既婚女性がFacebookや職場で旧姓を名乗るホントの理由

既婚女性がFacebookや職場で旧姓を名乗るホントの理由
結婚しても仕事を続けるのがふつうになった今、職場やFacebookで旧姓を使うのはなぜ?

他の部署や取引先へのアナウンスなどがわずらわしいから?

職場で必要な書類上だけ新しい姓に変えて、ふだんは旧姓のまま。そんなスタイルを望む既婚女性が増えています。旧姓を使い続けるホントの理由を探ってみました。

既婚女性がFacebookや職場で旧姓を名乗るホントの理由

 

プライバシーを守りたい


プライバシーを守りたい
結婚して名前が変わるときの苦労は、パスポートや通帳などの変更手続きだけではありません。病院や銀行で「○○さん(新しい姓)」とよばれても、すぐ反応できなかったことはありませんか。雑踏でふと耳にした旧姓に思わず反応してしまったり、書類の記入欄を間違えたり、恥ずかしい思いや失敗を繰り返して新しい姓になじんでいくのです。

オウチーノ総研が2013年9月、男女既婚者1104名に「既婚女性の『新姓・旧姓の使用』に関するアンケート調査」を実施。調査によると職場で旧姓を使っている女性は全体の14.7%。20代では24.4%、30代は19%、40代は10.3%という結果でした。

仕事で旧姓を使い続ける理由として最も多かったのは、「呼ばれなれている旧姓の方が都合よい」ことでした。姓が変わったことを社外の人に伝えることが「わずらわしい」と思う人が多いようです。

会う人ごとに「実は結婚して姓が変わりまして」と伝えるのも恥ずかしいし、メールで知らせるのもおかしい。男性は結婚したことを知らせなくても支障がないのだから、別にアナウンスする必要性はないはず、と思うのはもっともなこと。

今の時代、離婚率も高くなっています。離婚によって旧姓に戻り、また新たな縁を結び、再婚して新しい姓になる人も少なくありません。そんな自分のプライバシーを必要以上に告げたくないし、知られたくないという本音もあるようです。

仕事上のつきあいは旧姓で、プライベートなときは新しい姓というように、公私で使い分けることで気持ちが切り替えられていいという人もいるようです。

 

昔の友人とつながりやすい


昔の友人とつながりやすい
同じくオウチーノ総研の調査によると、Facebookでの登録名は、20代が旧姓22.6%、両方併記している19.4%、合わせると42%が旧姓使用という結果でした。

20代は結婚する前からFacebookを利用していることが多く、旧姓のままにしていることが考えられますが、30代でも27.5%、40代でも26.2%が旧姓または両方併記しているということです。

旧姓を使いたい理由としては、「学生時代や地元の友人とつながりやすいから」とする人が多いようです。

新しい姓で登録した場合、母校やサークルなどのグループに友達申請しても、自分から「旧姓○○の××です」と告知したり、「もしかして○○さん?」と聞かれない限り、なかなかわかってもらえません。

「なつかしい友人とすぐうちとけたい」という願望が旧姓での登録に結びついているようです。

 

 

慣れ親しんだ名前を失いたくない


慣れ親しんだ名前を失いたくない
好きな人の姓に変わることで幸せを実感する。新しい自分に生まれ変わるようでうれしい。喜びあふれる人がいる一方で、子どものころからあたりまえのように使い、呼ばれていた名前が変わる、新しい姓になることに、すんなりなじめない人もいます。

さびしい。自分のアイデンティティまでなくなってしまうようで不安な気持ちになる。籍は入れたけれど、気持ちとしては夫婦平等、事実婚感覚である。

複雑な思いが、仕事上やFacebookなどのSNSで旧姓を使うことによって落ち着くということもあるでしょう。旧姓を使っている女性のなかには、夫が「なぜ新しい姓を使わないんだ」と不機嫌になり、困っているケースもあるようです。

姓が変わることへの違和感やデリケートな心理を理解しにくいかもしれません。

夫婦別姓が実現するのかしないのか、結論はまだまだ先になりそうです。大事にしたいパートナーだからこそ、支障がない場面では、旧姓を使う自由を認め合いたいものです。

 

デメリットを感じてしまった


デメリットを感じてしまった
単純に「しっくりこないから、旧姓のままがいい」という理由もあるでしょう。新しい姓になると……名前とのバランスが悪い。職場に同じ姓の同僚が複数人いるので困る。旧姓は特徴があって覚えられやすかったが、よくある姓になってしまう。

逆に珍しい姓になるのがイヤ、注目されたくない。発音しづらい。姓名判断をしたら運気が下がってしまう結果になってしまった。夫には素直に話せないような、本人にしかわからないデメリットを感じてしまうと、なかなか旧姓を変更する気持ちにはならないようです。

自分の名前は、親が姓とのバランスを一生懸命考えながら名前をつけてくれたはずです。ほとんどの人が結婚することで相手の姓に自動的に変わるわけですから、ミスマッチも珍しくないでしょう。グッとガマンして「新しい姓になじむ努力」をしている女性はどれだけいるのでしょうか。

 

今日のまとめ

既婚女性がFacebookや職場で旧姓を名乗るホントの理由

いかがでしたか。旧姓を使う理由は人それぞれ。

姓を含めて自分の名前であり、生きかたが反映されています。

共通しているのは名前にこだわりがあり、自分を大事にしたいということ。あなたはどちらを選びますか。(文:yoshi)

1.プライバシーを守りたい
2.昔の友人とつながりやすい
3.慣れ親しんだ名前を失いたくない
4.デメリットを感じてしまった