かない方がいいでしょう。
フラットな靴も最近はオシャレなもの、ビジネスシーンでも使えそうなものもたくさん出ています。足を大切にするためにそういうものを選んでみましょう。

もし、仕事柄どうしてもハイヒールじゃないとダメという人は、なるべくヒールは低めで太めのものを選びましょう。
太めのものは安定しますので、負担が少しは減ります。
カジュアルな印象になってしまいますが、ウエッジソールのものもおすすめです。
仕事で使うものや長時間履く靴はインターネットや通販などで買うのではなく、必ず実際に履いてみてからにしましょう。
ウエッジソール
ちょっとでも痛いと感じたらその靴はあなたに合わないということです。かわいいデザインでも諦めたほうがいいですね。

 

痛い巻き爪を何とかしたい!


痛い巻き爪を何とかしたい!
痛くてつらい巻き爪、これも足のトラブルとして多いようです。

巻き爪もやっぱり圧迫する靴が原因のことがあります。さらには運動をしている人、遺伝的な爪の形状などが原因な人もいるようです。
私が聞いて驚いたのが、深爪が巻き爪の原因になるということ。
足の爪って切るのが面倒なので切るときにはしっかり短くしよう!という人も多いですよね。

でも、その深爪が巻き爪を招いてしまっているとしたら・・・ちょっと怖いですね。
なぜ深爪が巻き爪になりやすくなるのか?というと、深く爪を切ってしまうことによって肉や皮膚の部分が増えてしまうからだそうです。
親指の皮膚って固いですよね、だからその肉が爪を押し上げてしまい形を変えてしまうんだそうです。

巻き爪になってしまったら、病院で治してもらうしかありませんが、足に合った靴を履くこと、深爪をしないことなどで予防することができます。

 

魚の目、かかとの角質ケアして素足美人に!


魚の目、かかとの角質ケアして素足美人に!
足のケアって大変ですし手間もかかります。

気付かないうちに魚の目になっていた!なんて人もいるみたいだし、日々の点検が必要な場所ですね。

見えないだけに、その部分をしっかりケアしていると「細かいところまで綺麗にしている人」としてちょっと羨望の眼差しで見られちゃうかも?

特に、女性って結構見ているものだし、今年はちょっと気合入れて足のケアはじめてみるのもいいかもしれませんよ。

 

今日のまとめ

これって魚の目?30代女性の足トラブルを退治するフットケア7選

フットケア7選

いかがでしたか。私の友達は魚の目の治療をしてから、足のケアを徹底するようになったと言っていました。オシャレな人は見えない部分までしっかりケアしているんですよね。

私も友達の話を聞いてから、かかとのケア、足に合った靴を履くなど気を使うようになりました。あなたもぜひ、この夏素足美人になるために今から足のケアをはじめてみませんか?

・ 足、どこまで綺麗にしていますか?
・ 魚の目を防ぐには?
・ 靴擦れ、かかとの角質・・・見られていますよ
・ それって水虫かも?
・ 外反母趾を防ぐには?
・ 痛い巻き爪を何とかしたい!
・ 魚の目、かかとの角質ケアして素足美人に!