第一印象を良くしたい!出会って3秒で上司を魅了する会話術

第一印象を良くしたい!出会って3秒で上司を魅了する会話術
待ちに待った春がやってきましたね。人事異動や転勤などで職場が変わって、上司も環境も変わるアラサー女子も多いはず。上司との挨拶の場で女子力だけでなく、会話力もさり気なくアピールすることができたら「できる女だな」と第一印象も良く、誰からも一目置かれる存在になれるかもしれません。

でも、第一印象ってどうしたら良くなるの?そんなあなたのために、出会って3秒で上司を魅了する会話の仕方についてお伝えします。

第一印象を良くしたい!出会って3秒で上司を魅了する会話術

 

何を話すか迷うよりも、まずは見ためと態度をチェック


初めての職場。噂だけでしか知らない、初めての上司。ただでさえ緊張する新しい環境。会話選びも迷います。しかし、何を話すかに気を使うよりも、まず気をつけたいのが「見ため」と「態度」なんです。

「メラビアンの法則」って聞いたことありますか?

これは人が初対面の人物と会った時、相手の何に影響を受けているか、要は無意識に何を気にしているかということに関しての法則です。

それによると、姿形、姿勢や服装などの目で見て分かる情報を注視する割合が55%。続いて、発声や口調、話のテンポなど耳に入ってくる情報が38%。

みなさん、気にしがちな話の内容など、言葉による情報はなんと7%の影響です。

「見ため」と「態度」で実に93%、その人の第一印象を判断し、それがよければ「もう少し話をしてみたい」という心理につながります。しかも恐ろしいことに、この法則に従って第一印象を判断するのはたった3秒だと言われています。

なので、まずはとびっきりの笑顔とさわやかな態度があってこそ、印象に残る会話が始まると心得てください。

 

できる女子なら上司の名前は当然チェック


人は、自分の名前を呼ばれた回数が多ければ多いほど、呼んでくれた相手に親しみを感じるようになります。

「課長、おはようございます」という文章と「山田課長、おはようございます」という文章。

同じ挨拶のことがですが、実際に口に出して言ってみてください。全然、印象が違うことがお分かりいただけると思います。

役職だけでなく、名前を入れて呼びかけてみましょう。

これだけで、好感度アップ間違いなしです!

 

 

相手があなたを3秒で判断するなら、あなたも相手を3秒で「良く」判断してみる


高い女子力をアピールする挨拶で第一印象を作ったところで、ここからが本当の腕の見せどころです。
会話を始めましょう。
でも、いきなり何を話せばいいのか・・・迷うところです。

そんな時は、相手があなたの印象をすばやく決めたように、あなたも相手の「良いところ」「素敵なところ」を瞬時に見つけて、ほめるのです。

「山田課長、ネクタイ、春らしくって、素敵ですよね」

「初めてこんなに身近でお話させて頂きましたが、とてもよく通る素敵な声なんですね」などなど。

この時、気をつけたいのが「あなたが本当に素敵だと思ったこと」を伝えることです。取ってつけたほめ言葉は、お世辞であり、かえって相手を不愉快にしてしまいます。

逆に本当に素敵だと思ったことであれば、いやみもいやらしさもなく相手に伝わります。

これが、やろうと思ってもなかなかすぐにはできないんですよ。残念ながら、我々日本人は人をほめるということがとっても苦手!

だから、今日から訓練です。

例えば、電車の中で目の前にいる人の素敵なところを5個、見つけてみましょう。カフェで斜め前に座った人、交差点の向かい側で信号を待つ人・・・ほめ力アップはどんな所でもトレーニングできます!
ほめ力が、その後の会話を発展させるカギになります!

 

ほめて尋ねてまたほめる


会話が上手な人って、何が上手なんでしょうか?

会話上手な人は「私を分かって!」というアピールが上手なのではなく、「あなたを知りたい!」というアピールが上手なんです。
だから、会話が上手な人ほど相手に話をさせる割合が高いです。
相手に話をさせるにはどうしたらいいか?
尋ねれば、答えてくれます!
ほめにより会話の突破口は、できています。

「ネクタイ、いつもご自分で選ばれるんですか?」

「いや、カミさんに任せっきりで・・・」

「センスのいい奥様なんですね!(ほめ)もうご結婚されて何年くらいなんですか?(尋ねる)」

「かれこれもう・・・20年くらいかな?」

「20年!でも、山田課長みたいにしっかりした方なら、奥様も安心してついてこれましたよね。ちなみに、恋愛結婚だったんですか?」

相手の答えをしっかり受けて、そこをほめる。そしてまた尋ねても、相手は、ほめられつつ気持ちよく話しているので、あつかましさは感じないはずです。

だから、どんどん会話がはずみ、相手はあなたにぐっと好印象を抱くのです。

この時に相手の顔、表情をよく見てくださいね。笑顔であれば問題なく会話が進んでいます。

でも、日本のおじさま方の中には「ヘラヘラ笑って女性社員と話すなんて・・・」という古い固定観念に縛られている気の毒なタイプの方もいます。

そんな方はあまり笑顔を見せないでしょう。そこに重ねて、ほめと質問を繰り返すのはあなたも苦しいでしょうから、最初の一問、二問の質問で相手の顔をよく見て、会話を終える「頃合い」を判断しましょう。

でも、大丈夫!

どんな人も、ほめられて悪い気になる人はいません。

会話がさほど弾まなくても、会話を主導できるあなたの知性とさわやかな態度は必ず好印象として相手の心に刻まれます。
これができていると、新しい環境での仕事もぐんと進めやすくなります。

ちなみに、これは上司だけでなく先輩、同僚、どんな相手にも共通で使える会話術です。(会社から離れて、合コンの場でも効果大です!)

 

今日のまとめ

第一印象を良くしたい!出会って3秒で上司を魅了する会話術

新しい季節。あなたも洗練された大人の会話術を身につけて、さらにステップアップしていきましょう!・ 何を話すか迷うよりも、まずは見ためと態度をチェック

・ 何を話すか迷うよりも、まずは見ためと態度をチェック
・ できる女子なら上司の名前は当然チェック
・ 相手があなたを3秒で判断するなら、あなたも相手を3秒で「良く」判断してみる
・ ほめて尋ねてまたほめる

 

あなたはツイてる(^_-)-☆